LO(O)SE40!

緩く自由に色んな物をどんどん海に投げていく旅の始まり

ここはどこでしょう

2017年04月20日 11時33分27秒 | Weblog
「ある心の中の一瞬を表現できても、心の奥の全ては伝えきれない。私の作品をどう受け止めるかは、人それぞれ。人は、永遠に孤独なのです」

今日の読売新聞文化欄の美術家、篠田桃紅さんの言葉。

ぎゅぅっと来ますね。

先日新刊の出た海街diaryでも「孤立と孤独は違うんだよ」って言葉にぎゅっと来た。

それで良いし、それが良い、そうあるべし、と思います。

写真はどこかよくわからない川縁の公園。大田区の外れの労災病院にMRI検査を受けに来たら、造影剤注射して4時間後来てくださいとの事でなーんにもない辺りをフラフラ、てくてくして休憩してます。
追記:

終わったー。
閉所恐怖症なので今日の撮影(?)時間が3~40分と聞いて、ビビりまくって、肩に力入って首肩痛いわ、目を開けたら恐ろしい視界なのでギュッと閉じてたら涙は出るわ、緊張して口が乾いてむせるわ、なんて記憶も最初の10分位で気付いたら爆睡。終わってウィーンと機械から出て来ると共に起きました。

良かったー、寝れて。沢山歩いた甲斐あった。その勢いで帰りは蒲田駅まで歩いて帰り(5キロ位)、京急快特でビュッと。療養期間もあんまり続くと床が抜けそうな不安感が襲ってくるので、そんな時はただ歩いて足に仕事させたり、黙々片付けて手に仕事させたり、考えずに身体の末端を動かすと良いようです。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飲み会リハビリ効果 | トップ | 低め不安定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事