riding record

30の手習いで始めた乗馬の記録

195鞍目

2006-10-06 07:46:16 | 乗馬日記
2006年 7月 9日(日) 天気:小雨 レッスン名:ステバイ馬場 馬匹名:小雪

顎を譲ってもらう事を考えすぎて、小雪の体全体の動きを考えていませんでした。

前躯と後躯の動きがつながっていない→動きがバラバラ→当然顎なんて譲ってもらえない

反対姿勢での運動も腰が内に入らず、もうバラバラ、、、

もっと、全体を考えなきゃなぁ~
コメント (36)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

194鞍目

2006-10-06 07:45:46 | 乗馬日記
2006年 7月 9日(日) 天気:小雨 レッスン名:初級馬場 馬匹名:スライトエルフ

この日は、Si指導員がお出かけのためM指導員が代打です。
M指導員は今年から指導員になられた期待の若手です。
普段、女性や年下の人から『指導』してもらうことの無いおいらにとっては新鮮な感じです(^^

朝のレッスンで教えてもらった『座骨』を意識して騎乗しましたが、上手くいってないようです。(--;
まあ、そんなに簡単に掴めるようなもんではないか。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

193鞍目

2006-10-06 07:45:14 | 乗馬日記
2006年 7月 9日(日) 天気:小雨 レッスン名:初級障害 馬匹名:レティス

レティスでの障害は初めてでした。
レティスはのめってしまうらしいので、起こし気味に乗ることを意識してみます。

この日は、連続障害を使っての練習です。
ひとつ目の障害を飛んだ後にしっかりとお馬さんを戻してしてから次の障害へ向かって行く事と、馬体が水タンクだというイメージを持つようにして練習しました。

最初のうちは、はじめの障害を飛んだ後戻しきれず(いつもの様に)2つ目の障害に突入してましたが、おいらが思ってるよりも強めに戻してみるといい感じでした。
どうも加減が、わかりません、、、

まあ、レティ坊で障害を飛べて楽しかったです(^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

192鞍目

2006-10-06 07:44:37 | 乗馬日記
2006年 7月 9日(日) 天気:曇 レッスン名:障害(乗馬学校) 馬匹名:フィリカ

え~っと

この日のノートをそまま記載します。


『馬体を内側へ傾けてのらない…

外方の座骨を使って蹄跡を進み方向転換する時に内方の座骨と脚と手綱で方向転換する。』


う~ん、、、
馬体の歪みや後躯の動きについてもっと感じ取れるようになりたいです。。。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

191鞍目

2006-10-06 07:43:50 | 乗馬日記
2006年 7月 2日(日) 天気:雨 レッスン名:障害(乗馬学校) 馬匹名:ミラーズライト

雨です、、、
土砂降りです、、、(ToT)

前に雨の中使って大変な思いをしたのでMy鞍は温存して、久々にクラブの鞍を借りました。(^^;
でも、この大雨のおかげで、マンツーでレッスンを受けられました(^^)v

ミラーズライトは、なかなか顎を譲ってもらえませんでしたが、障害はしっかり飛んでくれました。
しかし、おいらのへたれぶりは健在でした、、、

この日の指摘で大きかったのは、鐙の踏み方。
おいらは、つま先を内へ向けること(踵をあてない)を意識してましたが、意識しすぎてあみ出したのが小指で突っ張るように鐙を踏むことでした。
しかしそれは間違いのようで、親指の付け根で鐙を踏むようにH指導員に指導してもらいました。
で、、、でもね、、、親指の付け根で鐙を踏みながら踵を当てない様にする事は、おいらの脳ミソ的な体の使い方とは違う感じで戸惑うんだなぁ~(^^;
まあ、その辺は徐々に修正するとして、障害飛越後に一歩目から手前を合わせる方法とか教えて頂いたので、充実した一鞍でした。
(出来る出来ないは、別としてね)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

190鞍目

2006-10-06 07:43:16 | 乗馬日記
2006年 7月 1日(土) 天気:曇 レッスン名:馬場(乗馬学校) 馬匹名:スライトエルフ

この日も、顎を譲ってもらうことを課題にします。
いつもエルフが詰まってくると苦しくなって跳ねられてしまいます。
いつもはどの辺で譲ってあげればいいのか良くわかりませんでしたが、この日は苦しくなって来ている時の変化が解かりました。

顎を譲らせた後に上手く譲ってあげて、前進気勢を保つように運動させていきたいです。
コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

189鞍目

2006-07-20 20:41:53 | 乗馬日記
2006年 6月25日(日) 天気:くもり レッスン名:ステバイ馬場 馬匹名:スライトエルフ

う~ん、、、
やってしまった、、、

1歩進んで0.9歩戻ってる感じですね…

どうも顎を譲ってもらえないな~っと思ってたら
原因は、エルフをあせらせてしまっていたようです。

って事は、また脚?
あ~踵なのね、、、

あ~あ

いいかげん、ステップアップせんとなぁ~
コメント (4)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

188鞍目

2006-07-20 20:39:16 | 乗馬日記
2006年 6月25日(日) 天気:くもり レッスン名:初級馬場 馬匹名:ノースキング

この日は、蹄跡を一馬身はずしての運動をしましたが、如何に自分で真直ぐに歩かせていないかを実感しました。
一馬身蹄跡をはずしたままで、首内や首外を行いましたがその度に元の蹄跡に戻ってしまいました…(--;
なかなかバランスを保つのが難しいですね。

