でぶぶろぐ

沖縄生まれ、小田原在住。
40台後半戦のでぶの私のゆるゆるな日々。

金曜日のタイムトリップ

2017-07-22 00:54:03 | Weblog

久しぶりに友達と秋葉原をぶらついてきました。

最近とみに歩かない私も、東京に出ればあっという間に一万歩越え。

まあ今日の場合、7000歩はヨドバシカメラの中だったんですが。

だって暑いんですもの

 

さて、アキバのヨドバシ文具売り場にあるシャチハタの棚は

沖縄苗字が大変充実。

東京在住の沖縄県民の皆さん、ここにありますあなたのハンコ。

 

さて、夕方になって仕事帰りのダンナと合流。

ものすごく久しぶりに神田へ。

駅を降りて待ち合わせのお店に向かうと、

駅に向かってサラリーマンの人波。

ああ、金曜日の夕方ってこんな感じだったっけ。

 

金曜日の夕方、働くひとたちの表情は

解放感というより

 

ああ、今週も終わったなぁ、やれやれ

 

というため息と安堵が入り混じって、少し柔らかい。

 

お店でビールを飲みながら、

周りの人たちのざわめきを聞く。

リラックスしながらも

まだ話題は仕事のことが多くて、

ちょっと会社を引きずってるかな?

 

食事をしてから2件目に移動。

お酒が入って、街をあるく人たちが

だんだん賑やかになっていく。

 

久々に「サラリーマン呑み」の中に入った感じ。

こんな金曜日、懐かしい。

ちょっとしたタイムトリップでした。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プールのおまめさん

2017-07-12 00:17:38 | Weblog

子供のころから体育が苦手である。

他の科目は若干の変動があったが、

体育だけは不動の「2」。(休まなかったことでかろうじて1を逃れている)

 

1年生の時の行進で右手と右足が同時に出て

(今でも時々やる)

ドッジボールでは誰よりも早くぶつけられ

生まれてこのかた逆上がりに成功したことがなく

(たぶん一生回れない)

6年生になって初めて跳び箱の飛び方を体で理解した。

(が、5段が最高記録)

こんなワタクシが、いませっせとプール通いをしています。

 

といっても、何をやってるかっていうと

水中ウォーキング。

ただただ、プールを端っこから端っこまで歩く。

でも、ちゃんと教えてくれるセンセイがいて(レッスンがある)

もも上げしたり、大股歩きになったり、カニ歩きしたりと

バラエティに富んでてなかなかオモシロイ。

何よりも、やっぱり水中は体が軽いので

陸上よりはちょっと軽やかな気分になって気持ちいいのです。

(プールから上がった時の重力ハンパないのですが)

 

ところで、時間帯が時間帯なので(平日昼間)

一緒に歩いているメンバーは年齢的にウチの母というか祖母というか

まあかなり年長さんで

 

その皆さんと歩いていて

どんどん抜かれていく私。

ベテランズをなめてはいけない。

 

やっぱり体育系では、永遠におまめさんな私。

いいの。楽しいから。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めての七夕まつり

2017-07-07 18:36:38 | Weblog

小田原に10年以上住んでいますが

箱根とか湯河原とかご近所のいろんなところに意外と行ってない。

 

これも今まで行ってなかった。

ひらつか七夕まつり。

 

いつも金曜日の夜になって

「あれ?今日人多くない?あっ七夕か」って気づく祭りでしたが

今年は行ってみよう!

でも夜は大混雑だから、お昼デビュー。

キャラものもあり

 

ニュース要素も。

 

 

ネコバス!

 

天気はいいけど、風が吹くたびに

七夕飾りがさらさらとたなびいて

暑さがひく瞬間。

 

夏が来ましたね。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日かあさん終了

2017-06-27 11:11:28 | Weblog

西原理恵子が“卒母” 漫画「毎日かあさん」足かけ16年の連載を終了

月曜日の新聞を見てうるうる。

 

 

 

20年以上サイバラのファンですが

この人はホントに波乱万丈の生きざまで

どこに向かうかがまったく予測できず。

 

いま、このときに

サイバラがここにくるとは、という思い。

 

ひとにはひとの数だけ生き様があるけど

このひとの生き様は

今なお、たくさんのひとを元気にしています。

 

 

お徳用 毎日かあさん 1+2巻
西原 理恵子
毎日新聞出版
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はるみちゃん引退

2017-06-19 00:27:28 | Weblog

「はるみが閉店する」

というニュースがFacebookを駆け抜けた。

 

大井町(神奈川のね)R255沿い、

高速道路に入るちょっと手前にあるドライブイン。

 

ドライブイン、という言葉がすでに昭和なのですが

店構えも昭和でたいへんワタシ好み。

 

品ぞろえの豊かさもうれしい。

ドライブインだから高速のインターみたいにちょっとしたお菓子売り場もあったりします。

 

 

