gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-07-11 12:06:55 | 日記
「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」

新概念「ロコモ」
「ロコモ」と「運動器不安定症」の違い
「運動器不安定症」とは
運動器を長期間使い続けるための新しい概念「ロコモ」

日本は世界にさきがけて高齢社会を迎え平均寿命は約80歳になっています。これに伴い運動器の障害も増加しています。
入院して治療が必要となる運動器障害は50歳以降に多発しています。このことは多くの人にとって運動器を健康に保つことが難しいことを示しています。

多くの人々が、運動器をこれほど長期間使用し続ける時代は、これまでありませんでした。
長期間運動器を使い続ける新しい集団の出現です。従来の運動器機能障害対策の単なる延長線上では解決がつかない時代を迎えたことを意味します。

新たな時代には新たな言葉が必要になります。
日本整形外科学会では、運動器の障害による移動機能の低下した状態を表す新しい言葉として「ロコモティブシンドローム(以下「ロコモ」)(locomotive syndrome)」を提唱し、和文は「運動器症候群」としました。
Locomotive(ロコモティブ)は「運動の」の意味で、機関車という意味もあり、能動的な意味合いを持つ言葉です。運動器は広く人の健康の根幹であるという考えを背景として、年をとることに否定的なニュアンスを持ち込まないことが大事であると考え、この言葉を選びました。

自分で気付くためのツールとして「ロコチェック(ロコモーションチェック)」と、ロコモ対策としての運動「ロコトレ(ロコモーショントレーニング)」のパンフレットを作成しました。

ロコモパンフレットのダウンロード
「ロコモ」を調べて予防しよう
一般の方へ
症状・病気をしらべる
専門医をさがす
よくある質問
ロコモティブシンドロームとは
骨と関節―電話相談室
日本整形外科学会の出版物
骨・軟部腫瘍相談コーナー
スポーツ医へのかかり方
運動器検診について
医学生・研修医の方へ
マスコミ・行政の方へ
「ロコモ度テスト」はこちら
専門医・認定医名簿
学術集会のお知らせ
TOPICS
研修会のお知らせ
関連学会・研究会のお知らせ
会員専用ページ
会員認証に関するお問い合わせはこちら
研修会オンライン申請
主催者の方はこちら
審査委員の方はこちら
サーバーメンテナンスのお知らせ
ページトップへ
Copyright(c) The Japanese Orthopaedic Association All right reserved.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。