里山日記

NPO法人「里山を守る会」における活動の内容。
その日にあった様々な出会いと、感じたことをつづりたい。

トンボ池釣り場の改修

2017-06-28 10:50:05 | Weblog

6月7日(水) トンボ池に設置した釣り場の改修を行った。 釣り好きの子供や大人にとって、絶好の場所だったが、木造で設置後12年の歳月が経ち、朽ちた個所が目立つようになった。コンパネを張り、応急の手当をして急場をしのいでいたが、杭とともにすべてを新しく取り換えることになった。

醤油樽の屋根の改修を終えたばかりであるが、ここにきて出費がかさむことになった。 理事会においても安全を優先に考えると仕方がないとの結論に至った。

水中に打ち込む長さ3メートの松杭、防腐剤を注入した4寸の角材、表面に張る厚さ4センチの板など、これから14年、15年に耐える材料をそろえた。 幸い会員に腕の良い大工さんもおり、この日は私を含め4人の会員と、杭を抜く重機(バックホー)そしてオペレーターを手配し、午前9時より作業にかかった。

まず、傷んだ桟橋の撤去から始めた。バックホーの力は偉大で、3m×4mのかなり頑丈で重たい桟橋を簡単に釣り上げた。

 

その後10年以上水中に没していた直径25センチ、長さ3メートルの杭を抜く作業に入った。 さすがに一気に抜けず、左右、前後に杭の頭を揺らしワイヤーをーひっかけようやく抜くことが出来た。

 

次に、直径30センチ、長さ3メートルの頑丈な真新しい松杭を今までの位置からずらして水中に打ち込む作業に入る。位置がずれないように二人が池に入り、太い丸太を支えた。 バックホーの先端で杭を押し込むが1、5mを過ぎると杭は容易に入らず、エンジンをふかし、杭の頭を揺らしながら地中に押し込み、水面より30センチの高さに固定した。 陸地の部分は土を盛り、タコで入念に土を固め、その上に熱さ30センチの大谷石を基礎石にした。これで震度7の地震にもびくともしないはずである。

この上に乗る頑丈な角材と板の加工はほぼ出来上がり、防腐剤も塗布も終了した。

この日はここまでとし、6/10日の定例作業日に最後の仕上げと設置をする予定である。

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

[都市農村交流事業]の中止

2017-06-08 04:46:12 | Weblog

6月3日(土)に予定されていた都市農村交流事業(筑西市・台東区)が中止となった。 過去2年(4回)筑西市農政課と台東区立蔵前小学校のPTAが主体となり、親子で本市に訪れ、農産物の収穫体験、そして地元小学校の児童と里山での自然体験を通じ、交流を温めた。

とても好評で、本年もその継続が決まり、本番に向け、準備が進められていた。

しかし、本年から2年間続いた蔵前小から他の小学校へその対象が変わり、PTAを通じ、募集を開始したが、思うように集まらず、残念だが開催を見送るとの連絡が筑西市農政課に届いたという。 当会は里山での自然体験について委託を受け、企画・実行団体として市に協力をしている。

催行5日前に、世話人の台東区PTA連合会長より連絡が入ったという。筑西市の窓口である経済部部長以下、担当職員がこの事業に協力する関城西小学校、東小学校、そして当会にもお詫びかたがた報告に来られた。

相手があることなので、しかたのないことである。担当者にねぎらいの言葉をおかけした。

これまでは筑西市の農産物を台東区に届け、ほんの一部の交流であったが、2年前からその幅を広げる手段として初めて地元に台東区の市民を招き、農産物の収穫体験と自然体験を企画し、結果的に都会の子供たちと地方の子供たちの良い交流の場となったのだが、そのスタート時やはり参加者を集めるのに苦労があったという。

PTA役員の家族を優先に参加を促し、やっとバス1台を集め、初めて筑西市に来訪。しかし、地元関係者の歓待と想像以上の内容に感激し、2回目以降は何とバス2台分以上の応募が殺到し、人数制限も出たという。(事実3回目目の時はバス3台分の要請があったが、丁重にお断りをした。)

今回、新たなPTA、小学校の児童が対象となったため、同じような現象が起きたように感じている。

いずれにしても、秋の交流事業も計画されているので、双方の担当者のご健闘を祈るのみである。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

これからの里山を守る会

2017-05-14 03:15:46 | Weblog

平成29年度の第14回通常総会を5/21日河内公民館で開催する。                                     NPO法人となってからの回数であるが、発足から数えると今年で設立満18年となる。

