これぞ、正論

万年野党・反権力主義者、を標榜する小市民のひとりごと

日本はいまだアメリカの占領下にある

2016年12月24日 18時28分58秒 | 政治
沖縄でまたオスプレイが墜落した

日本政府は「不時着水」だという

アメリカ当局が「墜落」ではなく、「不時着水」であると言っている、

だから、「不時着水」なのだ、という

日本政府は、アメリカ当局の「言いなり」である

これは、独立した国家ではなく、まさに「占領国」を自認している、ということである


安倍政権はその国会議員の数字的優位を笠に着て、

やりたい放題、なんでも決めていくが、

国民のことなど何一つ考えていない

自分たちの首がいかに長くつなげられるか、

つまり、官僚組織にいかに気に入られるか、ということで動いている


沖縄県民は、その最前線に置かれて、苦しんでいる

政府は「日米地位協定」という、占領国と同じ状況に、疑問すら持たずに

ひたすらアメリカ当局の言うなりで、何の注文も付けない


この状況を何というのか

「日本はいまだアメリカの占領下にある」

ということである


日本国民は、自民党安倍晋三に、国家共々売り払われようとしているのだ

日本国民よ早く目を覚ませ!!

早く気が付かないと、とんでもないことになってしまうぞ!!
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憂慮すべき世界の行方 | トップ | 電通の示す「結果主義」の歪 »

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事