gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-07-11 11:33:25 | 日記
千葉 医学 54 , 235〜241,1978〕
〔症例〕 教室 に お け る 切 断肢指再 接着 30 例 の 経験
一 * 井 上 駿








耐 筋


(嘴
ネ 夫







Keywords : 切断肢 指再 接着 microvascular surgery ・
1. は じ め に
1960 年 Jacobsont) ら に よ っ て 開発 され た 手 術用顕微
鏡 を 用い て の microvascular surgery は,外 径 11n 皿
以下 の 微小 血管吻 合を可能な もの と し,同時に 刧断 肢指
再接着の 技術を大き く進歩せ し め た 。不 全 切断 に対 し て
は 1962年 Kleinertら2)が用い て そ の 有用性 を示 した が,
本 邦 に お い て は 1965 年 ,世 界 に さ き が け て , 小 松 ・玉
井3 )が 完全 拇指 切断症 例 の 再 接着 に成功 し,以後今 日 ま
で 本 邦 は もち ろ ん,中国,ア メ リカ,オ ース トラ リ ア な
どで 多数の 切断肢 指再接着 手術が 行わ れ ,救急 四 肢 外傷
の 新 らた な 一分 野 と して の 地盤 を 確立 しっ つ あ る 。千葉
大 学整形 外科教 室 に お い て も,1975 年 6 月 よ り micr −
ovascular anastomsing の 技術を 導入 し,今 日ま で 30例
の 切断肢 指再接 着 を経験 す る こ とが 出来 たの で ,そ の 代
表的 症例 を供 覧 し, 合 わ せ て現在我 々 の 行 っ て い る切 断
肢指再接 着の 手 術手 技, 術 後 管理 お よ び そ の 適 応 に つ い
て 言及 す る 。
2 症 例
症例 1 ,16歳 ,男子
昭 和 50 年 8 月 5 目, ス ベ リ 台 の 手 摺 りに 右環指 を狭
み ,basalpharanx か ら引抜か れ た 切断指で , 近 医 に て
断端 形成術 を受 けた が ,患者 お よ び 家族 の 強 い 要 望 で 再
接着の た め来 院 し た。初診 時所 見 で は患 指 は extensor
tendon が約 20cm に わ た っ て 引抜 かれ, 断端 は比較 的
clear cut で あ っ た 。 た だ ち に 再接 着術 を施行 し,患指
の 固有掌側動脈 1 本 と背側皮静脈 2 本 を吻合 し得た 。術
後血 栓予 防 の た め heparin 15000単位/日,urokinase
図 1.症 例 1 16歳 ,男 性 。右 環 指 の 引 抜 き損 .
傷 に た い し 再 接着術 施 行 。さ ら に 6 カ 月
後 freetendon grafting を追 加 し て 現
在患 指 屈 曲 は fullrange で あ る 。 上 :
受 傷 時 中 枢 断 端 。 下 : 5 カ 月 後 の 生 着 状
態 を 示 す
18000単位 /日を20 日間投 与 し ,生 着 は 良好 で あ っ た 。
6 カ 月後 一次 的 に修 復 出来 な か っ た指屈筋腱 に た い し
freetendon grafting を追加 し ,現在患指屈 曲は fu11.
* 千 葉 大 学 医学 部整形 外科 学教 室
T ・・ n ・ ・ WATANABE ・Hit・・hi MIYASAKA ・Shuni・hi l球゜p移 .
T ・t・uy ・ TAM 岬 ・Hid・ ・ K?旦
AYASHI :
Replantation of Severed Iimbs and Digitsin 30 Cases: .
Department of Orthopedic Surgery, School of Medicine , Chiba University , Chiba 280L
Received for publication.June 15 , 1978 .
N 工 工 一Eleotronio Library
Chiba University
NII-Electronic Library Service
Chiba University
236 渡 部 恒 夫 ・他
図 2.症 例 7 3 歳 , 女児 。 ナ タ に よ り切 断 。
DIPJ は 固 定 さ れ て い る が知 覚 の 回 復 は
良好 で 機 能的 に も満 足 出 来 る Q 上 : 受 傷
時 。 下 : 術後 1 年 7 カ 月 の 生 着状 態 を 示