いつもこの時期になると、長いようで短くもあり、感慨に浸ることが多くなった。 設立から今日までこの活動に向き合い、生業よりも熱心にやってきた気がする。気が付けば還暦を過ぎ、高齢者といわれる年齢になったが、改めて里山の環境のすばらしさに魅せられ、自然の中で見せる子供たちの笑顔と、それを見守るお母さんたちの笑顔に励まされながら今日までたどり着いた気がする。

私より年上の会員がほとんどなので、正直、この体制がいつまで継続できるかとても不安で、私たちに続く若い後継者を発掘、育成しなければとの思いが四六時中、頭から離れない。一朝一夕にできることでもなく、焦っても仕方がないと自分に言い聞かせているが、心の中は平穏ではない。 幸い昨年、今年と役所や、会社を定年で退職された「若い」会員が5名加入していただいたが、まだまだ足りない。

この活動に共感し、参加したい若者はいると確信しているが、その生活を保障できる財力にはなっていない。ほとんど会員はボランティアに近い待遇で18年頑張ってきた。やっと交通費ぐらいを支払える様になったが、助成金頼みの構造に大きな変化はない。

やはり、自己資金の拡充を図り、意欲ある若者、そして意欲ある退職者を雇用できる体制を作らなければ、この事業、及び活動は縮小せざるを得なくなるだろう。

「NPO法人はボランティア団体ではないよ! れっきとした企業です。会員に応分の報酬を払えるようなNPOを目指しなさい!」NPO法人自然学校キープ協会の川島さんから言われた言葉がいつも頭の隅にある。

商品としての各種イベント、参加者の満足度を上げ、リピーターを増やし、利益を生む自然体験の開発が必要なのだ。

ボランティアNPO法人から、「利益を生み、労働報酬が支払えるNPO法人」に脱皮して行かねばならない。

環境を保全し、子供たちの健全な心身を育むこの活動に誇りと自信を持ち、胸を張って進み、堂々と報酬を得られるようにしなくては今後の継続と発展は望めない。

具体的には自己資金拡充のため、企業との連携を深め、当会の活動に共鳴していただき、賛助会員加入を促したい。また、クラウドファンディングへの応募なども挑戦したい。

イベント参加者の満足度を高め、リピーターとなるような企画力、専門的な知識習得のため、各種講習会への会員の派遣も重要である。

つまるところNPO法人であっても、常に新しい商品を開発し、自己研鑽を積み、顧客を満足させ、会員を満足させ、社会に貢献する法人であれば必ず継続発展できるということではないだろうか。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

還暦祝い。

2017-04-28 02:31:35 | Weblog

妻が還暦を迎えた。 

子供たちが昨夜、中華料理店で妻にはサプライズの還暦祝いを開いてくれた。 福岡にいる次女の里帰りに合わせ、周到におぜん立てをしていた。孫たちも あーちゃん(妻への呼び名)にプレゼントを用意していた。

私も、これまでの感謝を込めて、ささやかだがプレゼントを用意した。 思いがけない展開に妻も戸惑いと、うれしさで、終始にこやかだった。 縁があり、私と一緒になって37年。 3人の子育てと、孫の世話、そして舅、姑によく仕え、よく頑張ったと感謝している。 

生業のほかに里山を守る会というボランティアの仕事で、頻繁に家を空ける私をカバーし、黙々と作業をこなす姿に感謝と申し訳なさを感じている。

後継者が育つまで、もう少し、私のわがままを許してもらいたい。お互い健康で、できれば世界一周をしてみたい。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

第5期わんぱく自然塾募集~終了

2017-04-18 05:22:50 | Weblog

第5期わんぱく自然塾の募集を4/10にスタートした。

スタッフの一員である森さんと二人で午前9時に自宅を出発し、まず下館地区の小学校を皮切りに、途中昼食を挟み、市内20校、すべての小学校を訪問した。地元東小、西小の訪問を終え、午後4時に帰宅した。改めて筑西市は広いとなと感じた。5回目となるため、どの学校も当会のこと、五郎助山という名前を憶えていてくれた。校長室に招いていただき、地元西小の自然体験学習のことなどが話題に上がり、つい長居をしてしまった場面もあった。

西小から市内の小学校に赴任した先生が暖かく出迎えてくれたり、初回の訪問のころとは確実に対応が積極的になったと感じている。

毎年度校長が変わったりするので、足を使ったPRがとても重要だと改めて感じている。(ちょっと大変だが・・・・)

翌日(11日)から私のFAXとパソコンにぞくぞくと申し込みの通知が届き始めた。締め切りは4/30日ではあるが定員30名になったらその時点で締め切りとなるため、出足がいい。11日には13名が、12日は10名、13日、12名の応募があった。最後の1名の時、ほぼ同時に3名の方の応募があり、3名全員を受け入れた。 その後も応募が続いたが事情を説明し、大変心苦しかったがお断りをした。

募集開始三日で定員に達したのは今回が初めてである。昨年初めて定員オーバーとなり、手ごたえを感じていたが、今回はそれを上回る速さである。 

しかも過去最多、13校からの申し込みとなった。 中でも下館小からの申し込みが10名あり、地元西小の8名を上回る応募であった。昨年参加した塾生がいろいろと自分の体験をもとにPRしてくれたとの情報もあり、口コミの力も大いに関係しているようだ。

32名の応募者のうち、19名が初参加であり、うち9名はたった一人で学校の代表として参加してくれることになる。その勇気と自然塾への思いを深く受け止め、スタッフ一同その期待を裏切らないよう、心を合わせ、塾生に向き合わなければと感じている。

今回、残念ながら定員オーバーになったため、参加できなかったお子さんを思うと、とても胸が痛い。

第5期わんぱく自然塾に応募していただいた皆様、本当にありがとうございました。

平成28年度 4月入塾式の様子

              

         

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰しました。

2017-04-07 05:30:14 | Weblog

いろいろ 悩みが重なり、更新が出来ませんでした。

たる屋根工事完成の報告です。 平成12年に同級生の大工さんと厚さ5センチの杉板を市場から買い求め、樽の屋根材として工事をお願いしました。自然に溶け込み、良い風合いを出していたのですが、さすがに17年の風雪に耐えきれず、その役目を終えました。

 

今度はトタン葺きとなりましたが、会員だけで葺き替えをしました。延5日間(半日二日)で17人手間をかけ完成しました。茶色のトタンを選び、景観を損ねないよう配慮したつもりです。長年の懸案事項でしたが、これであと20年は持つと思います。

 トタン張り

 設置

 う~ん 重い

  完成

 

トンボ池の釣り場の改修、運搬機器の屋根の造作も予定しており、出費がかさみます。 設備の維持とともに後継者の育成も進めてゆかなければなりません。

保全している里山から目と鼻の先の山林約2ヘクタール(下妻市)がソーラー発電用地として伐採され、景観がすっかり変わってしまいました。。

 伐採された雑木林

五郎助山は幸いにも地権者の協力を得てソーラー発電業者の勧誘も断り、里山の原風景をとどめています

この環境を維持して行きたいと願っています。そのためには心ある人材が必要です。 心が穏やかになる森を保存し、子供たちや地域の人々が安らげる場所を残して行きましょう。 一緒に活動してくれる方を求めています。(性別、年齢は問いません)

https://youtu.be/Pk77cUGhyBQ      (ユーチューブ 五郎助山)

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

落ち込んでいます。

2017-04-03 04:04:56 | Weblog

私事だが、先日(3/28)義兄が急死した。68歳であった。

20日(彼岸の中日)に千葉からいつものように姉と、お彼岸の墓参りに来てくれた。まず義兄の実家で午前中を過ごし、午後、我が家で夕食といういつものパターンで、いつもと変わらず、帰宅した。23日から25日まで、姉と北陸に2泊3日の旅行に行き、大いに飲み、食べたという。 

26日、仲の良い友達にお土産を配り、ちょっと風邪気味ということで家で休養することになり、翌日も会社(自営)を休み、28日にかかりつけの医者に診ていただくと、腎臓の機能が著しく低下し、すぐに総合病院に行くよう指示されたという。救急車で到着し、専門医に診ていただいたが、診療中に、体調が激変し、ICUに運ばれ治療を受けたが、その日の午後9時ごろに亡くなった。

危篤の知らせを受け、結城にいる妹と二人で車を飛ばし、駆けつけたが、間に合わなかった。 悲しみの淵にたたずむことも許されず、あわただしさの中で葬儀の準備に追われ、3/31日通夜式、4/1告別式となった。 二人の子供も独立し、3人の孫を見たが、早すぎる別れであった。子煩悩な兄は私の孫にも好かれ、当日は家族全員で兄を弔った。

葬儀が終わり、一人になった姉を気遣い、妹はその晩、姉の家に残った。 思えば先祖の墓参りをし、姉と最後の旅行をし、仲の良い友達にお土産を配り、死を予見するかのような日々の流れに不思議な運命を感じた。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西小5,6年生来訪