首内や首外のときに、その運動をお馬さんに理解させて手綱での操作を少なくしていく必要性も教えてもらいましたが、まだまだおいら位では、そこまでの余裕なんてあ~りません(^^
コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

187鞍目

2006-07-20 20:37:14 | 乗馬日記
2006年 6月25日(日) 天気:くもり レッスン名:初級障害 馬匹名:スライトエルフ

馬場の時のエルフと障害の時のエルフでは、乗る前の緊張感が違います(^^;
馬場の時は決して爆走しないのですが、障害を飛ぶとすごい事になります。
でも、レッスンで出すのだからそうならない様にする方法があるのだと思います、、、ある筈です。。。

そんな訳で、今日は準備運動の時から乗り方を変えてみました。
『ちょっと、かったるいかなぁ~』っという位の感じにして、ハミ受けを要求しても首が緊張しないように『ソ~ット』乗ってみました。
レッスンは、障害間の間歩の調整でした。
おいらは一つ目の障害の時に手綱を許し過ぎていた様で、お馬さんが伸びてしまい歩数が少なくなっていました。
H指導員のアドバイスを貰って、何回か飛んでいると『起こす』という感じが少しわかりましたが、まだまだですね。

今日のエルフは、障害後に懸かってしまうことも無く比較的落ち着いてました。
やっぱり、最初のテンションのもって行き方がポイントかもしれません。
コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

186鞍目

2006-07-20 20:34:48 | 乗馬日記
2006年 6月25日(日) 天気:くもり レッスン名:障害(乗馬学校) 馬匹名:ギャルソンロワール

この日は参加人数が多かったです。
ギャルソンは、どうも苦手です。
I指導員は「重いと感じたことは無い」と言われるのですが、どうもあのギコチナイ感じと鞭が無いと頼り無くなるのが苦手です。
まだ、『前と後ろが繋がる』っという感じとそこにもって行く手法が良くわかりません(--;

今日のレッスンは、誘導についてです。

馬体を真っ直ぐにすることを意識するようにしなければいけないという事、特に後躯の位置についてを教えてもらいました。

後躯の状態を把握できるようにしなければいけないですねぇ~
コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

185鞍目

2006-07-20 20:32:40 | 乗馬日記
2006年 6月24日(土) 天気:晴れ レッスン名:馬場(乗馬学校) 馬匹名:スライトエルフ

遂に、長靴デビュー!
足が痛くなるとか、足首が固定されていいとか、ふくらはぎと馬体との密着感が違うとか色々聞いてますので楽しみです。(^^

さて、今日も顎を譲ってもらう事とそれを維持する事を課題にします。
この日は、長靴の効果もあってか準備運動段階からソフトな扶助でいい感じです。
各歩様で、顎を譲ってもらえる度合いがはっきり違ってきてます。
 常歩…今日は、首に力が入らないリラックスした感じで顎を譲ってもらえた。
 早歩…座れない(T.T)→おいらが安定しない→当然バラバラ、、、
 駆歩…手綱を持ちすぎて苦しくなってるような気がする←エルフが跳ねてる

あ~、、、コンタクトを取りながらリラックスさせた運動をさせたい~
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

長靴 2006.6.11

2006-07-14 20:58:53 | 乗馬日記
5月の連休の時に長靴をオーダーしていたのですが、遂に今日届きました!!

意外と早かったですねぇ~(^^

ピカピカです(*^。^*)

ピカピカすぎて、雨降りの今日は履かないで来週に取っときます。

サイズは、さすがに寸法を採寸しただけにピッタリです。

来週が楽しみです!

(でも、また手入れするものが増えてしまった)


コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

184鞍目

2006-07-14 20:56:32 | 乗馬日記
2006年 6月11日(日) 天気:小雨 レッスン名:ステバイ馬場 馬匹名:フィリカ

先ほどの反省を踏まえての騎乗を目指します。

手綱が強くならないように意識してみると、Si指導員から「それではコンタクトが取れてません」との指導が、、、
う~ん、ここら辺が微妙です、、、

あ~あ、それにしても今日は上手くいかないなぁ~

今までは、エルフだから顎譲ってくれてたのかなぁ~
コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

183鞍目

2006-07-14 20:54:07 | 乗馬日記
2006年 6月11日(日) 天気:雨 レッスン名:初級馬場 馬匹名:フィリカ

昨日のレッスンを思い浮かべて、顎を譲ってもらう事を目標に頑張って見ます。
しっ、しか~し全然譲ってくれません、、、
何でだろう何でだろうって一生懸命あれこれやってみていたときにふと、自分の欠点を思い出しました。
『手綱を持ちすぎる』そうなんです、、、またやっちゃってました、、、
一生懸命になり過ぎて、ず~っと窮屈なままでした…(><)

最後の駆歩のときに少し修正できたのか、顎を譲ってもらえましたが、相変わらず成長してないですなぁ~
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

182鞍目

2006-07-14 20:52:42 | 乗馬日記
2006年 6月11日(日) 天気:曇 レッスン名:初級障害 馬匹名:スライトエルフ

この鞍では、左手前でエルフの腰が外に流れてしまい上手く誘導できません、、、
外方脚で中に押し込もうとするとエルフは嫌がります、、、(T.T)
う~ん、どうしたもんだか…

まずきちんと前に出してから、コントロールすることをH指導員から指導してもらいましたが、なんだかしっくり来ませんでした。

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加