gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-06-19 11:04:09 | 日記

湧水
高層湿原の湧水の例:瀞川平(但馬高原植物園内、兵庫県香美町)

湧水(ゆうすい)は、地下水が地表に自然に出てきたもののことである。湧き水(わきみず)や泉(いずみ)、湧泉(ゆうせん)ともいう[1]。大規模な湧水はそのまま川の源流となることもある。

目次

1 湧出機構
2 湧出の利用と管理
3 湧水のさまざまな呼び方
4 脚注
5 関連項目
6 外部リンク

湧出機構

山間部に降った雨や雪が、地表を流出せず、山滝部から湧き出すもので、地下水の水頭(地下水ポテンシャルと大気圧の平衡する高さ)が地表よりも高く、かつその地下水が地表に出てくる地質条件が満たされている場所において、地下水が湧出し、水が湧き出る(湧泉)。このような地形は、沢の谷頭(こくとう、たにがしら)部、山地と平地(へいち)の境目、台地や河成段丘の崖線沿い、扇状地の末端(扇端部)、火山周辺の溶岩流末端などが多い。また、石灰岩等の炭酸塩岩類の洞窟は地下水による浸食で形成されたものであり、現状においても内部に水流が見られることが多いことから、鍾乳洞(石灰洞)の洞口も湧水地点となることがある。

気象条件・人為作用などにより地下水位が上下することで、湧出量が増減したり、時には枯渇したりする。しかしその変動は、一般的には河川水におけるそれよりも小さく、得られる水量が気象条件によって左右される度合いが少ない、言い換えれば安定した水資源となっている例が多い。

砂漠では湧水によりオアシスが形成されることもある。
湧出の利用と管理
中国雲南省の湧水。農業用水として利用される。現地住民が相互利益に配慮して管理しているローカル・コモンズである。

湧水は地表水に比べると安定した供給が見込まれることから、古くから飲料、洗濯、農業などに広く利用され、地域住民の生活や生業に深く結びついた存在である。

沖縄県のように河川の水資源に乏しい島々では、地域住民が湧水を特に大切に利用、管理してきた。また、開発途上国にあっても、上水道が未整備な地域や安全な水へのアクセスが制限されている地域が広範に残っているために、湧水は井戸とならんで住民にとって大切な生活用水となっている。

湧水の農業用水としての利用も広い範囲で行われている。近年では低位にある河川などの真水をポンプを用いて汲み上げて配水し農業使用する場合が多い。しかし、高位に湧き出る真水は、量さえ確保できれば高低差を利用して容易に配水することができる。そのため、湧水は古くから動力を用いないで済む農業用水として利用されてきた。ただし、高所に降った雨や雪を起源とする湧水は、そのままでは農業用水としては水温が低すぎる場合があり、この場合はわき出た水をいったん池にためて水温を上げるという工夫が必要になることがある。

このように湧水は伝統的に地域コミュニティの住民によって共有資源として利用管理されていた。しかし、上水道や農業用水路の整備、大規模な工業用水など地下水の汲み上げ利用にともなって、湧水の利用、管理は地域住民の手から離れつつあり、そのために住民の参加しなくなった湧水、水源の荒廃が危惧されている。こうした中で地域住民を湧水の利用者、管理者として評価しようという草の根民活論が注目されている。1985年に、当時の環境庁が選定した名水百選、および2008年選定の平成の名水百選は、そのような現状をふまえ、地域の暮らしにとけ込んだ水資源のうち「地域住民等による主体的かつ持続的な水環境の保全活動が行われているもの」[2]を顕彰する目的で選定が行われ、選定対象の大半は湧水であった。

なお、湧水を利用した給水システムを江戸時代に完成し、現在に至るまでその維持活動が活発に行われている地域(名水百選の中では、宗祇水を代表とする岐阜県郡上市(旧八幡町)の水利システム、轟水源を利用した轟水道をもつ熊本県宇土市、秋田県美郷町(旧六郷町)の六郷湧水群など)もある。

各所の湧水で水の持ち帰りを行えるが、あまり大量の水を持ち帰るのは勧められない。 湧水の大半は何の処理もされていない天然の物なので時間が経過すると共に雑菌類が繁殖し飲用に適さなくなるためである。 よって汲んだ場合はできるだけ早く使うのが望ましい。
湧水のさまざまな呼び方

