徒然、気分屋日記

自分による、自分のための、自分の日記

初日の道中

2017年05月20日 21時39分27秒 | 日記
帯広から函館に行く道中
親から伝えられた言葉に胸が詰まった

親から見た自分は、
「もしかしたら鬱になりかけているのではないか」
と、見えていたらしい

父も若い時に鬱になりかけてて、その若い頃と重なっていたみたい

親からの連絡の催促に正直、少し苛立つこともあるけど
心配かけまいと少なからずやってきていたつもりではいた

話の根底を聞いて、
「ああ、自分は今までなんて心配を周りにかけていたんだろう」とか
「みんな、もしかしたら同じことを思って連絡を細目にくれていたりしたんだろうか」とか

話を聞きながら考えていたら、涙が止まらなくなってた


自分は周りが見えてる

自分は他の人の気持ちがわかる


そんなことばかり思い込んでいた自分が情けなくなる



仕事で追い詰められたことはあったけど、人に恵まれて乗り越えられた
笑い合える人が傍にいてくれるから、失敗しても本当の苦にはならなかった

それなのに、家族や周りには話のネタとして心配かけるような話ばかりしていた

馬鹿たれだ


一番、周りが見えていなかった。



いつだって、振り返ったときに同じことを思うくせに、直らない

自分を理解してもらう前に周りを理解できるような人間になりたい



この旅で自分をもう一度じっくり思い返そう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅々 | トップ | 恐山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。