gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-06-18 15:38:49 | 日記
ホーム 交通アクセス サイトマップ ENGLISH
代表番号は、0823-22-3111、診療予約専用電話番号は、0823-32-1888、受付時間は平日8時30分から17時15分までです。

文字の大きさ変更
標準にする拡大するサイト内検索。検索したいキーワードを入力し、検索ボタンをクリックもしくはキーボードのエンターキーを押してください。

カスタム検索
検索
メインメニューです。
病院概要外来のご案内入院のご案内がん診療診療科・部門地域医療連携採用情報
ページの本文です。
消化器内科

現在のページ
ホーム診療科・部門消化器内科ページ内メニューです。
概要・特色診療内容・対象疾患スタッフ紹介外来診療日割表
概要・特色

消化器内科とは、消化管、肝胆膵疾患を対象とした診療科です。
当科では、それぞれの良性及び悪性疾患に対して、積極的な治療を行っています。

診療内容・対象疾患

対象疾患

食道、胃、腸のほか肝臓、胆のう、すい臓など普通お腹といわれる臓器の病気を扱います。がんが中心となりますが、良性の病気も同じような症状を示すのでその区別をすることが何よりも重要です。お腹の病気が疑われた時にはきちんと検査をして区別をしなければなりません。消化器内科では正確な診断と最先端の治療を行うことを心掛けています。
消化器疾患の診断と治療にはまず内視鏡(上部、下部消化管内視鏡、腹腔鏡)を利用します。内視鏡で直接病変を観察し、組織の一部を採取して顕微鏡による病理検査(生検)を行って初めて正確な診断ができます。がんであっても小さな病変の場合は内視鏡で観察しながら切除したり、薬剤を病変に直接注入して治療を行うことができますが、出血を伴う方法ですので繊細な注意を払いながら行っています。消化器内科でのこのような治療が不可能な場合は外科(消化器外科)に手術をして貰うことになります。
スタッフはそれぞれの専門分野を受け持っています。肝臓は、高野、河野(博)医師が担当し、消化管(食道、胃、小腸、大腸)を桑井、山口(敏)医師が、胆のう・すい臓を山口(厚)医師がそれぞれ担当していますが、複雑な病気の場合には相談しながら診療を進めています。

治療方法のご紹介

ウイルス性肝炎治療

現在当院においてはC型肝炎に対するインターフェロン療法や慢性B型肝炎に対する抗ウイルス療法に力を入れています。C型肝炎においては肝炎の持続により肝癌の発生をきたすことが問題でありウイルスを除去することもしくは肝炎を沈静化することが重要です。当科においては肝炎ウイルスの型、ウイルス量、年齢、性別などとともに経皮的肝生検による肝繊維化を評価し最適の治療を提供するよう心がけています。慢性C型肝炎においてこれまで難治といわれた1型高ウイルス量患者様においてもペグインターフェロン+リバビリン+テラプレビル3剤併用療法にて80%以上の方でウイルス排除が可能となっています。またウイルス排除がされないまでも肝臓の繊維化の進展を抑制する効果もあり抗ウイルス療法を受ける価値はあるものと考えます。
また、これまで抗ウイルス療法の効果が少なかった慢性B型肝炎に対してもラミブジン、アデフォビル、エンテカビルなど有効な抗ウイルス薬が開発、使用されています。これらの薬を駆使して肝炎を沈静化していくことで肝硬変への進展を抑えることを目標としています。また抗ウイルス療法でウイルスが排除できなくても肝炎を沈静化していくことで肝硬変、肝癌の発生を予防できます。また定期的な画像、血液検査を行うことにて肝癌の早期発見が可能となります。当院においてはダイナミックCTだけでなく昨今その有効性がさけばれているソナゾイド造影超音波やプリモビスト造影MRIを駆使して早期発見、治療を心がけています。

