gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-06-19 15:42:04 | 日記
Article abstract
Nature Biotechnology 31, 135 - 141 (2013)
doi:10.1038/nbt.2478

Subject terms: Computational biology | Biotechnology | Animal biotechnology | Databases

家畜ヤギ(Capra hircus)ゲノムの配列解読および全ゲノム自動光学マッピング
Yang Dong1,2,12, Min Xie3,12, Yu Jiang1,5,12, Nianqing Xiao10,12, Xiaoyong Du4,12, Wenguang Zhang1,6,12, Gwenola Tosser-Klopp7, Jinhuan Wang1, Shuang Yang3, Jie Liang3, Wenbin Chen3, Jing Chen3, Peng Zeng3, Yong Hou3, Chao Bian3, Shengkai Pan3, Yuxiang Li3, Xin Liu3, Wenliang Wang3, Bertrand Servin7, Brian Sayre11, Bin Zhu10, Deacon Sweeney10, Rich Moore10, Wenhui Nie1, Yongyi Shen1,2, Ruoping Zhao1, Guojie Zhang3, Jinquan Li6, Thomas Faraut7, James Womack9, Yaping Zhang1, James Kijas5, Noelle Cockett8, Xun Xu1,2,3, Shuhong Zhao4, Jun Wang3 & Wen Wang1

This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-Share Alike 3.0 Unported License. To view a copy of this license, visit http://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/3.0/

Abstract
本論文では雌の雲南黒ヤギのゲノム配列約2.66 Gbを示す。この配列は短いリードの配列解読データと高処理能全ゲノムマッピング装置による光学マッピングデータとを組み合わせて得られたものである。この全ゲノムマッピングデータは、フォスミド末端配列解読で増強したスキャフォールドとの比較でN50値が5倍以上長い超スキャフォールドの組み立てに有用である(スキャフォールド N50=3.06 Mb、超スキャフォールド N50=16.3 Mb)。超スキャフォールドはウシとの保存シンテニーに基づいて染色体との対応付けを行い、その組み立ては1番染色体の2種類の放射線ハイブリッド地図によって十分に裏付けられた。タンパク質をコードする遺伝子2万2,175個のアノテーションを行ったところ、その多くは10種類の組織のRNA配列解読データでも確認された。カシミヤヤギの1次および2次毛包の比較トランスクリプトーム解析からは、この2種類の毛包で差次的に発現する遺伝子51個が明らかになった。本研究の結果はヤギのゲノミクスに有用であり、全ゲノムマッピング技術が大きなゲノムの新規組み立てに利用可能であることを示している。

top of page
State Key Laboratory of Genetic Resources and Evolution, Kunming Institute of Zoology, Chinese Academy of Sciences, Kunming, China.
University of Chinese Academy of Sciences, Beijing, China.
BGI-Shenzhen, Shenzhen, China.
Huazhong Agricultural University, Wuhan, China.
CSIRO Livestock Industries, St. Lucia, Australia.
Inner Mongolia Agricultural University, Hohhot, China.
INRA Laboratoire de Génétique Cellulaire, Castanet-Tolosan, France.
Utah State University, Logan, Utah, USA.
Texas A&M University, College Station, Texas, USA.
OpGen, Inc., Gaithersburg, Maryland, USA.
Virginia State University, Petersburg, Virginia, USA.
These authors contributed equally to this work.
Correspondence to: Wen Wang1 e-mail: wwang@mail.kiz.ac.cn

Correspondence to: Jun Wang3 e-mail: wangj@genomics.cn

Correspondence to: Shuhong Zhao4 e-mail: shzhao@mail.hzau.edu.cn

Correspondence to: Xun Xu1,2,3 e-mail: xuxun@genomics.cn



Main navigation
Journal content
Journal home
Advance online publication
Current issue
Archive
Conferences
Focuses and Supplements
Press releases
Nature Biotechnology podcast
Multimedia
Journal information
Guide to authors
Online submission
Permissions
For referees
Contact the journal
Subscribe
About this site
Nature Research services
Authors & Referees
Advertising
Work for Nature Research
naturereprints
For librarians
Nature Research resources
Protocol Exchange
Nature Biopharma Dealmakers
Nature
Nature Chemical Biology
Nature Communications
Nature Conferences
Nature Genetics
Nature Medicine
Nature Methods
Nature News
Nature Reviews Drug Discovery
Nature Reviews Genetics
Polymer Journal
Scientific Data
Scitable by Nature Education
Nature Research Journals
by Subject Area
Chemistry
Chemistry
Drug discovery
Biotechnology
Materials
Methods & Protocols
Clinical Practice & Research
Cancer
Cardiovascular medicine
Endocrinology
Gastroenterology & Hepatology
Methods & Protocols
Pathology & Pathobiology
Urology
Earth & Environment
Earth sciences
Evolution & Ecology
Life sciences
Biotechnology
Cancer
Development
Drug discovery
Evolution & Ecology
Genetics
Immunology
Medical research
Methods & Protocols
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。