gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-07-11 12:17:04 | 日記
切断指の適切な処置について
切断された指は、

温めない
乾かさない
汚さない
ことが重要です。

切断指は、まず湿ったガーゼで包んでからビニール袋に入れます。さらに、そのビニール袋を外側から氷で冷やした状態で保存することが万全の方法です。冷凍保存は、凍傷により組織を損傷するため避けて下さい。

次に、手術開始時間を遅らせないことが必要です。これまで、切断後24時間以上放置された指の再接着に成功した例も数多く報告されていますが、指の切断後は、切断指に適切な処置を行った後、できるだけ早く設備の整った病院に連絡をして下さい。

Pagetop

2. 手術方法
断端部の挫滅された部分を切除します。次に、骨の固定および腱の縫合を行い指の全体的な形態を復元します。さらに、手術用顕微鏡を用いて、神経と血管(動脈と静脈)を順次縫合します。神経では、神経線維束を正確に縫合して術後の知覚回復を計ります。また、血管の縫合は、切断指に血行を再開させるため特に重要です。これらの神経や血管は、直径が0.5mmから1mmと極めて細いため、顕微鏡を使って組織を10倍から20倍に拡大した上で、特殊なピンセットと縫合糸を用いて縫合します。

このような微小血管外科のデリケートな手術操作により、元来の指機能と形態が再獲得できます。

Pagetop

3. 再接着ができなかった場合の各種再建法
切断指の状態が悪く(例えば、挫滅が強い場合や、切断された指が見つからない場合など)再接着が不可能な場合や再接着が不成功となった例では、断端形成をせざるを得ない状況もあり得ます。

このような場合の再建方法として、後日、断端形成された手指に足指を移植(部分もしくは全体を必要に応じて選択する)して、良好な知覚と形態を有する手指再建法を選択することも可能です。この場合、足の機能障害は最小限にとどまり、歩行障害は生じません。再建時期については、随時可能ですので、専門医にご相談下さい。

Pagetop

切断指の適切な処置について
手術方法
再接着ができなかった場合の各種再建法
学会紹介
役員紹介
各種委員会
専門医
会員一覧
評議員選挙
認定施設一覧
日形会誌【投稿・査読】
学術奨励賞論文
学会情報
リンク
申請書類
住所変更
形成外科で扱う疾患
【2008年度版】
新鮮外傷、新鮮熱傷
顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷
唇裂・口蓋裂
手、足の先天異常、外傷
合指症
多指症
その他の四肢異常
切断指再接着
手指外傷・変形
狭窄性腱鞘炎
ガングリオン
デュプイトラン拘縮
その他の先天異常
母斑、血管腫、良性腫瘍
悪性腫瘍およびそれに関連する再建
瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド
褥瘡、難治性潰瘍
美容外科
その他
手技に関して
形成外科医・女性医師応援団
会員専用ページ
会告
東日本大震災について
会員の方へ過去のお知らせ
一般の方へ会員の方へ研修医・医学生の方へHOMEお知らせ事務局情報プライバシーポリシーサイトマップ要望箱・お問い合わせJSPRS Japan Society of Plastic and Reconstructive SurgeryCopyright © JSPRS All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。