何を見ても何かを思い出す

He who laughs last laughs best

永遠に相棒だよ ワンコ

2017-01-25 12:30:55 | ひとりごと
「ワンコ on my mind 永遠に」 「相棒と呼んでおくれ ワンコ」 「ワンコ'purpose 相棒」より

1月25日
18年前の1月25日、ワンコが家へ来てくれたんだよ
生後二か月にして肝っ玉が据わっていたワンコは、車に揺られながら、私に抱かれてグーグー寝ながら我が家へ来たね
「A DOG’S PURPOSE 」 (W.Bruce Cameron)の主人公の犬も車に乗るのが好きで、自分を人間と一緒に前部座席に座るべき犬だと確信しているけれど、ワンコも車が好きだったね 
もしかして自分が運転していると思っていたのかい ワンコ
自動車専用道路で、追い越し車線の車に抜かされると、ワンコは溜め息をついたり、盛大に鼻を鳴らしたりして、運転する私達を煽ったものだね
つい昨日のことのようだよ ワンコ

でも、’’そろそろ、お空に帰ろうかな’’ と思っているんじゃないかい ワンコ
ワンコは神経痛もちだから、底冷えする今の寒さは堪えるね
心はいつも一心同体だと分かっているから、
「A DOG’S PURPOSE」を一緒に考えてくれたら、桜の咲く頃までお空で、あったか生活を楽しんでおいで ワンコ

(注、英文はすべて、「A DOG’S PURPOSE」本文より引用)
本書は、三度転生する犬の物語だということは話したけれど復習しておくよ ワンコ
「野良犬トビーの愛すべき転生」(W・ブルース・キャメロン 青木多香子・訳)の裏表紙の解説には、『兄弟姉妹に囲まれ、野良犬として、この世に生を受けた僕。驚くことに生まれ変わり、少年イーサンの家に引き取られ、ベイリーと名づけられる。イーサンと喜びも悲しみも分かち合って成長した僕は、歳を取り、幸福な生涯を閉じる。ところが、目覚めると、今度はメスのエリーになっていた!!警察犬として厳しい訓練を受け、遭難した少年の救助に命がけで向かうが…』とあるよ

転生するたび犬種も環境も異なるのだけど、前世の経験や記憶を持っているんだよ ワンコ
トビーは野良犬として生まれ排水溝の中で育ったにも拘らず、柵の向こうを恐れる必要はないことやゲートを開ける方法を知っていたから、生まれ変わった時に、終生の友イーサンに出会えたのだし、
イーサンが溺れたと勘違いして救助した経験があったから、警察犬として生まれ変わった時、水で溢れかえる下水管から幼い少年を救うことができたんだよ ワンコ
前世の経験や技術が、転生した後に活きているのも驚きだけど、ただ能力がDNAに組み込まれているというのではなく、前世の記憶でもって前世で体得した技術を活かしているところが、スゴイと思うんだよ ワンコ
その前世の記憶と、犬の仕事(目的)は密接に関係しているんだよ ワンコ

Toby's times
トビーは野良犬として生を受け、最終的には殺処分されてしまうのだけど、セニョーラという女性に保護されていた時期もあるんだよ
トビーはセニョーラが愛してくれたことに感謝し、命の瀬戸際にありながら、短い自分の人生のなかでセニョーラを笑わせることが一番大切だった、それだけが自分の人生に目的を与えていたと思うんだよ ワンコ
It was, I reflected , the only thing that gave my life any purpose.

Bailey's times
ゴールデン・レトリーバーに生まれ変わったトビーは、終生の友イーサンと出会いベイリーと名付けられるんだよ 
野良犬でもなく保護されている犬のうちの一匹でもなく、イーサンは他の誰でもない「僕ベイリー」を愛してくれると感じることの素晴らしさ・・・・・
出会ってからしばらくの間は、少年と愛し合い一緒に暮らすことだけがベイリーの生きる目的だったけれど、
少年の穏やかな生活は、両親の不仲や近所に越してきた狡猾で暴力的な同級生のせいで激変してしまうんだよ
悲しみに暮れる少年が、ベイリーの身体に両腕を回し抱きしめると、どんなに長い時間でもベイリーは微動だにせずじっとしていたんだよ
そうしていることを少年が必要としている時はいつでも彼を慰めるのが、犬としての生きる目的だとベイリーは思うようになるんだよ
This was, I decided,  my purpose as a dog,  to comfort the boy whenever he needed me.
それからイーサンは生き方を根底から変えなければならないような事態に遭遇したため、イーサンとベイリーは別々に暮らさなければならなくなるのだけれど、
ベイリーはいつもイーサンの幸せだけを願っていたんだよ ワンコ
その思いは強烈に強く、自分が命の瀬戸際にある時でさえ、他のペットを亡くした時にイーサンが泣いていたのを思い出し、自分を看取る場にイーサンがいなくて良かった思うほどなんだよ ワンコ
ベイリーの目的は、一生イーサンを愛し、いつも一緒にいて彼を幸せにすることだったんだよ ワンコ
My purpose ,my whole life , had been to love him and be with him, to make him happy.

