一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

パノラマウインドウ でも耐震等級3

2017年02月22日 | NEWプロジェクト
現在、打合せ中のNEWプロジェクト



リビングにはグルッと大きな開口部
窓、窓、窓、窓
パノラマウインドウです



正面長辺方向のサッシは2間×2台=7.28mにも
さらに両サイドの折り返しには1.5間=2.7m
それがグルッと連続しています。

恵まれた環境を120%活かしたプラン
ものすごい開放感です

んで、ここで心配になるのが、耐震性能

耐震性は壁の量に比例するといって良いほど、壁が大事

しかし、この物件のこの面には、ほぼ壁がない・・・
大丈夫か?

大丈夫なんです。めっちゃ強いんです

プランの検討と同時に許容応力度計算にて、弊社標準の耐震等級3を楽々クリア

でも、ちょっと不思議でしょ
こんな開放的でホント?って思うでしょ?(ウシシ)

もちろん、ちゃんとタネも仕掛けもあるんです。
でも、ラーメン工法でも、開口部にブレースを入れるわけでなないですよ

まあ、それは置いておいて

なぜ私が毎回毎回「耐震等級3」を連呼するのか?
「等級1でも建築基準法をクリアしているんだから良いんじゃない?」

皆さんもそう思います?
実は、私も以前はそう思っていました。

でも、そうではなかったんです

その理由は・・・

次回
いや、そのうち・・
え・・ たぶん・・
ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筒抜けの大開口サッシ でも... | トップ | 平屋が急増 もちろん耐震等級3 »
最近の画像もっと見る

NEWプロジェクト」カテゴリの最新記事