一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

3方向の開放と1.8mの跳ね出しタルキ

2017年06月29日 | 新発田の住宅

新発田の住宅です。



リビングからはこの開放感 





写真1枚では収まりきれません (2枚横につなげて想像してみてね)
グルッと3方向が大開口窓。パノラマウィンドウです。

大工工事は順調に進み、内部ではスジカイや断熱材の充填。



そして外部では軒裏の造作中です。
軒が1.8mも跳ね出ししていますので



通常のタルキでは雪の荷重に耐えられません

そこで、軒先部分を方杖トラス構造とします
(三角形は強いのだ



これで、一気に高耐力の軒先になります


今回、この軒裏は小屋裏換気の出入り口にもなっていますので

ここにネットを貼って



杉の貫材を目透かして張ります



もちろん杉は新潟県産を利用して補助金もゲット

工場で塗装中のラフ仕上の雨板も、もちろん新潟県産杉




この新発田の住宅もスゴ~イ開放感ですが
見附のリノベ現場も尋常じゃないくらいの開放感です。

ということで、今週末のオープンハウスの告知です。

詳細はクリック↓
7月2日(日) 「倉庫に住む」オープンハウス



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 構造用合板でキッチン。いよ... | トップ | レッドシダーのラフソーン仕... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む