2012年度 C型肝炎に対する抗ウイルス療法導入(うち3剤併用療法) 80症例(70症例)
肝癌に対する内科的治療

肝臓癌に対しては切除が最も根治度の高い治療と考えられています。しかし、肝臓癌を患う方はもともとの肝臓の機能が低下しており肝切除に耐えられない場合もあり肝予備能を考慮した治療選択が必要です。
また、経皮的ラジオ波焼却療法(RFA)の出現により広範囲に正確に腫瘍の治療を行うことが可能となってきており症例によっては手術に匹敵する治療となると考えられています。当科においては個々の症例に応じて外科手術、肝動脈塞栓術(TAE)、肝動注療法(TAI)、リザーバー動注療法、RFA、エタノール注入療法(PEIT)のうち最適な組み合わせは何かを外科(消化器外科)、放射線科と蜜に連携して治療方針を決定しています。

2012年度

新規HCC患者数(手術症例含む) RFA TACE
64症例 102症例 250症例
内視鏡診断と治療

昨今どの施設にも内視鏡が導入され幅広い疾患の診断と治療に応用されています。胃癌、大腸癌の早期発見と治療(EMR ESD)、食道静脈瘤治療(EIS EVL)、内視鏡的胃婁造設(PEG)、消化管異物除去、消化管出血止血術、内視鏡的総胆管結石採石、内視鏡的胆道ドレナージなどです。
2012年度内視鏡検査数は、上部消化管内視鏡検査4346件、下部消化管内視鏡検査2627件、内視鏡的逆行性胆管・膵管造影345件、総計7318件でした。

内視鏡的食道・胃粘膜下層剥離術(ESD) 134症例(胃ESD 125、食道ESD 9)
内視鏡的大腸ポリープ切除術、内視鏡的大腸粘膜切除術、内視鏡的大腸粘膜下層剥離術 351症例
大腸ESD 33症例
食道静脈瘤硬化療法・結サツ術(EIS/EVL) 60件
内視鏡的消化管止血術 122件
内視鏡的胃瘻造設術 154症例
内視鏡的食道ステント留置 4症例
内視鏡的胃十二指腸ステント 4症例
内視鏡的胃大腸ステント 20症例
内視鏡的消化管異物除去術 23件
超音波内視鏡検査 151件
内視鏡的総胆管結石採石術 60症例
早期消化器癌に対する内視鏡治療

癌の治療は早期発見、早期治療が1番です。当院においては人間ドックを施行しておりませんが近隣の開業医の先生に発見していただいた早期癌もしくは当院にて発見された早期癌につき積極的に内視鏡治療を行っています。
近年、早期消化管癌(食道、胃、十二指腸、大腸)の大部分は内視鏡治療で根治可能であり、内視鏡検査・治療の需要は増加しています。早期消化管癌に対してITナイフ、SBナイフなどによる内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行っています。従来の方法であるEMRに比べ正確に病変を切除できることが可能で今後普及していくと思われます。当院では他施設と比べても多数例を経験しており安全で正確な治療を提供できるものと考えております。

小腸検査

胃十二指腸と大腸は通常カメラにて観察可能です。胃と大腸の間にある小腸という臓器は本来観察が困難な部位でした。近年、カプセル内視鏡や小腸内視鏡が開発され小腸の観察が可能となってきました。当院においてもカプセル内視鏡検査とバルーン内視鏡検査(シングル、ダブル)を行っています。

2012年度

カプセル内視鏡 バルーン小腸内視鏡
51件 30件
消化器癌に対する抗腫瘍療法

当科においては早期癌の治療のみならず切除不能進行消化器癌の治療も行っております。消化器癌に対する根治療法は外科的切除であることはいうまでもありません。しかし発見当初に他臓器に転移している症例や高度の局所進行をきたしている症例に手術を行うことは得策ではありません。このため外科医、放射線科医との詳細な検討にて手術適応を決定しています。胃癌、大腸癌の場合根治手術が不能な場合でも消化管通過障害の解除のため手術を施行することがほとんどです。しかし通過障害がなく手術適応でない場合には当科においても抗癌剤治療を行っています。膵臓癌、胆道癌の場合は切除不能時には当科において抗癌剤治療を行っています。

切除不能膵臓癌に対する治療

切除不能膵臓癌の場合には抗癌剤治療もしくは抗癌剤+放射線療法を行っています。抗癌剤治療に関してはジェムシタビン(GEM)単剤投与、S1単剤投与、GEM+S-1併用療法などを行っています。

