里山日記

NPO法人「里山を守る会」における活動の内容。
その日にあった様々な出会いと、感じたことをつづりたい。

第5期わんぱく自然塾募集~終了

2017-04-18 05:22:50 | Weblog

第5期わんぱく自然塾の募集を4/10にスタートした。

スタッフの一員である森さんと二人で午前9時に自宅を出発し、まず下館地区の小学校を皮切りに、途中昼食を挟み、市内20校、すべての小学校を訪問した。地元東小、西小の訪問を終え、午後4時に帰宅した。改めて筑西市は広いとなと感じた。5回目となるため、どの学校も当会のこと、五郎助山という名前を憶えていてくれた。校長室に招いていただき、地元西小の自然体験学習のことなどが話題に上がり、つい長居をしてしまった場面もあった。

西小から市内の小学校に赴任した先生が暖かく出迎えてくれたり、初回の訪問のころとは確実に対応が積極的になったと感じている。

毎年度校長が変わったりするので、足を使ったPRがとても重要だと改めて感じている。(ちょっと大変だが・・・・)

翌日(11日)から私のFAXとパソコンにぞくぞくと申し込みの通知が届き始めた。締め切りは4/30日ではあるが定員30名になったらその時点で締め切りとなるため、出足がいい。11日には13名が、12日は10名、13日、12名の応募があった。最後の1名の時、ほぼ同時に3名の方の応募があり、3名全員を受け入れた。 その後も応募が続いたが事情を説明し、大変心苦しかったがお断りをした。

募集開始三日で定員に達したのは今回が初めてである。昨年初めて定員オーバーとなり、手ごたえを感じていたが、今回はそれを上回る速さである。 

しかも過去最多、13校からの申し込みとなった。 中でも下館小からの申し込みが10名あり、地元西小の8名を上回る応募であった。昨年参加した塾生がいろいろと自分の体験をもとにPRしてくれたとの情報もあり、口コミの力も大いに関係しているようだ。

32名の応募者のうち、19名が初参加であり、うち9名はたった一人で学校の代表として参加してくれることになる。その勇気と自然塾への思いを深く受け止め、スタッフ一同その期待を裏切らないよう、心を合わせ、塾生に向き合わなければと感じている。

今回、残念ながら定員オーバーになったため、参加できなかったお子さんを思うと、とても胸が痛い。

第5期わんぱく自然塾に応募していただいた皆様、本当にありがとうございました。

平成28年度 4月入塾式の様子

              

         

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご無沙汰しました。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL