里山日記

NPO法人「里山を守る会」における活動の内容。
その日にあった様々な出会いと、感じたことをつづりたい。

継続は修行なり。

2016-09-22 04:22:21 | Weblog

里山を守る会が平成12年に発足し、今年で16年目を迎えている。平成9年に旧関城町の議員になり、その年に神戸市須磨区で少年による連続殺傷事件「サカキバラ事件」が発生した。背筋が寒くなるような、とても大きな衝撃を受けた。その年の12月議会で「雑木林を整備して子供たちの遊び場にしては」と提案した。紆余曲折があったが、当時の助役の後押しで一挙に前進し、生涯学習課が担当となった。

当時の課長が現在当会の監事として今も目を光らせている。後押しをしてくれた恩人は天国からずっと見守ってくれているに違いない。今日まで本当にたくさんの方の努力と協力でこの活動が継続されている。

私もいつの間にか高齢者と言われるステージに立ち、今更ながら良く続いたものだと感慨深い思いに浸る時がある。毎日のように顔を合わせるメンバーもだいぶ様変わりをし、広域から人材が集まっている。

五郎助山には日曜、休日になると、いろいろな所からいろいろな方が、思い思いの目的で来訪するようになった。ピクニック気分でお弁当を楽しむご家族、カワセミを追いかけ、朝から夕方までカメラを構えている方、さかな釣り、ザリガニ取りを楽しむ子供たち、この人たちに出会うと心が和む。 「ああ、いい光景だな~。」と感じてしまう。同時に(この場所はず~とこのままで残したいな~)とも想う。  

「継続は力なり」と言うけれど「継続はしんどい」と思う。しかし、こうした場所はこれから益々必要で、自由に来て、自由に過ごし、ゴミを残さず自由に帰る。とてもいいと思う。

こうした環境の整備、保全は多くの人の協力がなければ成り立たない。地権者、行政、私たちNPO,そしてこの活動を理解し、応援して下さる賛助会員、企業、市民の皆さんである。 これからも愚直にこの活動を推進し、情報を発信し、里山ファンを増やしたい。

何より未来の子供たちの情操教育の場として欠かすことのできない場所だと確信している。私たちの後に続く若者がこの活動に参加出来る様、組織の改革と充実を図らなければならない。 これを考え始めると眠れなくなるので、ほどほどにしてしているが、いつも私の脳裏から消えることがないのも事実である。

「継続は修行なり」と言ったところかな。

追伸:二胡奏者 酒井和嘉子さんのブログで「里山フェスティバル」のイベントがスケジュールの欄で紹介されています。

http://sakaiwakako.com/profile

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第14回里山フェステイバルの準備

2016-09-11 06:03:19 | Weblog

9/10(土) 今日は定例作業日である。いよいよ10/9日の第14回里山フェスティバルに向けた準備作業に入った。会場周辺の山林の下草刈り、コンサート会場の整地、抜根、老朽化したテーブルの撤去、台風による倒木の除去、駐車場の除草剤散布、等を行った。

この日出来上がったチラシ、ポスターの配布、案内状の確認、掲示箇所の確認、等、等 やるべきことが山ほどあった。特に今回は他の団体とのコラボが幾通りもあり、その調整も必要だった。

今回、地元の企業フレクストロ二クス・インターナショナル・本社財団(Flex財団)より、私たちの活動に対し、USドルで10000ドル(約100万円)の助成を頂いた。本社はアメリカにあり、海外に22の関連企業を持つ会社である。当日も社員の方がお手伝いに来てくれる予定で、とても光栄で有難いビックプレゼントとなった。

きっかけは、この企業にお勤めの方が私たちのイベントにご家族で数多くご参加頂き、活動の様子をよくご存じで、今回、本社のCSR(企業の社会的責任)活動の一環として行っている各国のNPO活動に対する助成制度に当会を上司に推薦して下さったのである。5月に上司の方と五郎助山にお出でになり、現地調査、活動の内容の聞き取り等が行われ、その結果を英文で本社に送っていただいた。

世界各地から応募がある中で、3団体に当選するのは難しいのではと思っていたが、幸運にもその活動内容が認められ、当選団体となった。担当の方よりメールが届き、近々に当会の口座にアメリカの本社財団から10000ドルが振り込まれるとの連絡を頂いた。アジアで唯一の団体であるとのご報告に二度びっくりしてしまった。

開催当日はフレクストロ二クス・インターナショナル、代表取締役のウイリアム,リー氏もご臨席の予定で、目録の贈呈式と、スピーチも予定されている。

縁というものは不思議なもので、当会の活動が海外の企業に認められ、望外の助成を頂けるとは思いもよらないことであるが、改めて日々の取り組み、ひたむきな努力が大切であると感じている。 この感激を忘れず、地道に、焦らず、確実に、理想に向かって歩みを進めて行きたい。それがこうした助成に対する恩返しだと思っている。

 

里山フェスティバル  ちくナビ(イベント情報) http://www.chikunavi.info/

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

どすこいペアー参加

2016-09-06 04:35:31 | Weblog

9月4日(日) 今日は「どすこいペアー2016」である。

今から28年前、竹下内閣が「ふるさと創生基金」として全国の市町村に1億円を配り、それぞれ金塊を買ったり、温泉を掘ったり、大きな話題を生みました。当時、関城町だった我が町はこの基金を原資に、町の特産物である「梨」と力士をコラボさせ、「関城の祭典」として活用を図りました。梨は英語でPaerと言うので、力士➡どすこい 梨➡ぺアー となったようです。当初は金利も高く、その利息で運営。二日間に亘り、開催した年もあったと 記憶しています。

あれから20年以上が経過し、経済環境も変わりましたが、筑西市の祭典としてすっかり定着しました。 その意味では温泉を掘り、その運営に四苦八苦している市町村も多い中、文化として残した功績は大きいと思います。

 しかし、内容がマンネリ化し、飲食とお神輿、お囃子の祭典というイメージで、この辺でふるさとの魅力と抱えている問題を提起し、まさにふるさとを創生するイベントを企画し、お祭りだけでは無い、これからのふるさと、町の在り方を考えてもらう祭典にして行くべきだと密かに感じています。

さて、私たち「里山を守る会」のブースでは、今までの展示の他、足踏みの「縄ない機」を置き、わらから縄になる様を実演、体験してもらいました。

 他のブースとはちょっと違います。

会員では最長老の「政じい」がdemonstrationを行い、行き交う人にアピール。

 物珍しさから足を止める。

飛び入り続出

 窪ッちも初体験 

 

 小学生も挑戦

 ついに校長(関城西小・田宮校長)も参戦。

隣接する芝生ではナイフを使い、竹とんぼづくり

 

テントではホタルの幼虫が人気

今回、当会の持ち味を生かした、大人や、子供たちが体験できる場をもっと用意すべきであると強く感じた。近隣から大勢のお客様が来られるので心に残る体験をしていただき、同時に環境保護や当会への入会をもっと積極的に働きかけるべきだと反省した。

30名近い会員が出席したが、その力を存分に発揮出来る企画を次回は是非実行したい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地球温暖化

2016-09-01 05:03:19 | Weblog

「地球温暖化」 この文字、この言葉は、見て聴いて久しいが、農業をなりわいとする身にとってこのところ切実に感じている。

私は梨を栽培しているが、梨(幸水)、(豊水)がここ数年、出荷が1週間から10日早まり、8月末にはあらかた終了する気配である。これまで幸水はジベルリン(成長促進剤)を付けてお盆前に出荷をしてきたが、慣行栽培でもお盆前に成熟し、出荷できる状況になった。また、これまで9月から出荷となる豊水も8月下旬に出荷最盛期となり、今までの常識が変わり始めている。

一方で秋深くなっても落葉せず、休眠期が短くなっている。植物は気温に的確に反応し、環境の変化を私たちに訴えている。

このところの台風も定番の九州、四国には目もくれず、関東、東北、北海道に上陸し、甚大な被害を及ぼした。

ロシアの永久凍土が溶け出し、動物に付いた炭そ菌が蘇生したとニュースで聞いた。 

第1次産業である農業、漁業、林業に携わる人々はこのところの異常気象に不気味さを感じているに違いない。世界の学者が「地球温暖化防止」を訴え、地球規模の抑制策を打ち出しているが、その効果は表れていない。

自然(地球)はすでにイエローカードからレッドカードに切り替えたのではないだろうか。

まず、森林の伐採を停止し、あらゆる温暖化防止策を進めないと、取り返しのつかなくなる日がもうそこまで来ている気がしてならない。

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

台風一過

2016-08-24 05:55:35 | Weblog

8月23日(火)台風9号の暴風で、トンボ池近くのケヤキの木1本が倒れた。一報を受け、現場に急行した。 

  根が腐っていた。

五郎助庵に通じる道路がふさがれてしまった。早速、地元の会員に伐採の応援をお願いした。最初に到着したのは中山さん。とりあえずチェーンソ―を準備し、枝を切り始めた。間もなく山崎さんも到着し、ほどなくケヤキが道路から消滅した。

 樹齢20年以上のケヤキ 

日向野(兵)、菊池、小島の3名も到着したので、斜めに傾いた、もう一本のケヤキもこの際伐倒し、安全を確保した。

道路、冒険広場遊歩道にもおびただしい小枝、枯木が散乱しているので、明日も有志で整備することにして、帰宅した。

8月24日(水)

整備二日目。

 今日も理事を中心に5名で、五郎助山に通じる道路、冒険広場を中心に清掃が行われた。それぞれ仕事もあるので、午前中に終了した。

 道路に落ちた小枝も集めて撤去 

広大な五郎助山を本格的に清掃するには臨時の作業日を設ける必要があるとの判断で、8月27日に設定した。この日は来る「第14回里山フェスティバル」の打ち合わせも予定されている。

約6ヘクタールの里山の維持管理は中々、大変である。新しい仲間を増やそうと各方面に呼びかけている。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

川島保育園、園児来る

2016-08-24 04:58:14 | Weblog

8月8日(月)今日は川島保育園の園児(70名)と保育士の皆さん5名が初来場された。同保育園に通園する関城地区の保護者の方に当会や五郎助山についてお話があったらしく、事前に下見をされ、今回の初来訪となった。

 駐車場から歩いて到着 

マイクロバスで2回に分けて園児たちは来場した。当会からは4名がサポーターとして園児に対面した。 私から五郎助山のこと、虫取り、エビガニ取りについてのお話をした。

 園長先生のお話

早速、カブトムシ、クワガタの捕獲を目指すグループと、エビガニ、小魚の水辺グループに分かれ、森に、池に繰り出した。カブトムシ、クワガタの捕獲はこの時間帯は難しい。それでも粘り強く探し、数匹のカブト虫をゲットした。

 カブト虫は難しかった 

森のグループは水辺へ、水辺のグループは森の中へ場所を変え、約2時間の里山遊びを満喫した。

 エビガニはたくさんいた  

瞬く間に時間が過ぎ、帰園の時間となった。「また、来たい人!」と保育士のお姉さんが聞いたらほとんどの園児が「ハーイ。」と元気に手を挙げた。

 お迎えのバスに乗って御帰り   

また来てねー。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

少々バテ気味です。(わんぱく自然塾3回目開催)

2016-08-08 04:49:34 | Weblog

昨日、(8月7日・日曜)今年3回目のわんぱく自然塾を開催した。 夏休み中なので家族旅行や、色々と子供たちも予定が多く、23名の参加となった。

今回の目玉は「流しソーメン」である。数日前に行った里山キャンプと同じ手順で、それぞれが使用する汁受け、箸を自分で作った。初めて手にするノコギリ、ナタ、ナイフに当初とまどい気味であったが、会員の指導を受けながら、次第にうまく使えるようになっていった。

約1時間かけて、うつわ、箸を仕上げ、いよいよ流しソーメンの会場へ移動。

約10mの竹といをはさみ、2列になって、里山のおばちゃんが茹でてくれたソーメンんが流れて来るのを待った。第1弾のソーメンは川上に陣取った上級生にことごとく捕獲され、川中、川下の塾生からブーイング。 しかし、切れ目なく流れて来るソーメンに不満の声は無くなり、美味しい汁と、薬味、天ぷらを合わせて、モリモリ食べていた。キャンプの時と同じで、驚くほどの食欲を発揮し、山もりのソーメンを運ぶ会員は折からの猛暑に汗だくだった。

お腹いっぱいになった塾生たちは今度は流す方にまわり、スタッフのお腹を満たしてくれた。いつもながら女性会員の作るだし汁、薬味、天ぷらは絶品である。最後に竹樋の前に立ったおばちゃんたちに、お礼をこめて、ソーメンを流した、塾生たちは家族の迎えが来るまで自由に遊び、自分で作った竹の器を記念品として、持ち帰った。次回は10月16日である。

この日、午後3時から来たる10月9日に開催予定の第14回里山フェスティバルの打ち合わせが行われ、当会と協賛する「森のようちえん五郎助」の皆さんと当日予定の「森のマルシェ」に出店予定の職種、出店の場所の確認を行った。

今年は、挽き立てのコーヒー、焼き菓子、オーガニックの農産物、フリーマーケットなどなど、新しい試みが用意されることになった。今後「里山」という環境を生かしたフェスティバルを探求し、これに合う団体の参加を促し、筑西市のメインイベントの一つに数えられるよう成長したい。

この時期、梨の収穫と重なり、母ちゃんには苦労をかけている。折からの猛暑で睡眠不足もあり、少々バテ気味である。今日も川島保育園から園児70名が初来場のため、出番である。 自分が選んだ道だが体力の衰えを感じている。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第7回里山キャンプ 無事終了

2016-08-03 03:44:05 | Weblog

7月28日(木)29日(金)に開催した第7回里山キャンプが無事終了した。 参加希望者37名、全員が元気に集合し、二日間のキャンプを楽しんだ。実行責任者の宮本さんには計画の段階から最終日までご苦労をおかけした。今回、初めてスタッフとして参加いただいた会員の方も積極的に動いていただき、来年に繋がるキャンプになったと感じている。

昨年は60名を超える大キャンプとなり、まとまりに欠ける部分もあり、やはり、30名内外が適度な人数であることを再認識した。また、里山名人としてサポートしてくれた8名の中学生、高校生もとても良く動き、後輩の面倒を見てくれた。

今回5名の里山キャンプ名人が新たに誕生したが、東小から初めて一人の名人が誕生した。これを機会に、東小に於いても更に参加者が増え、名人を目指してもらいたい。

キャンプを2泊にしてもらいたいという要望が以前より子供たちから上がっているが、確かに2泊3日だと余裕のある日程を組むことが出来、子供たち同士の交流も深まるだろう。会員のスケジュール調整も必要だが、ぜひ実現したいと願っている。

キャンプ期間中、西小、東小の校長先生をはじめ、両校の先生方には、お忙しい中、足を運んでいただき、子供たちを激励していただいた。大変嬉しく、また有難く感じている。 当会と学校の蜜なる連携が保護者や子供たちに安心を与えてくれていると改めて感じている。

今後もこのつながりを大事にしたい。そして回を重ねる毎にこの里山キャンプが進化し、質、量ともに拡大していける様、精進したいと思っている。子供たちの心に残るキャンプを目指したい。

 キャンプ初日 

 勢ぞろい

東小 須藤校長のご挨拶 

 テント設営

 自由時間

 夕食の準備

キャンプファイヤー

    

二日目

 朝食の準備 

                         まだ眠い 

 味噌汁は自分たちで作りました 

 木工クラフト(焼き板)

 カブト虫まで塗ってしまいました 

ソーメンの器・箸づくり

 ベテラン会員が模範指導

 竹といの準備

 流しそうめん スタート

 食べる、食べる 

 ちゃっかり組(残り物には福来る)  

お別れの会

 輪になって五郎助山に感謝! 

 また来年ここで会いましょう。

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

里山キャンプ事前説明会

2016-07-15 20:58:18 | Weblog

7月10日(日)、「第7回里山キャンプ」の事前説明会が五郎助山で行われた。30名募集のところ、38名(西小27名、東小11名)の応募があり、協議の結果、全員受け入れることになった。

   受付風景   

直前になって女子1名がキャンセルとなり、最終的には37名のキャンプとなる。スタッフ(会員)は延べ25名、そして8名の里山名人(中学生・高校生)がサポーターとして協力してくれることになった。

 里山名人の紹介

37名中20名が初参加である。女子は5名。今回、里山名人の候補者は5名である。スタッフは7:30分に集合し、受付の準備、会場の準備をてきぱきと行った。前日が雨で、定例作業が順延となり、キャンプ説明会のスタッフと作業スタッフに分かれ、それぞれの役割を担った。

 

私はキャンプの係りである。担当責任者の宮本さんは昨年に引き続き、2年連続の大役となったが、ボーイスカウトでの経験も豊富なので、全幅の信頼を寄せている。

 宮本さんの説明を聞く参加者

いつものように班旗に班名と各自の名前を記入した。宮本さんからキャンプについての説明、注意事項が詳しく伝えられた。

   班旗制作   

本番は7/28,29日である。全員そろって元気に五郎助山で再会することを誓い合って、説明会は閉会となった。

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

西小1,2年生 自然体験

2016-06-28 05:04:29 | Weblog

6月22日(水) 西小1,2年112名が授業(生活)で五郎助山に来訪しました。

会員は9名でサポートし、今年度入会した田崎さん、永田さんにも体験していただいた。午前9:10分。里山の入り口から甲高い声が聞こえてきた。木々の間から見慣れた黄色や赤の帽子が見え隠れしている。 1年生は今日が里山デビューである。 スタッフも慣れてはいるが幾分緊張気味で子供たちを冒険広場で迎える。 

 五郎助山に到着、荷物を置く 

引率する先生方の中にも今年度 西小に赴任し、初めて里山授業を体験する先生もおいでになる。森や、虫が苦手な先生もいるはずで、はじめから里山授業を歓迎する方ばかりではない。 しかし、16年間、里山で自然体験のサポートをしながら先生方を観察(?)していると、回を重ねる毎にそうした先生が確実に変わって行く。

教室では見せない子供の一面を発見し、驚き、その子の評価が良くも悪くも修正されて行く。子供を深く知る上でとても貴重な場所でもあるのだ。また、ご自身が自然の中で子供たちと同じ空間を共有することで次第に教え子との距離が縮まって行くことに気づかされるようだ。

 学習(?) 遊び(?) 

しぶしぶ子供たちについてきた先生が、先頭を切り、はつらつとした笑顔に変わって行く光景は、この授業が子供たちのみならず、先生方をも変える効果があることを、秘かに確信している。

 とったどー  

この授業は 西小、東小の特徴ある授業としてぜひ続けて頂きたい。  

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加