range で あ る (図 1 )。
症例 7 . 3 歳 ,女児
昭和 50年10月,ナ タ に よ り受傷 し た左 示 指 middle
pharanx の guillotine amputation で あ っ た。小児 の
た め切断 指末稍側 は非 常 に 小 さ く,再接着 は 困難 か と思
わ れ た が断 端 が clear cut で あ り,挫滅 も少 な い た め再
接 着 を行 っ た 。指 骨 を K −wire に て 接合 し,伸屈筋 腱 を
修 復 した後 に 固有 掌側指動脈, 背側皮静脈 お よ び paL
mar digitalnerve を 各 1本ず っ 縫合 し た 。動 脈外 径 は
約O.5mm ,静脈外 径 は約0.7m 皿 と細 か っ た が 吻合後 良
好な血流 を得 る こ とが 出来 た。 現在 術後 2 年 5 カ 月を経
過 する も生 着状態 ,知 覚の 回 復 と も に 良好 で ,目常生 活
に 支障 な く使 用 し て い る (図 2 )。
症例12.61歳, 男
昭和51年 5 月乾燥機 に て 作業 中, 回転 せ る fan に 左
手 を巻 込 ま れ 手 掌部 よ り切断 した症例 で あ る 。断端 は 比
較 的 clear cut で あ るが伸屈筋腱 群は 一塊 と して約 15cm
に わ た り引抜 か れ て い た 。再接着 に あ た っ て は先 ず 4 本
の 中手骨 を K −wire に て 固定 し, 伸屈筋腱群 を一塊 と
して 筋腱 移行部 に 縫含 さ らに 総掌側指神経 を 2 本 鋒合
し た 。動脈 は 浅 掌動脈弓お よ び 総掌側指動脈 を 5 カ所 に
図 3.症 例 12 61歳 ,男性。 手 掌部 切 断 の 再 接
着 例。 ・上 : 受 傷 時。 伸 屈 筋 群 は 一塊 と し
て 引抜 か れ て い る 。下 : 5 カ 月 後 の 生 着
状 態 で 目 常 生 活 で の 有用 性 は 高 い
て 縫 合 し, 背側皮 静脈 を 3 本吻合 して 良好 な 血 流を得
た。手術時 間は 10時間40分を要 し た 。現在術 後 1 年 8 カ
月を経過 し,示指 の two point discriminationは 14
mm まで 回復 し ,指の 屈.曲伸展 も良好 で あ る。日常生 活
で の 有用性 は 高 い (図 3 )。
症偵亅26,33歳,男
神 経縫 合 の 不 可能な場合に お い て 2 次的 に 知 覚再 建術
を行 っ た 症例 で あ る 。昭和52年 9 月,旋盤 に 手 袋が巻込
ま れ, 右拇 指 工PJ よ り引抜 か れ受 傷。 阻 血 時間 6 時間
で 動 静脈 2 本 ずつ の 吻合で 血 流 を再 開 出来 た 。しか し な
が ら両側 の 掌側 指神経 は 約 3cm に わ た り中枢 よ り引抜
かれ て お り, 一次的神経縫合は不可 能で あ っ た 。術後経
過 は順 調 で ,拇指 の 生着状態 も良好 とな っ た た め ,術後
45 日 目に 右環 指尺側 よ り neuro ・vascular island flapを
施行 し た。4 カ 月 を経過せ る現在,指先 知覚の switc −
hing の 困 難 さ は 残 存す る が tip pinch は 良好 で 元 業 に
復帰 し て い る (図 4 )。
3 , 考 按
我々 の 経 験 した 症例 は 全 30冽 (男23例, 女 7 例 ) で あ
る 。年齢的に見 る と最低 1 歳 4 カ 月 か ら最高68歳で ,種
N 工 工 一Eleotronio Library
Chiba University
NII-Electronic Library Service
Chiba University
教室 に お け る切断肢 指再 接着30例 の 経 験 237
図 4,症 例 26 33歳,男 性,知 覚神経 の 縫 合 が
出来 な か っ た 場 合 に neUrOVaSCUlar iS−
land flapに よ り 2 次的 知覚再 建 を行 な
っ た 例 。 上 : 受 傷 時 ,中 : 1 カ 月 後 の 生
着 状 態 。 下 : 2 カ 月 後 環 指 尺 側 よ り ne ・
urovascular island flapを 施行 し た
々 の 年齢層 を含 ん で い る。特 に 68歳 の 再 接着 例 は 高齢者
再接着 と し て は 稀 な例に入 る。部位的 に見 る と24例 が指
また は趾 で あ り, そ の うち 9 例 が複 数指損傷 で あ る。そ
の 他前腕部 の 切 断 ま た は血 管損傷が 3 例 , 手 関節部, 手 掌
部 お よ び 足 関節 部 で の 切 断が各 1 例 とな っ て い る 。指趾