2017-03-06 06:38:51 | Weblog

2月28日(火) 西小5,6年生 約100名が今年度最後の里山授業に来た。 6年生にとっては小学校最後の授業である。動力薪割り機、手斧による薪割り、チッパー、ノコギリによる枝切りの4種に分かれ、それぞれ体験をした。児童も4班に再編成し、約20分間隔で4種の作業をすべて体験する。

 

 

9:30分予定より10分遅れで到着。 6年生の身長はこの一年で驚くほど伸びていた。型通りの挨拶と、今日の日程を発表し、早速それぞれの作業担当に誘導され、持ち場に着いた。

私は、昨年同様、チッパーを担当した。まず、会員がエンジンのかけ方を説明し、フル回転したチッパーに枝を投入。粉々になったチップが排出口から吐き出される。

 

一連の作業を今度は子供たちが体験する。こわごわ枝を投入していたが、慣れるに従い、大胆になってくる。約20分、順番に3回ほど体験したころ、次の班がやってきた。交代である。次は薪割りが待っている。

休憩を挟み、約1時間半、4種の作業をすべて体験する。その後は約15分自由時間となった。小学生最後の里山授業ということで、思い思いの遊具に飛びついてその時間を満喫した。「ピー」という先生の笛が鳴った。全員集合。

 

冒険広場に5,6年が整列し、感謝の会に移る。代表者が6年間の里山授業の感想を述べ、当会へ感謝状が贈られた。 「ふるさと」を全員で合唱し、6年間の思い出を回想した。

毎年、この時期、里山からの卒業行事のような授業になったが、中学生になっても自主的にこの場所に来ていただきたいと願っている。

6年間の体験は子供たちの心にどのように残り、どのように作用するのか、いつも思うことであるが、漠然としている。 しかし、この体験が無いよりはあったほうが良いと思うのである。 それだけは確信している。

6年間、おじさん、おばさんたちに付き合ってくれてありがとう。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

わんぱく自然塾卒塾式

2017-02-21 05:25:14 | Weblog

去る2月12日(日) 第4期わんぱく自然塾の卒塾式を行った。市内小学校11校、31名の4年生から6年生までの男女が卒塾した。

4年前に「年間を通じた自然体験」イベントとしてスタートしたが、当初は地元関城西小の児童が大半であった。定員は30名であったが、定員に達せず、20名台でスタートした。担当者と二人で市内20校の小学校を回り、この塾の趣旨と内容を説明しながら、勧誘に歩いた。回を重ねるほどに学校側の応対も前向きになり、参加校そして希望者も増えていった。今期は初めて定員を上回り、参加校も11校に増えた。特に一人でも参加したいという児童も5人おり、その熱意と期待に応えなけばとスタッフも緊張した。

卒塾式は朝から快晴で、ピリッとした寒気も気持ちいい。 暖をとるためドラム缶に火をおこし、塾生を待った。

宮本さんの進行で、最後の開会セレモニーを始める。4期目の最後のイベントは、記念植樹とシイタケの植菌体験である。 名物の「里山カレー」の準備も並行して進められている。

リアカー、スコップ、バケツ、縄などを準備し、コナラ、クヌギ、イロハモミジ、山桜などが育成されている育苗畑に全員で出発した。リアカーを引くもの、それに乗るもの。ワイワイと騒ぎながらたった二分間で到着。

樹齢4年目(樹高3メートル以上)のイロハモミジ(二本)を選び、スコップで根を切り、土を落とさぬよう根巻きし、育苗畑からリアカーに乗せ、大切に運び、トンボ池のほとりに定植した。倒れないように添え木用の杭を打ち込み、水をたっぷり注入し、移植を終えた。参加者全員の名を1年間の思い出とともに記念版(焼き板)に刻んだ。

将来、大きく成長し、釣りを楽しむ子供たちや来訪者の日陰となるように・・・・・。

休憩後、コナラの原木にシイタケ菌を植え付ける作業に移る。シートの上に並べられた原木にドリルで穴をあけ、トンカチで、菌を植え付ける作業である。 初めて手にする電動ドリルにちょっとビビったようだが、使い方を説明し、模範演技を行った。はじめは、及び腰で慎重にゆっくり穴をあけていたが、慣れるに従い、面白くなったようだ。その動作は徐々に改善され、堂に入ったものになった。一本のコナラノに20~30の穴をあけ、そこにシイタケ菌が詰まったコマをトンカチで軽くたたきながら押し込んで行く。

