TINKERBELL BLOG

茨城県取手市「美容室アトリエティンカーベル」ティンカーベルのスタッフを身近に感じていただければ嬉しいです

関東ふれあいの道 茨城10 筑波山頂めぐりのみち その2

2016年10月12日 | Weblog
みかん園を通りながらあたりを見回すと、陽当たりが良くいろんな花や果実が目を楽しませてくれます。
画像はカラスウリの花です。
カラスウリなんてなんか久しぶりに見ました。別に特別なものではないけれど、子供の頃はたくさん家の裏山にあったんです。
驚いたのはアサガオが普通に咲いていたこと。そんな気候がみかんの生育に合っているのでしょうね。
だんだんと高度が上がってくると、温暖な空気は突然風に吹かれて寒くなってしまい、一枚羽織りたくなります。

おっとっと、忘れちゃならないのが薬王院。みかん園に入っていく手間に鎮座していますが、けっこう知らない人も多いですね。
真壁側なので、この近辺からだと方角的には裏側に近くなります。
霞ヶ浦用水の筑紫湖のすぐ上部になります。
また、筑波山は別名(雅名)で『紫峰』といいます。土産物店などでもこの紫峰というネーミングはよく使われています。商標名にもなっていたりして、たしかお醤油なんかもあったような。
筑波山が夕陽に照らされると紫色に見えることからこの名が付いたとされています。

薬王院でおトイレを拝借。古い別棟の昔懐かしいタイプです。
もちろん壺タイプ。さらに驚いたのはトイレットペーパーではなく「ちり紙」でした。優しいさわり心地は久しぶりで子供の頃を思い出しました。古紙利用の灰色がかったちり紙もあったけれど、それは固めだったと思います。薬王院ではホワイトの高級ちり紙でした。

さて、薬王院はおよそ300年前の歴史建造物です。成田山新勝寺の三重塔を建てた人物がここも手掛けたということです。
軽くお参りをして降りていきますが、急傾斜の苔むした狭い階段を降りるのが怖くて一段も降りられず引き返す女房。仕方なく往路を戻ってルートに復帰します。おそらく一生この階段を降りることはないでしょうね。

女房は先日買った緑色のウェアを着てきました。こちらは長袖なので、もう袖を忘れてタオルを巻くこともないですね。この緑色(あえてグリーンとは言わない)のウェア、本人は河童色と言っていますが、娘にはキュウリ色と言われていました。
そこに赤いつば広の帽子と薄茶色のパンツでクリスマスカラーにしたと言っています。周りの人たち気づいてくれるかなぁ…と。『ねぇねぇ、おかしい?』と聞いてきたので、『だ、だ、大丈夫でしょう』と答えておきました。
そしてクリスマスソングを口ずさんだので調子に乗って僕が大声で歌ってやりました。誰もいないつもりだったので、けっこうやっちまいました。ところがそんな時に限ってウォーキングのおじさんが上から降りて来ました。
聞かれたな…。
一応素知らぬ顔で『こんにちは~』とだけ挨拶しておきました。

舗装路を深峰歩道登山口まで歩かせるのが関東ふれあいの道のコースになっています。薬王院からの登りはいつも登山道でしたから、林道を歩くのは初めてです。ここもなかなかいいですね。
少々東日本大震災の影響が残る場所もありますが、概ね修復されています。綺麗に舗装された箇所は修復済みの道だと思いました。ところが、いきなり凸凹な部分が現れます。
ここは未修復なのでしょうね、かなり車が弾みそうです。
そしてやがて鬼ヶ作林道に入っていきます。分岐点にある看板『林道鬼ヶ作線』を見て女房が?はてなマークで僕に尋ねてきました。
ガックリと腰が抜けそうになりました。


その3に続きます。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関東ふれあいの道 茨城10 筑... | トップ | 関東ふれあいの道 茨城10 筑... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む