切断に お い て vaScular anasto 皿 osing を施 行 し た もの
は30で あ り,合 計36部位で 再接 着術 を施行 し た こ とにな
る 。こ の うち術後 循環 障害 を来 た し再 度切断 し た もの は
10で ,現在 ま で の 生着率 は72 ,2% とな っ て い る (表 1 )。
切断 され た肢 指は 種 々 の 場所 で 受 傷 し運般 され て くる
が ,我々 の 経験 し た症例 で は動脈血 流 が再 開 される まで
の い わ ゆ る 阻血 時間 は,静 脈 吻合の み を行 っ た 1 例 を除
き,短 い もの で も 3 時間20分,長 い もの は10 時 間30分 に
お よ び,そ の 平均 は 約 7 時 間20分 を要 して い る 。し た が
っ て常温 下 で は 切断 肢指 に お い て不 可逆性 の 変 化が お き
て しま うが, COQIing を行 う こ と に よ っ て そ れ を防 ぐ
こ とが出来る 8・9・10)。そ の 運 搬,保存中の cooling の 方
法 と して 我 々 は 次 の 方法 を勧め て い る (図 5 )。す な わ ち
切断肢 指 を先 ず生理 的食 塩水 で 充分湿 らせ た ガ ーゼ で つ
っ み.さ らに その 上 を ビ ニ ール 袋 か ま た は ナ ラ ン ラ ッ プ
な どで 被い , そ れ を氷水 中に 入 れ て , 0°− 4 ℃ の 状態
に冷却す る こ と で あ る。こ うす る こ とに ょ っ て 切断肢指
内 で の 不 可逆性変化 の 進行 を か な り遅 らせ る こ とが出
来る と考え て い る 。 我々 の 経験 した 30 例の うち 11 例 が
cooling な しで 来院 して い る が,そ の うち の 7 例 は不 全
切断 例 で あ り, 完 全切断 で coeling の なか っ た もの は
僅か に 4 例 で ある 。 それ に対 し阻 血時問は殆 ん ど の もの
が 6 時間 を超 えて お り(表 1 ),cooling の 重 要 性 を充分
示 し て い る と い え よ う。 さ ら に 中枢断端 は 出 来 れ ば air
tourniquet を用 い て 止血 し, コ ッ ヘ ル な ど に よ る tr−
aumatic な止 血法 は 出来得 る か ぎ り避 け な く て は な ら な
い 。な お 不全 離断 の 場合 も こ れ に 準 じた処置 が 必 要 で あ
る 。
再 接着 に 要 した 手 術時 間 は 最短 2 時 間30分 か ら長 い も
の で は 手掌部 切断 の 1備 糊 40分 で あ り,平均 5 時 間30分
と長時 間 を要 して い る (表 1 )。
〔再 接着手 術 の 実際 〕
切断 指再接 着 に さい し て 我 々 は次 の よ う に 行 っ て い
る。ま ず術者は 中枢断端 と切断指 とに わ か れ ,それ ぞれ
の brushing, debride皿 ent を充分 に 行 い .切 断 指 の 主 な
血 管 ・神 経を鏡視下 に確認 し,縫 合糸 に てマ ーク をつ け
て お く。原則 と し て 切断 指 の 灌流 は 行 わ ない 。次 い で 骨
接合 を主 に Kirschner −wire で 行 い ,伸屈筋腱 群 を 出来
るだ け 一次的 に縫合 した後血 管縫 合 に うっ る 。血管縫 合
は 必 らず動脈か ら行い ,動脈血 流再 開時 に one shot で
heparin 3 ,000単位 を静注 し,
’し ば ら く静脈 よ り出血 さ
せ た と こ ろ で , 最 も強 く出血 し て い る 静脈を 出 来 れ ば 2
本 以上 吻合す る 。掌 側指神 経 の 縫 合 で は ほ と ん ど片 側 の
み縫 合 して い るが , 知覚の 回復は 程度の 差は あ っ て も全
例 にみ られ て い る。小 児 お よ び 末稍 で 切断 さ れ た もの ほ
ど回復 が 速 か で あ る 。手 指 に お い て は 知覚の 獲 得 が不 可
欠 で あ り,神経 縫合 を一期的 に行 うべ きで あ る が ,縫合
N 工 工 一Eleotronio Library
Chiba University
NII-Electronic Library Service
Chiba University
238 渡 部 恒 夫 ・他
表 1. 再 接 着 手 術 を 行 っ た 症 例 (全 30例 )。 予 後 に お け る 「生 」 は 生 着 , 「切 」 は 再 切 断 を行 っ た も の 。
( )は 不 全 切 断例 で あ る 。
症 例 藷性
1234567890123
11