この作業はなかなか気に入ったようで、トンカチの取り合いになった。10本の原木に植菌し、シイタケ栽培のエリアに運んだ。2年後には塾生が植菌したシイタケが食べられるだろう。

お昼までちょっと時間がとれたので各班に分かれ、最後のネイチャーゲームを行った。一人一人が思いつく里山の風景を短冊に書き、それを組み合わせ、発表した。どの班も味のあるポエム(詩)となり、一年間の思い出を凝縮した作品となった。

今日のために、特別に日向野さんたちにお願いした里山カレーが出来上がり、いよいよお別れ昼食会が始まった。いつものようにお替りも多く、瞬く間に鍋の底が見えてきた。

お腹もいっぱいになり、いよいよ卒塾証書の授与である。一人一人にその証を授与しながら、一年間の思い出を重ね合わせた。参加してくれて本当にありがとう。

この体験が子供たちの心にどう反映するか、正直わからない。しかし、少年、少女期の思い出の一コマになることは間違いないことで、大人になって思い出し、自分で植えた記念樹を見に来たり、子供を連れて遊びに来てくれたらとてもうれしい。

そのためにもこの場所は永久に残したいものである。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ツリークライミング

2017-02-08 04:06:49 | Weblog

 

2/4(土)わんぱく自然塾の塾生(希望者)12名を対象にツリークライミングを行った。 高所恐怖症のわんぱくもいて、約半数の参加となった。講師はツリークライミングジャパンンの後藤さん。そして会員である倉持さん、櫻井さんがサポートしてくれた。

 静寂な里山

 

思いがけなく市の広報広聴課の上野さんより電話があり、市で製作している むーびーチャンネル「ただいま、が 似合う町」のロケとしてツリークライミング体験を撮りたいとの依頼があった。市のHPで放映されている映像にその主人公も含め、エキストラも参加し、ツリークライミングに挑戦する姿を撮りたいのだという。 都会からの移住者を増やすPR映像「むーびーチャンネル」に少しでも貢献できるならばと後藤さん、体験者の了解を得て、本番に臨んだ。

当日は、風もなく、絶好のツリークライミング日和となった。

  

朝日がきれいだった。

 

後藤さんは午前7時前に到着し、歯を磨ていた。私もほぼ同時に五郎助山に到着し、里山フェスタ以来の後藤さんとの再会を喜び、本日のお礼を言った。さすがにこの時間帯は寒いので、現場に半分に切ったドラム缶を置き、火をたいた。「ぼとく」をさし、その上に「やかん」を置いた。  

まもなく櫻井さん、倉持さんも到着し、後藤さんと一緒に器具の点検、装着の準備に入る。真剣な厳しい顔つきに変わり、ピーンと緊張感が走った。 

ただいま準備中

 

宮本さん、谷貝さんも到着。旗を立て、看板も立ち、受付の準備も完了した。 ちょうどお湯も沸き、全員で熱いお茶を現場で飲んだ。   うまい!

受付も完了

 

体験者を3組に分け、第一陣はAM9:20分スタートである。約60分の体験時間。エキストラはスタート組に加わってもらうことにした。

午前8:30分 市広報広聴課の皆さんが到着。その後第一陣の子供たちが保護者と一緒に到着。ほとんどが初体験である。 エキストラの子供二人も親御さんと一緒に到着した。皆さんに熱いお茶をふるまった。

ほどなくカメラマン、マイク担当の方も到着し、9:20分予定通り、一組目のツリークライミングがスタートした。

 

登らしてもらう木に向かう(よろしくお願いします。と木に挨拶。)

 

器具の装着

 

後藤さんの説明を聞く(準備体操を含め、約7,8分ほどの時間だがとても大切。)

 

 

ついに登り始めました。

 

 

カメラマン、マイク担当も奮闘中

 

市広報広聴課の皆さんも良い画が撮れたと満足していました。

この画像がいつ頃放映になるかわかりませんが、筑西市のHP [ちくせい むーびーチャンネル」で流れるそうです。

http://www.city.chikusei.lg.jp/

 

 

番外編

 スタッフです。

 年長の受講生(二本征服しました)

てっぺんまで登りました。

 

最後の3組は午後1時にスタートし、2時に終了した。 

全員けがもなく、樹の上から見る里山の風景を存分に楽しんだひと時となったようだ。

後藤様、櫻井さん。倉持さんご苦労様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加