TINKERBELL BLOG

茨城県取手市「美容室アトリエティンカーベル」ティンカーベルのスタッフを身近に感じていただければ嬉しいです

子持山って楽しいね

2016年10月19日 | Weblog
現在子持山までは手前の林道で崩落があったため、駐車場はかなり手前になりました。歩いておよそ1時間余計にかかります。実際歩いてみると、崩落というよりも崩壊かも。舗装路が下からグソグソに浮き上がっています。

登山口で弟分が登山計画書を提出します。今回、弟分がリーダーです。
計画書も書いてくれました。
『面倒くさって思ったけど、よく理解できて良かったかな。こんな面倒なこといつもお願いしてすみません』
いやいや自分で計画した山はどんな風に歩くのかイメージ湧きますね。本当はパーティーそのものが全員そこを理解して歩くのがいいと思うんです。
何時に出ると何時に着くのか、どこで休憩してどこでご飯たべるのか、自分たちのスピードをそれに当てはめて決めていくのは大変だけどけっこう楽しい。イメージ湧くので、実際本当に歩きやすいですね。

だんだん何でも出来るようになった弟分は、もう一人で行きたいときに山に行けるレベルですね。

さて、子持山は岩峰です。
画像見て下さいよ、あれが獅子岩です。なるほどでしよ?
手前の屏風岩も登れます。鎖も梯子もそんなにレベル高くはないけど、落ちたら大変なところばかりですから確実に3点確保しましょうね。

今日は時間的にも余裕あるので、獅子岩にも登って展望を楽しみました。やっぱり晴れていると気分良いですね。予報通り雲多めです。周りの高い山は雲に絡まれています。
天気予報はきちんと山の天気予報で調べましょう。

山頂で食事をしました。
今日は貸切で誰にも会いませんでしたが、山頂でやっと5人のパーティーと一緒になりました。鍋やってました。グループ登山も楽しそうですね。
弟分は有機栽培された自然なものを食べているので、食事はお互い勝手にやります。
ところが僕が痛恨のミス。コーヒーを忘れてきました。こんなこと初めてです。山頂で飲むコーヒーはとても美味しい。それを忘れるなんて…。
でもなんと弟分が自家焙煎した有機栽培コーヒーを少し分けてくれました。僕はいつもインスタントコーヒーだけど、彼は淹れてます。
う~ん美味い。ありがとう満足しました。

さて下山します。
コースを変えて降りて行きます。僕がリーダー務めてもそうすると思います。下山に選んだ道は滑りやすい土の道でした。なにも特筆することがないのです。
急に赤いものが目につき始めました。『マムシグサの実』です。
以前『関東ふれあいの道』でもお話ししましたが、これは毒性があります。
その記事を弟分も読んでいて、気になっていたとか。
『赤くなると毒性は穏やかになるようだけどね』と僕が言うと、体験してみようと言うじゃないですか。
おいおい、やめなよ。
弟分はその実を一粒取って口に放り込みました。
だ、大丈夫かなぁ…。
ある意味、この行為が本日のメインイベントになったかも。


どうなったか期待させつつ「続く」。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子持山に行こう | トップ | マムシグサの実を食べてみる? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む