だいじょ~ぶがねぇ?! 聞いでんのがねぇ?!

2013年9月から海外は米国で生活をしています。お問い合わせなどはsato1.8109@gmail.comへ。

世界遺産「テオティワカン遺跡」 その1/2

2017年06月19日 22時49分33秒 | 旅行
12日からのメキシコ出張。
土曜も仕事の予定でしたが早めに終わったのでメキシコ人達が近く(?)にある世界遺産「テオティワカン遺跡」に連れて行ってくれました。
現地の方がしつこくアドバイスしてくれましたが
・「運動ができる格好」は必須。ジーンズは伸びないのでやめたほうが無難。
・手持ちバックよりリックサック。
・水は多めに。
・帽子、サングラス、そして日焼け対策。
日焼け止めを塗らなかったので腕が赤くなってしまいました(「オトコは日焼け対策など不要、と言ったアドバイスは無視すべきでした)(T_T)

平均速度120km/h、最高速度180km/h、時々急ブレーキをかけながら2時間半ほどでテオティワカン遺跡に到着。車の駐車料金と入場料で90MXP(6US$)185MXP(11US$)必要です。
お土産街を抜けると、でっかい三角錐状の建造物「ピラミッド」が我々を迎えてくれます。


高さ600メートル65メートル、これをひたすら登っていきます。ちなみに遺跡のあるところが海抜約1800メートル、ただでさえ高地なのに更に高地になります。この写真、旧約聖書「出エジプト記」みたい。


階段は上に行くほど急になります。うちのガキンチョの年齢(3歳)だと途中で転げ落ちる可能性があるので一緒に行くのは無理です。背負うと後ろに重心が移動するので、これまた危険です。


20分くらいかかったでしょうか。無事頂上に着いてパワースポットに祈りを捧げました。


頂上からの眺め。






帰りは帰りで大変。急峻な階段を降りなければなりません。高地と頂上を目指した後の疲れの影響で足がもつれそうになるので「安全第一」でお願いします。


下からの眺め。再び登ることは無いでしょう。きっと。



世界遺産「テオティワカン遺跡」はこれで終わったわけではありません。右にも左にも遺跡があります。
こちら、右手。平坦な道のりが約1マイル続いた先に遺跡があるそうです。


こちら左手。
中央のものより小型のピラミッドが我々を迎えてくれます。両脇にも祭壇の様なものがあります。


ということで、まずは左手の「月のピラミッド」を目指す事にしました。
続く。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父さんの日 | トップ | 世界遺産「テオティワカン遺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL