TINKERBELL BLOG

茨城県取手市「美容室アトリエティンカーベル」ティンカーベルのスタッフを身近に感じていただければ嬉しいです

京都一周トレイル 晴れてきた編

2017年04月22日 | Weblog
雨のスタート、夜の激闘、沢の増水をクリアしてここまでやってきましたが、やっと空が青くなってきました。
目に入るもののすべてに色が付き、モノクロの世界から脱出しました。

辺りには花が咲いて、歴史的建造物なども遠くに見受けられます。
当然視界も良くなり、スピードが上がってきました。
独特な大臀筋を使った大きなストロークでのしのしと登り続け、下りは軽い小走りにして時間的にも意識していきます。

水分はゴクゴクと飲まずに一口程度をこまめに摂ります。
食事らしい食事はせずに、小さなパンやおにぎりを少しずつ歩きながら食べました。
おにぎりは2個、パンは10個程度、途中の道の駅で小さい蕎麦を1杯、コーヒー1杯とイチゴ大福を1個という補給量でした。
お腹はいっぱいにせず、空腹感が訪れる前に一口といった具合です。
いつ食料が手には入るかわからないので、買えるときになるべく買っておこうと思いました。
ですが、実際にはやっとコンビニが1軒あっただけでした。ちょっと多めに担ぐことにしました。

スポーツジムに勤めるお客様によると、補給はカロリーメイトのバーが一番だそうです。
あれを緩く溶いたものが病院で使用している流動食とほぼ同じ成分なんだとか。もちろんそんなものは持たず終いでしたが…。

コースは道標によって管理されていますが、ところどころ分かりにくいところもあり、GPSは必要だと思います。
まるっきり道標が出てこないところや案内板が分かりにくかったりするので事前の理解はよーくしておかないとダメだと思います。
この辺が僕には欠けていたと感じています。
何ヶ所か間違いましたし、不安感をもったところも多かったです。

それでも割と順調に歩みを進め、一度山を降ろされました。
幾つもの山を登っては下り登っては下りを繰り返していきます。

そしてまた沢を渡る場所に出ました。
見渡すと沢の向こうに案内板があり、この沢を渡るのは明白です。
ところが…
渡れるところがない。
そう、増水していて足を置ける岩が水面下に埋没しているのです。

川幅は4mぐらいですが、飛び越えるのは不可能です。辺りを見回すと、しがみつけそうな苔むした岩があります。その対岸は鬱蒼とした場所ですが、何とか行けそうです。

苔ですべってしまわぬように気をつけながら思い切って飛び越えると、うまく越えられました。
あとは枯れ枝や草を押し分けながらルートに戻るだけです。

気をよくしてちょっと進むとまた渡れない箇所にぶち当たりました。
靴を脱いで沢を渡るのが良いとも思われましたが、面倒になってしまいました。
疲労がたまっているようです。
なんせここまで12時間も歩き通しなのですから…。

渡れるとしたらここしか無いな…。
思い切り苔で覆われた岩まで薮を漕いで、露出した部分に身体を移動させます。
対岸は傾斜があって、飛び越えたとしてもしがみつくところがありません。
わずかに足を置けるところに狙いをつけて、ストックを2本突きにしながら思い切り蹴りました。

あっ!


続く。
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都一周トレイル 夜明け編 | トップ | 京都一周トレイル 延暦寺まで... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そんな無理して大丈夫ですか?😅 (弟子)
2017-04-22 12:17:09
命と家族の次に大事な両手をあまり酷使しないで下さいね😌
でないとバリカン専門店になってしまいますよ😓
待てよ…手術してシザーハンズってのもありかも😌
明日楽しみにしています😆
うるさい(^^;) (タカハシ)
2017-04-22 12:27:42
もうバリカンなんて使わずに、手でむしってやるから(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む