LO(O)SE40!

緩く自由に色んな物をどんどん海に投げていく旅の始まり

梅屋敷2days

2017年05月18日 20時42分01秒 | Weblog
一昨日は通院。昨日は傷病手当金支給申請書を受け取りに急遽また病院へ。なぜ1日早くしてくれなかったか。そんなもんか。
でもこれを送れば療養期間中の申請は終わりで、あとは離職票の到着を待ってハロワに行って認定されれば年金と国保の減額手続きをして終わり。
ってまだ結構ミッションあるじゃない。
で、6月からはもういい加減働きたい~。でもやってみないとまた体調がどんだけ悪くなるかも分からないから、どう探したら良いか難しいのぅ。
まあ焦らず焦らず。

梅屋敷商店街はシャッターのまんまの空き店舗もぽちぽちあるけど、魚は魚屋、野菜は八百屋、海苔は海苔屋、昔ながらの商店が並んで、人通りもあって、おばちゃん達が元気で(これ大事)、本当に大好き。
で一本入ると下町特有のぎゅうぎゅうにおうちが並んでる路地沿いの住宅街で、皆さん少ないスペースをこれでもかこれでもかと鉢植えやアーチやらで季節のお花をご披露。歩いてるだけで気分も良い。
落ち着いたら引っ越そうかと思う位です。

さてさて、こんな毎日だからマメに色々チェックしたり、喫茶店で新聞読み比べたりする時間があるから、大変だーっっ!とか思うけど、普通に働いてた時だったらどうだったんだろうと思う。平日はバタンきゅうだし。
大変だーっって言ったとこで何が出来る訳でも無いけど、自覚は出来るようになるよね。
そもそも、あいつがあんなデカイ面してるのも議席数、支持率という数字をバックに増長した訳だから、まずは選挙に行く事をちゃんと考えなかったこちら側にも責任がある訳です。
入れたい人がいなかったら、白票を入れれば良いんです。まずは投票率を上げないと老人や各団体の固定層のみの数字が反映されて、国民の半分は政治に興味無いんだから何やっても良いよね~になってしまう。
今更だけど。

改憲問題と共謀法問題は違う話だけど、そんな自信があるならここで国民に信を問うで解散総選挙にして欲しい。賭けだけど。あの短気野郎が乗せられて感情で「解散だ!」って言っちゃうような問い詰め方を野党にして欲しい。

で、前回は公明党の助力もあって余裕で過半数取れたけど当時佐藤優氏が「公明党との連立は自民党が暴走した時の歯止めになるから考えようによっては良いことでは?」のような事を仰ってた気がするのですが、全然歯止めにならない事は分かってしまったし。
愛と平和の創価学会が母体の筈なのにね。今でも原水爆禁止の集会してるのに。何より牧口初代会長と戸田副会長(当時)は治安維持法で連行されて、初代会長は獄死してるのに。
でも公明党のHPを見ると、分かりやすく優しく丁寧に「テロ等準備罪」について「巷で言われているような一般の市民は対象にして無いんですよ~」な感じで説明コーナーをトップに持って来てました。

何かもう滅茶苦茶だなあ。怖いなあ。
時の政権が皇室を軽んじるようになると大概そのあと荒れた時代になるし、べーやんの幼稚な全能感みたいなものは本当に見てて危険。

安保法案で自分の爺さんがやった事クリアして、改憲または新しい憲法制定で麻生さんの爺さんがやった事クリアして、何かもう後ろ向きなコンプレックスとルサンチマンの塊みたいになってますが大丈夫でしょうか?。
ドヤ感は凄いけど幸せそうには見えないですよね。

きりがないし、お腹が減ったのでこの辺で。

好きなものや美しいものが無いと頭おかしくなっちゃう。
大事にしないとね。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続々)未来への狼煙展に行って... | トップ | ミュシャ展に行ってきました。他 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事