切除不能胆道癌に対する治療

胆道癌についてはGEM+CDDPを中心にGEM、S-1、CDDPを単剤もしくは併用で使用しています。

胆石症治療(胆嚢結石、総胆管結石)

胆嚢結石症の場合は自覚症状がない場合は放置でよいというのが一般的です。症状のあるかたは治療の適応となります。治療の方法としては内服薬による胆石溶解療法、体外衝撃波結石破砕療法、胆嚢摘出術のいずれかが選択されます。前2者は石灰化の少ない(硬くない)結石で胆嚢機能が十分残っていることが適応でありまた治療に長期間(数ヶ月から数年)を要します。多くは胆嚢摘出術が選択されます。総胆管結石は胆管炎や膵炎のリスクがあり命にかかわるため症状がなくても治療の適応となります。治療法は内視鏡的採石術もしくは外科手術が選択されます。近年は侵襲の低さから内視鏡的採石術が第1選択です。採石術とはまず内視鏡的に十二指腸乳頭切開術(EST)もしくは十二指腸乳頭拡張術(EPBD)のいずれかもしくは併用にて胆道の出口を拡げます。その後総胆管にある結石をつかんで引っ張り出す(採石)というものです。

その他

当科におけるその他の診療内容を列挙します。
食道静脈瘤硬化療法、食道静脈瘤結さつ術
経皮的肝生検
内視鏡的胃瘻造設術
内視鏡的消化管出血止血術、消化管異物除去、消化管ステント術
消化管病変、胆嚢膵臓病変に対する超音波内視鏡検査、超音波内視鏡下生検
閉塞性黄疸に対する経皮経肝胆管ドレナージ・経皮経肝胆管ステント術
急性胆嚢炎、肝膿瘍に対する経皮経肝ドレナージ


スタッフ紹介

氏名 職名・免許取得 専門医、認定医等 得意とする分野

コウノ ヒロシ
高野 弘嗣 内科系診療部長
消化器内科科長
広島大学医学部臨床教授
医学博士
昭和59年 日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
広島大学医学部臨床教授 肝臓病、ウイルス性肝炎

コウノ ヒロタカ
河野 博孝 消化器内科医長
肝臓内科医長
平成5年 日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医 肝臓病

クワイ トシオ
桑井 寿雄 消化器内科医長
内視鏡センター長
臨床研修センター部長補佐
予防医学研究室長
医学博士
平成7年 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化管学会胃腸科認定医 消化管(食道・胃・小腸・大腸)

ヤマグチ アツシ
山口 厚 消化器内科医長
医学博士
平成8年 日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本胆道学会認定指導医
日本膵臓学会会員 胆・膵疾患

ヤマグチ トシキ
山口 敏紀 消化器内科医長
医学博士
平成10年 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化管学会胃腸科専門医・指導医 消化管(食道・胃・小腸・大腸)

イマガワ ヒロキ
今川 宏樹 消化器内科医師
医学博士
平成14年 日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化管学会胃腸科認定医、暫定専門医、指導医
カプセル内視鏡学会認定医
H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医 消化器内科一般
カプセル・ダブルバルーン内視鏡
小腸診療
ヘリコバクターピロリ

ニシムラ トモユキ
西村 朋之 消化器内科医師
平成24年 日本内科学会認定内科医 消化器内科一般

ミヤサコ ユキ
宮迫 由季 消化器内科医師
平成26年 消化器一般

スミダ ユキ
隅田 ゆき 消化器内科医師
平成26年 消化器一般

タカサゴ タケシ
高砂 健 消化器内科医師
平成26年 消化器一般

ミウラ リョウイチ
三浦 崚一 消化器内科医師
平成27年 消化器一般
外来診療日割表

医療の役割分担として、当院は高度医療・急性期医療を担っており、地域医療機関との連携を主眼において医療を行っております。本趣旨をご理解のうえ、『当院受診の際にはかかりつけ医からの紹介状のご持参』、『当院での高度及び急性期医療が終了した段階での地域の先生方へのご紹介』へのご協力をお願いいたします。
セカンドオピニオンを完全予約制でおこなっております。ご希望の場合は事前に地域医療連携室までご連絡ください。
※ 午後の診察は完全予約制となっています。
※ 休診の場合がございますのでこちらでご確認ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。