gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

友人たちは何でそんなに色々と知っているのか?

2017-07-23 20:13:25 | 日記

 もう、何十年も前になるけど、「生まれ変わりってなかなかすぐにはしないらしいね。」と言うと、j子さんが「そんなことないよ。モンローだってもう生まれ変わってるよ。確か、どっかアフリカの方らしい。」とすかさず教えてくれた。彼女はまた、ペット愛好家にとっては聞き逃せないことも知っていた。ペットを亡くした人に

「犬や猫が死んだらナイチンゲールさんに頼んだらいいよ。ペットはみんな死んだらナイチンゲールのところに行くの。今、彼女はその係をしてるのよ。」と慰めていた。

 また、k代さんという人は犬や猫の飼い主への無私の愛情についてこう言っていた。

 「動物が示す飼い主への愛情は、もしそれぐらいの愛情を人間が持とうとしたら、それこそ何千回、何万回生まれ変わらなければそこまで到達できない、深い愛情なのよ。」

 また、k子さんと言う人も深いことを言う人だった。御嶽山に踏破できない私に「山が人を選ぶのだ」と教えて呉れた人だが、他にも味わい話がある。

 y子さんが長年飼っていて愛猫が死んだが、それから以降見慣れない猫がマンションの塀から彼女の方を窺っていることが増えた。それは買ってない現象だった。y子さんは、それをはぐれ猫だろうか、野良猫だろうかと心配していたそうだ。しかし、k子さんが言うには「違うよ。死んだ猫がy子さんのことを心配してその猫にお母さんの(y子さんのこと)様子を見て来てって頼んでるのよ。つまりその猫は死んだ猫のメッセンジャーなのよ。」

 三人とも味わい深い人たちだった。残念なことにk子さんは10年程まえに亡くなったけれど。いつでも辛いことがあったら電話してよと言いながら、自分自身が辛い時は、だれにもなにも求めず亡くなってしまった。私たちは、つい今でも彼女がそこにいるような気分で会話をしてしまう。

 人生には血がつながらなくても、相手がそれほど自分のことを思ってくれていなくても一方的にでも愛すべき人たちがいる。魅力ある人達はそんなものなのだろう。

 そして、私は自分ながら勝手にある死後のルールを想定した。

 よく動物は生まれ変わっても人間には生まれ変わらないと言うけれど、それは少し違うような気がする。ひとたび人間に飼われ、種の違いを忘れるくらいに同化することがあると、少しずつ意識が高まり進化してやがて人間に生まれ変わることがあるのではないか?それこそ、一度や二度の生まれ変わりぐらいではすまないかもしれないけれど。

 j子さんに関してもまだまだエピソードがある。それは、またの機会に。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅館よりホテル派の理由 | トップ | ニューバードを探して »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。