湧水は地域とその歴史などから、日本では古来からさまざまな呼び方がされている。これらには「清水(しょうず、しみず)」、「お清水(おしょうず)」、「生水(しょうず)」[3][4]、「出水(いでみず、でみず)」、「涌水(ゆうすい、わきみず)」[5][6]、「泉水(せんすい)」、「どっこん水(すい)」[7]などがある。
脚注
[ヘルプ]

^ 詳しくは、わき出る場所が「湧泉」、わき出た水が「湧水」、わき出る作用が「湧出」であるが、湧水と湧泉は混同して使われることが多い
^ 「平成の名水百選」について(環境省)[リンク切れ]
^ 環境省選定 名水百選 お清水(おしょうず)(福井県大野市) - 環境省[リンク切れ]
^ 石川県の代表的な湧水 - 環境省サイト
^ 千葉の湧水
^ 出水(でみず)観音池 (PDF) - 宮崎県えびの市
^ きのと観光物産館(どっこん水の里)、新潟県公式観光情報サイト

関連項目
ウィキメディア・コモンズには、湧水に関連するカテゴリがあります。

名水百選
平成の名水百選
温泉
飲料水
水郷

水系
親水

鍾乳洞
洞窟
洞窟潜水
九州蔵一

外部リンク

環境省 湧水保全ポータルサイト
環境省 水環境総合情報サイト
湧水 - 東京都小金井市

[隠す]

表 話 編 歴

河川
一覧

長さ順 地域別 日本の川 日本の準用河川 日本の廃河川 日本の運河

分類

一級河川(一級水系) 二級河川(二級水系) 準用河川 普通河川 国際河川

河川形状

水源 水系 流域 河口 谷 滝 沢 渓流 瀬 淵 分水界 三角州 三角江 扇状地 河岸段丘 河川争奪 天井川 自然堤防 後背湿地 伏流水 水無川 感潮河川 流路形状
本川 支川 派川 合流 旧河道) 河床形態 川底 清流 急流

関連する自然地形

湧水 湖 沼 池 天然ダム 浅瀬 平野 盆地 氾濫原 三日月湖 河畔砂丘 中州 山地 河川敷 海 湾 入り江

生態系

渓流植物 ヨシ原 河畔林 渓畔林

構造物

ダム 堤防 床止め 堰 魚道 橋 堀 水運 河川舟運 運河 水路
溝渠 用水路 放水路 排水路 人造湖
貯水池 遊水池 調整池 量水標 ワンド

数値・統計

流域面積 河況係数 流量 降水量

法令等

河川法 治山治水緊急措置法 水質汚濁防止法 公害防止事業費事業者負担法 水資源開発促進法 水資源開発公団法 環境基準

学問

地理学 地学 土木工学 河川工学 水理学 水文学 環境工学 生態学 農業工学 農業土木

生活

漁撈 釣り 利水 水の危機 水利権 水争い 水郷 川遊び カヌー 渡し船 高瀬舟 沢登り リバーサーフィン(英語版) リバーボーディング(英語版)

現象

洪水 氾濫 鉄砲水 土石流 海嘯 ヘッドカット(英語版)

災害と治水

治水 水害 洪水被害 洪水予報 土石流被害 水死 水難事故 水不足 ダム 堤防

団体

日本河川協会 水資源機構 国土交通省
> 水管理・国土保全局

信仰

水神 川神

カテゴリカテゴリ コモンズコモンズ ウィキクォートウィキクオート

カテゴリ:

泉水環境地形水文学

案内メニュー

ログインしていません
トーク
投稿記録
アカウント作成
ログイン

ページ
ノート

閲覧
編集
履歴表示

検索

メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)

ヘルプ

ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ

印刷/書き出し

ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン

他のプロジェクト

コモンズ

ツール

リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用

他言語版

العربية
English
Español
हिन्दी
Bahasa Indonesia
한국어
Português
Русский
中文

リンクを編集

最終更新 2017年5月26日 (金) 15:13 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。

プライバシー・ポリシー
ウィキペディアについて
免責事項
開発者
Cookieに関する声明
モバイルビュー

Wikimedia Foundation
Powered by MediaWiki

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。