・14
接 着 部 位



















































景・







蠡・

墨・















































ffm

mfm

m


f
1633402468193321517615323
f
mmfmmmmm

mm


m
fm
40
18233774613211
362734
334541
3641

WIKT

K

K


8

TSTMTT

M







R
α



K

TKO
SKS
KK
M

8MK


MK
IKS
THS
KH
受傷年 月 日
昭 和 月 日.
111L1222 56789012
50. 8 . 5
8 ,22
8.31
9.18
9.19
10 . 9
10 、13
10.23
10.29
51 . 1. 8
1. 6
5.26
3.29
8.28
Cooling
222345
2627

9023
9. 1
9.21
10.21
11. 1
11.18
12.27
52. 1.11 1
1.151
4.285
.268
.23
9. 511
.2712
.13
53. 1.11
1.26



















阻 血 時 間
9時 間
76
.5670710
.5104
.57
.578
6.5
9.5884
.556
.556
887
6.33
.38
.710
,59
.58
.5
手 術 時 間
6時 間20分
6355
303
404
409
4072
45
10 4088
30
6 30
34423444 300FDOO
443」
0尸
30
5 155
256
40
6 302
209
40
5 055
22
予 後



















生゜
















出 来 な い 場 合 は先述 した neuro −vascular islandflapな
ど の 方法 に よ り知 覚を再 建す る必 要 があ る (表 2 )。
〔血 管縫合 〕
微小 血 管縫合 に 際 して は binocular microscope が必
要 で あ り, 教室 で は Zeiss社 の OpMi ・1 型 を使 用 し,
拡 大率 は 通 常10− 25倍 で 行 な っ て い る (図 6 )。縫合糸 は
Crown 社製 monofilameht 針付 ナ イ u ン 糸 D −Y 10−0
を用 い ,鑷子 は Dumont 社製 3c お よび 5 を使 用 して
い る 。血 管吻合 で は 先ず 掌側指動 脈 を よ く剥離 し て 露 出
し ,っ い で micro −double clip1 を か け て 断端 を固定 接
近 させ (図 7 ),内腔 に入 り込 ん だ 外膜 に たい
』し て 最 小限
の adventitectomy を 加 え (図 8 )∫ さ らに 内腔 を 1,000
単位1dlの heparinを 加 え た低 分子 デ キ ス ト ラ ン 液で .
洗浄 し,Cebet亡6)の 露 ymmetr 三c biangulatienに よ る.
stay suture を行 う。外 径 lm 皿 位 の 動 脈 で は 表側 に 4
針 か け , つ い で clip ご と裏 返 して 縫合 を加 え , 全 部で
N 工 工 一Eleotronio Library
Chiba University
NII-Electronic Library Service
Chiba University
教室 に お け る切断肢指再 接着30例の 経験
1239.
”c.t ’
表 2. 切 断肢 指 再接着 の 術式
ユ・ 生 気 駆 血 帯 装 着
2 . 創 の 洗 浄 ,debridement
3 . 骨 の 短 縮 ,固 定
4 . 伸筋 腱 縫合 ,屈 筋腱 縫合
5. 動脈 吻 合
6 , ヘ パ リ ン 投与 ,駆血 帯解 除,血 流再開
7 . 静脈 吻 合
8 . 神 経 縫 合
9 . 皮 膚 縫 合
図 5,運搬 中の cooling の 方 法
