TINKERBELL BLOG

茨城県取手市「美容室アトリエティンカーベル」ティンカーベルのスタッフを身近に感じていただければ嬉しいです

郷ひろみの弟みたいな顔した従弟と登るシリーズ『妙義山』

2017年04月25日 | Weblog
久しぶりに郷ひろみの弟みたいな顔した従弟と山に行きました。
前々から約束していたのに、なかなか行けなかった妙義山に登りました。

妙義山はもう何回か登ってるけど、稜線ルートを歩くのは初めてです。
稜線ルートでは、過去に何度となく滑落などの遭難が起きています。

地元の人は『あんなところ登るもんじゃねぇ』と言います。
見るからにギザギザなあの山容は、やはり危険極まりない山ではあります。
ただ、岩場の表面を固めてあるので、慌てなければそんなに難しいことはないと思います。

妙義山は関東百名山の一峰でもありますし、僕としては登っておかなければならない山の一つでもありました。

『道の駅みょうぎ』で待ち合わせ、妙義神社から大の字経由で取り付きました。
辻から奥の院、見晴を経て相馬岳を目指しました。

いくつものアップダウンと激しく現れる鎖をたどって登って行きます。
僕は、ばね指を患っているので、鎖そのものを握れるかどうか不安でした。
そのため、25mロープをそれぞれ1本ずつザックに挟み込んで来ました。
念のためハーネスを装着し、スリングとカラビナで鎖にセルフビレイをとれるようにしてあります。

不安な降下は迷わずロープを出し、懸垂下降しました。
今日は人がほとんどいないので、ロープ出しやすかったです。

ロープのセットや回収の際、待っている人が『こんなところでロープだしてんの?』と思われたくないですしね。

予定通り相馬岳まで来ると、地元の消防の人が稜線ルートを歩いていたらしく、おそらく山岳連盟の方だと思いますが、ガイドしていました。
有事の際に備えてだと思います。
ご苦労さまです。そしてありがとうございます。
僕らも細心の注意を払って登って行こうと思います。

登山計画ではタルワキ沢に下山予定でしたが、余裕もあり条件もいいので堀切まで稜線ルートをたどることになりました。

ただ、その先の『鷹戻し』はキャンセルします。
僕の指がよくなれば挑戦してもいいかな?とは思いますが、鷹戻しをたどるにはさらにきちんとした装備と準備で臨まなければなりません。

堀切から中間道に入りました。
中間道は奇石群が素晴らしいので、従弟にも見せてあげたかったのです。

石門を抜け、やがて中ノ嶽神社に下山しました。

従弟は『すごく良かった』と喜んでくれました。
登山の経験も増し、自分で考える登山に変わって来ました。
もう一人で登っても大丈夫ですね。

最後はお決まりの温泉と蕎麦でしめました。
妙義山の桜はこれからますます山肌を飾ってくると思われます。
夏山の季節到来ですね。
ジャンル:
モブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都一周トレイル エピローグ編 | トップ | 岩峰『鹿岳』 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひどいっ😭💔 (弟子(一番目))
2017-04-30 22:32:46
何処の馬の骨か分からない弟子をとって二人で仲良く登るなんてひどいっ😭

あら、良く考えてみたらうちの上の兄貴だった😱こりゃ失礼しました😆

寂しいけれど、まだまだ一番弟子は基礎体力が戻っていない為、もう暫くは
師匠と一緒には登れませんね😢

叱られるかも知れませんが、どちらか
というとインパルスの板倉ですかね😅
弟子? (タカハシ)
2017-04-30 22:59:21
僕は弟子をとった覚えはありませんよ(^^)
キミの兄さんは山をとても楽しんでいます。
そのうちまた一緒に登りましょうね。
それなら登山仲間?😂 (弟子(自称))
2017-04-30 23:14:56
いつか、大人も子供も関係なく一族でピクニックの様な登山でも出来ると良いですね😊

その為には、努力のみ😤

今日はもう寝ます😪

お休みなさい💤

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む