子供のころに使ったドライブインと同じ空気感があって

(沖縄の皆さん、恩納村の「シーサイドドライブイン」本部町の「ふりっぱー」あたりをイメージしてみてね)

ほっとするお店だったのですが

6月20日で閉店することになったそうです。悲報。

 

地元のFacebookグループでこのニュースが流れると

何人ものメンバーが来店して

お気に入りのメニューを掲載していました。

 

ということで、我が家もさっそく。

ダンナは海鮮丼。付け合せのおそばがウマい。

 

私はトンカツ定食。ロースの脂身が程よくてコロモが香ばしい、懐かしい味のトンカツ。

ソースの入れ物も泣かせる。

あっ、レバニラも美味しいんだよね。

 

日曜日の店内は家族連れが多くて、

それぞれに「はるみの思い出」を語っていました。

お店が終わる前に行けてよかった。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水きよき里の

2017-06-14 23:37:59 | Weblog

近くでやってるのに、実は行ったことなかった。

開成町のあじさい祭り。パンフの表紙がかわいすぎる。

小田原城の紫陽花とはまた違った味わい。

田植えを終えたばかりのなめらかな水面と、紫陽花はよく似合います。

足元をきらきらと澄んだ水の流れ。

水きよき里の、初夏を告げる花の祭り。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弘前を歩いてきた

2017-06-04 00:45:49 | Weblog

おっと、気が付いたら6月でした。

 

先週末、弘前に行ってきました。

弘前にはダンナ様の弟一家が暮らしています。

前に行ったのは家族の顔合わせの時。5年ぶりに訪れました。

 

今回はちょっと時間があったので、

ダンナと二人で弘前の街をぶらぶら。

 

ホテルがある土手町の付近は、

古い町並みで大変好み。

 

↑土手町の商店街は、こんな看板が各店にあってカワイイ。

夕暮れになるとまたイイ感じ♪

2日で3万歩歩いちゃったよ!(最近平日は3ケタ歩数の私が!)

 

さて、今回の弘前訪問の大目的。

 

Welcome New family

 

甥っ子が増えました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カール・ショック!

2017-05-25 23:07:09 | Weblog

売り上げ減、明治「カール」東日本で販売終了へ

Twitterで騒ぎになっているようですが

私も衝撃がとまりません

 

17年前に東京に出てきたときに

スーパーに「チーズあじ」しか並んでいなかったことに衝撃を受け

沖縄から出てくる人たちに

カールのうすあじを買ってきてくれ 

と頼み込み、意図を理解してもらえず

ゴーヤーチャンプルー味が届いて涙したこともありました。

 

それと同時に

明治製菓の懸賞に応募する際は

「うすあじの関東地区販売をお願いします」

地道な招致活動も続けておりました。

 

最近は小田原のスーパーでも

気軽にうすあじが手に入り喜ばしく

日々サクサクと楽しんでいた矢先にこのニュース。

また沖縄に帰るたびに個人輸入かい!

 

この寂しさ、うまい棒では埋められないのよ。

 

 

明治 カールうすあじ 68g×10袋
明治
明治

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨だから、薔薇を見に。

2017-05-14 01:17:10 | Weblog

ゴールデンウィーク明けの1週間を終えて、最初の週末。

雨の中、小田原フラワーガーデンにバラを見に行きました。

太陽のもとで輝く花も好きだけど

雨にぬれる花のあざやかさも捨てがたい。

 

 

花の香りを含んだ、しっとりした空気に包まれながら短い散歩。

早春に花をつけていた梅、今は実りを迎えてずっしり。

 

雨に洗われて緑の輪郭がくっきりしてきました。

初夏ですね。

 

紅茶と薔薇の日々: 森茉莉コレクション1食のエッセイ (ちくま文庫)
早川 茉莉
筑摩書房

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すーちゃんの恋

2017-05-10 01:31:28 | Weblog

時系列では先ほどのブログの続きです。

 

桐生の本屋さんで、

「すーちゃんの恋」の文庫を購入。

 

この前に出ていた「すーちゃん」をかなり前に読んでいて

自分を変えたい、と思い、悩みながら暮らしているすーちゃんが

なんだかリアルでいいなあと思っていました。

カフェ店長から保育園の給食係に転職したすーちゃん、

給食を食べてくれない子供への思いをこんな風に語っています。

 

食べない子なりの理由というか

こだわりとゆうか

その子の中にあるそうゆうところも

輝いて見えることがあるんです

 

自分が作った給食を食べてくれない子供の存在を

こんな風に受け止められるすーちゃん。

 

前作ではああでもない、こうでもないと

ちょっと考え過ぎの感があったのですが

その考えの深さが、かえってすーちゃんのふところを深くしたというか。

 

ちょっと感じ入った本でした。

 

すーちゃんの恋 (幻冬舎文庫)
益田 ミリ
幻冬舎

 

すーちゃん (幻冬舎文庫 ま 10-2)
益田 ミリ
幻冬舎

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バックナンバー

カレンダー

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • RSS1.0 RSS2.0

メッセージ