図 6.zeiss 社製 手 術 用 顕微 鏡 を 用 い て 再 接 着
手 術 を 行 な っ て い る と こ ろ 。 assistant
scope は 単 眼 で あ る
8 〜9 針 が等間隔 で か か る こ とが 望 ま しい (図 9 )。静脈
吻合 は背側 皮下静 脈 を主 に 行な うが, 血 栓形成を来 た し
易い た め出 来 る か ぎ り愛護的に扱か い ,縫合 も最小 限に
と ど め ,糸 も浅 くか け る よ うに注 意 して い る 。 また術者
の 技術 と体 力が 許 せ ば ,2 − 4 本 の 静脈 吻合 を行 っ た方
が術 後 の 循環 状態 は 良 い と思 う。不 全切 断 で 皮膚 の 一部
が残存 して い る場合に は, 有効な静脈環 流路 とな り得 る
図 7.micro −doub工e clip を用 い て 亅虹管 の 断
端 を固 定 接 近 させ る 。clip の 1 目 盛 は
1mm で あ る
図 8.adventitectomy (内腔 に 入 りこ ん だ 外
膜 の 切 除
の で 生着 の 確 率は 高 くなる と考 え られ る。
〔皮膚縫合〕
切断 ・挫滅損傷 され た組 織 は術後 に必 らず 浮 腫 ・腫 張
を生 じ て くる の で ,皮膚縫 合 に さい して は皮 膚 の 緊張 を
出来 る だ け 少な くする とい うこ とが 要 点 と な る 。 特 に
N 工 工 一Eleotronio Library
Chiba University
NII-Electronic Library Service
Chiba University
240 渡 部 恒 夫 ・他
図 9.縫 合 が 完 成 し た と こ ろ 。 約 1.2mm の 外
径 の 脈 動 に た い し11針 の 結節縫 合 が 行 わ
れ て い る
挫滅の 強い もの は, 無理 に一次的皮 膚閉鎖 を行わ ず,積
極的 に 中間 層皮膚 移植 な どを行 うこ とが必 要 で ある 。 皮
下血腫 な どの 形成 に よ り縫合 し た血 管が圧 迫 され, 血 流
が 阻害 され る場合 もあ る の で 数カ所 の drainageを行 っ
て もよい 。ま た 創 閉鎖 後 も皮膚の 緊張 が強 い よ う な ら
ば , 1・一・数 ヵ所 の 抜糸 を行 っ て 緊 張 を ゆ る め ,同時に 内
部 に血腫 を生 じ な い よ うに 注意 しな くて は な らな い 。皮
膚縫合後 は バ ラ ガ ーゼ を用 い た bulky dressingを行
い ,外 部か らの 圧 迫が直接加 わ らな い よ うにす る と同時
に 創部 よ りの 出血 を充分 に drainage して や る 。患 肢 は
ギ プ ス シ ーネ に て 固定 し, 挙 上 位 を保 つ こ とは 勿論で あ
る 。
〔術後管理 〕
術 後管理 の 要点は 吻合 し た血 管 の 血 栓形 成を予防す る
こ とに あ る。 O ’Brien らT )は ア ス ピ リ ン , ペ ル サ ン チ ン
な どの 経 口 投与 に よ り管理 して い るが,我 々 は 原則 と し
て 成人 の 場 合 1 日あ た り urokinase 1,800・−3 ,600 単位
と,heparin15, 000単位を低分子 デキ ス トラ ン 500m1 を
含 む 点滴 1, 500ml に て 持続的 に静脈 内注入 して 管理 して
い る。 即ち 点滴500m 王あた り Urokinuse 6000 − 12000
単位 と heparin5000 単位 を静注す るわ け で あ る。 その さ
い に infusionpump を用 い る こ とに よ り,注 入 速度 を
一定に する よ うに心 掛 けて い る。 こ れ ら抗凝固剤 は そ の
効果に 個人 差が 大 き く,使用す る量 に関 して 明 確 な指 標
は な い が ,我 々 は 比較 的容易に行 い 得る Lee −White 法
に よ る coagulation time を指標 とし,こ れ を20N30 分
台 に 延長 させ た状態 を少 な くと も 1 週間 は 維持 出来 る よ
