gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-05-18 20:42:20 | 日記

難波紘二

難波 紘二(なんば こうじ、1941年6月17日[1] - )は、日本の医師・医学者・評論家。広島大学名誉教授。

広島市生まれ。1967年広島大学医学部卒、1974年同大学院博士課程修了、「松果体の実験形態学的研究」で医学博士。呉共済病院で臨床病理科初代科長として勤務。アメリカ国立衛生研究所国際奨学生に選ばれ同がんセンターの病理部に2年間留学し、血液病理学を研鑽。広島大学総合科学部教授、2004年定年退官。名誉教授。自宅に「鹿鳴荘病理研究所」を設立[2]。

目次

1 著書
1.1 翻訳
2 論文
3 脚注

著書

『歴史のなかの性 性倫理の歴史』渓水社 1992
『生と死のおきて 生命倫理の基本問題を考える』溪水社 2001
『覚悟としての死生学』文春新書 2004
『誰がアレクサンドロスを殺したのか?』岩波書店 2007

翻訳

マイケル・ローズ『死者の護民官 医師トーマス・ホジキン伝』西村書店 1984
エズモンド・R.ロング『病理学の歴史』西村書店 1987

論文

Cinii

脚注

^ 『現代日本人名録』2002年
^ 『誰がアレクサンドロスを殺したのか?』著者紹介

カテゴリ:

日本の医学者日本の病理学者日本の医師日本の評論家広島大学の教員広島大学出身の人物広島県出身の人物1941年生存命人物

案内メニュー

ログインしていません
トーク
投稿記録
アカウント作成
ログイン

ページ
ノート

閲覧
編集
履歴表示

検索

メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)

ヘルプ

ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ

印刷/書き出し

ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン

ツール

リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用

言語

リンクを追加

最終更新 2016年4月4日 (月) 00:36 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。

プライバシー・ポリシー
ウィキペディアについて
免責事項
開発者
Cookieに関する声明
モバイルビュー

Wikimedia Foundation
Powered by MediaWiki

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。