Ellie's times
ベイリーは、自分の目的をイーサンと一緒にいることだと理解していたから、イーサンの成長を見届けその目的を達成したからには、もう生まれ変わることはないと思っていたのだけど、今度は女の子のジャーマンシェパードのエリーに生まれ変わり警察犬となるんだよ 
ベイリー(エリー)の感情の核と目的はイーサンへの愛なので、犬が二つ以上の目的を持つことがあり得るのかと悩むのだけど、
警察犬としての訓練には、かつてイーサンと一緒にした救助ゲームが役立ち、現場では危機一髪のところで人の命を救う大活躍をするんだよ
これまで学んできたこと全てが人を救ういい子になるための過程だったのだと分かり、これこそが、イーサンのもとを去りエリーとして生まれ変わった理由(目的)だったのだと納得し、それが達成できたからには今度こそ生まれ変わることはないと確信しながら眠りにつくんだよ ワンコ
Now that I had fulfilled my purpose, I felt sure I was at the end, that there would be no rebirth after this , and I was at peace with that.

Buddy's times
再び生まれ変わってしまった元ベイリー(前エリー)は、呆然とするんだよ ワンコ
だけどね ワンコ バディ(相棒)として生まれ変わることこそが、何度も転生を繰り返してきた最大の理由だったんだよ
それを書かなければ本書を語ったことにはならないのだけど、何度読んでも込上げてくるものはあるし、なんと本書は映画化され近日中に公開されるそうなんだよ
だからここでストーリーは書かない方がいいね ワンコ
ただ、バディ(ベイリー)が、その犬生の目的をなんと理解したかだけは、どうしても書いておきたいのだよ ワンコ
ベイリー(エリー)は、救助活動を通して、人を「探し」体を「救う」ことを頑張ってきたのだけれど、
バディは自分の目的をそれだけではない、それは一部でしかないと気付くんだよ ワンコ
That’s when it occurred to me that my purpose in this world had never been just to FIND: it had been to SAVE.
Tracking down the boy was just part of the equation.
ワンコ 
トビーにはじまりバディまで、犬はなんと健気に人に愛されることを望み、愛する人や家族が幸せであることを願っているのだろう
人や家族が喜こんでいる時間を共有することを、犬は心から楽しんでいるのだけれど、
人の心の奥深くにある悲しみや怒りや、どうしようもない遣る瀬無い想いを理解し慰め、どんな時もその心を’’救う’’べく側にいることこそが犬の’’目的’’なんだとバディは確信するんだよ ワンコ
As for me: I loyally remained right where I was , remembering the very first times I had ever seen the boy and then just now, the very last time - and all the times in between.
The deep aching grief I knew I would feel would come soon enough , but at that moment mostly what I felt was peace , secure in the knowledge that by living my life the way I had , everything had come down to this moment.
I had fulfilled my purpose.

ワンコ
生後ちょうど一ヶ月の日にワンコに初めて出会い、ちょうど二ヶ月目の日に我が家に来てくれたワンコ
その1月25日に、わんこの目的が完結したという物語を書いていることに、不思議なものを感じているよ
本当はその日に本書について書くつもりだったのに、英語力のなさや色々な理由で延び延びになってしまったのだけど、
この日に書くことができて良かったよ ワンコ
これもきっとワンコが魔法をかけてくれたからだろう ワンコ
私達が何を教えなくとも最初から賢かったワンコは、もしかすると色んな経験や記憶を持っていたのかもしれないな 
その幾つかの記憶のなかで、私達はどのような位置にいるのかと考えると、ちょっと不安になるけれど、
相棒の章をしっかり思い出させてくれた日が、今日であったことを思うと・・・・・
ワンコと私達の絆は、とってもとっても強いのだと、私は勝手に確信しているよ ワンコ
そうであれば ワンコ 分かっているだろう
バディのように必ず帰ってくるんだよ ワンコ
心から愛しているよ ワンコ


まるちゃんへ
僕の僕 ちもべ は、アナログ人間だから、予定投稿をうまく出来ないんだよ
それに、今回は特に色々思いが溢れてしまって何から書けばよいか分からなかったらしいんだよ 
それで、時間の魔法に頼ったらしいのだけど、まるちゃん&お空組の皆はお見通しだったね
そんな皆が僕の友達になってくれていることを、家族は本当に喜んでいるんだよ
心配性な家族は、犬見知りのキツイ僕のことが心配で心配でたまらなかったのだけど
一歳年上でお空生活11日先輩のまるちゃんとお友達になれたことで、家族の心は本当に心が救われたんだよ
だから、神経痛をおそれなくても良い時期までー桜の咲くころまでーお空組で楽しんでおいで・・・なんて言えるようにまでなったんだよ
ありがとう まるちゃん&お空組のみんな
今は一心同体組を見守るという’’目的’’を頑張りながら、
いつか、相棒としての’’目的’’を達成するために出かけると思うんだ きっと
そんなことを一緒に相談してね まるちゃん これからも宜しくお願いしますワン
ワンコより
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワンコ’s purpose 相棒 | トップ | 瞳に映るもの »
最近の画像もっと見る

ひとりごと」カテゴリの最新記事