うに 調節 して い る。 ま た 静脈環流 の 悪 い 症例 で は特 に抗
凝 固剤 を多 くして 創部 よ り出血 させ ,静 脈血 の drain・
age を は か っ て や る の が よ い 。し か し なが ら我 々 は 再接
着術 後 の 管理 に は 線維 素溶解酵 素 と し て の urokinase
の 作用が最 も重 要で あ る と考 え て い る。 我 々 は成 人 で
36 ,000単位/日使用 し て い る が,そ の 意 義 として は fib−
rln , fibrinogenの 高 分子複合体 を溶解 させ る こ と に よ
っ て 血液の rehelogical な性質を変 え,血液循 環 を改 善
させ る こ と で あ り,一度形成 され た血 栓 に対 して も積極
的 に こ れ を溶 解 させ る 作用 の あ る こ と で あ る 。我 々 の 症
例 で も 4 例 は urokinase の 投 与 の み で 管理 され て い る
が,い ずれ も生着 し て い る 。
〔後療法 に つ い て 〕
機 能訓 練 は 出来 る だ け早 期 よ り開始す る の が望 ま しい
こ と は 勿論で ある が,血 管や腱 の 縫合 不全 を惹起 す る恐
れ もあ り, 充分 な 注意 を 必 要 とす る。我 々 は,症 例 に も
よ る が ,術後 1 週 間 は医師に よ る他 動運 動の み と し, 2
週 目よ り薬浴 中 自動運 動 を 医師監督 下 に 徐々 に 開始 さ
せ ,術 後 3 週 目よ り積極的 自他動 運動 を開始 し て い る。
しか しなが らこ れ まで 我々 の 経験 した 症例で は, 全 て 充
分 な機能 的予後 を獲得出来 た と は い い 難い の が現状で あ
り, 機能再 建 の た め に は 今 後人 工 腱 を応 用 し た 2 次的腱
移植, 人工 関節な どの 積極的機 能再 建術 を と り入 れ て ゆ
くぺ きと考 えて い る。
〔再 接 着の 適応〕
再接着手 術 は 多大の 時間 と労力 を要 し ,ま た 単 な る 断
端形成術 に 比 較 し 社会復 帰 ま で 長期 入 院 な ど の 制約 を
うけ,し か も機 能的 に は 尚不充分な点 を残 し て い る 。
したが っ て 我々 は再接着の 適応を次の よ うに して い る。
す なわ ち 絶対的適応 を有す る もの は 多数指 の 同時損傷や
拇 指 中枢部で の 切断 お よび手 掌 ・前 腕 ・上腕 で 切 断 され
て い る もの で ある 。特 に 多数指損傷で は拇 指 ・中指 ・環
指 に 再接着の 適応 が あ る。単 指切 断 で は示 指の み で は 適
応 は ない が, 中 ・環指 中枢部で の 切断は 適応の 認 め られ
る 場合 もあ る 。し か し 女性 ・幼小 児で は 示 ・小 指の み で
も再接 着 した 方が望 ま しい e 適 応 の あ ま りない もの とし
て は ,i)挫滅が高度で 機能的 予 後 が 全 く期 待出来 な い
もの ,三i)断 端 以外 に も挫滅 が あ り, 軟 部損傷 の 高度 の
もの ,また は 引抜き損傷, iii)爪床部よ り末稍で 切 断 さ
れ た場合 (こ の 場合 指先 は composite graft と して 生
着す る可能性が あ る )な ど で あ り, 手 術 時間 が長 くな る
た め高齢者や 呼 吸 ・循 環系 に 基礎疾患 を 有す る もの や,
消化管潰瘍 な どの 既 往の あ る もの も適応 外 とな る 。し か
し なが ら こ れ らの 適 応外 め もの で も患 者や家 族の 強レ)要
望 が あれ ば積極的 に 試み るべ きだ と考 え て い る。 現在我
々 の 経験 した 範囲で は 日常生 活 に お け る手 指の 機 能 を完
全 に 再建 出来 た とは い い 難い が,一度切 断 され た 肢指 に
た い して は 再接着を行 う以外 に は完全 な 伯 分の肢指

N 工 工 一Eleotronio Library
Chiba University
NII-Electronic Library Service
Chiba University
教室に お ける 切断肢指再接着30例の 経験 241
を作 る 方 法 は な い し, そ の 点に 患者の 最 も強い 満足 感が
あ る こ と は 強調 さ れ ね ば な らな い 。
mental or clinical apPli とation of microvascular
surgery were discussed.
4. お わ り に
切 断肢指再 接着お よ び micro ・vascular surgery に っ
い て 我々 が経験 した 症例 を中心 に報 告 した。 こ こ に示 し
た 微 小 血 管吻合 の 手 技 は現 在 臨床 的 に も実 験 的 に も広 い
分野 で応 用 され て お り, 今 後 もさ らに 拡大 し て ゆ く も
の と 思 わ れ る 。我 々 も今後 切断肢 指再 接着 の み な ら ず
toe−to −thumb transplanation ,vascularized 正〕one gra ・
fting,free muscle grafting な どの 新 しい 応用 分野 に
積極 的 に 取 組 ん で ゆ き た い と考 えて い る 。
(稿 を 終 る に あ た り 皿 icro・vascular surgery を御指
導 頂 き ま し た 奈 良 医 大 整 形 外 科 増 原 建 二 教 授 , 玉 井 進 講
師 お よ び microsurgery グ ル ープ の 皆 様 に 深 謝 致 し ま
す 。
SUMMARY
Microvascular surgery has been practised in
the Department of OrthopedicSurgery of Chiba
University Hospitalsince 1975, and the firstsuc −
cessful replantation of a completely arrlputated a
ring fingerof a 16・yeapold 1〕Qy was perfor皿 ed
in August 1975 .
Up to Apri11978 ,
we have had 30 cases of
severed limbs and fingers,including complete or
incompIeteamputations of 30 digits,amputation
Qr vascular injury of 3 forearms,
and each case
of complete amputation of wrist , 皿 idpa1皿 ,
and
ankle .In these cases ,8digits ,a forearm and an
ankle failedto replant .The 丘nal success rate of
our replantation was 72.2per cent .
We presented4 typical cases of replantation .
Our 皿 icrosuturetechnique was described,
and
the indication of replantation and the experi 一
文 献
1)Jacobson,J.H .and Suarez,E .L .: Micr−
osurgery in anastomosis of small vessels .
Surg.Forum ,11 , 243−245,1960.
2)Klelnert, H ,E .and Kasdan, M .L .: Ana −
stomosis of digitalvessels .J. K 二entucky
Med .Ass.63,106−108,1965 .
3)Komatsu ,S .and Tamai ,S .: Sucessful re −
planationof a cornpletely cut ・off thumb .P1・
ast .and Reconst。Surg.42, 374−377 , 1968 .
4) Acland,R .: Prevention of thrombosis in
microvascular surgery by the use of magn ・
esium sulphate .Brit.J.Plast.Surg .25,
292−299,1972.
5)Tamai , S ,, Sasauchi,N .,Hor 三,Y .,Tatsumi,
Y .and Okuda , H .: Microvascular surgery
in orthopaedics and tranumatoloy . J.Bone
and JointSrg.54−B ,637−647,ユ972 .
6) Cobett,J.R : Small vessel anastomosis .
Brit.J.Plast.Surg.20, 16−20, 1967.
7)O ’Brien , B .M .,MacLeod ,A 、M ,,Miller,
zg ,d.h., Newing , R .K ., Hayhurst, J.W .
and Morrison , W .A ,: Clinicalreplaritation
of dlgtis.Plasし and Reconst .Surg .52,490−
502, 1973 ,
8)玉 井 進 : Microvascular surgery . 臨床 整形
外科 9, 47−53,1974 .
9)玉 井
’進,保利 喜 英,龍 見 良隆,奥 田 寿夫 ,中
村 義弥,三 井 宜夫 : 切 断指再接着の 現 況 医学
の あ ゆみ 90,71−76,1974.
10)生 田義和 : 上 肢 に お け る 血管 損傷の 処 置 と切断
肢 再 接着 に っ い て 手 術 28,1323−1330 ,1974.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事