自由・気ままなぶらり散歩 & 散策あるばむ Ver. 2.0

毎日のぶらり日帰り散歩、散策で出会った風景、景観、鳥見、四季の花々を瞬撮して、日記、アルバム風に整理した備忘録帳

2016 道保川公園で確認できた野鳥(冬鳥、留鳥!!!)

2017-12-12 | 自然・野鳥(ルリビタキ)
おはよう、
今日(171212)は、昨年同時季に道保川公園をぶらり散策したときに出会った野鳥です。とても美しい野鳥である。

ルリビタキ(冬鳥)と     シジュウカラ(留鳥、いつでも見られる!!!)

以上
コメント;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルリビタキ、ベニマシコ、を

2017-02-08 | 自然・野鳥(ルリビタキ)
おはよう、
今日(170205)は、橋本で用事を済ませた後、「相模川自然の村公園、上大島キャンプ場・相模川付近」をぶらり散歩して来ました。河津桜(カワズサクラ)は、ここ数日の寒さの影響か、あまり咲いていなかった。

今日、観られた野鳥・冬鳥は、
ルリビタキ」、色彩がまだまだでしょうか!!!、♀でしょうか!!!






初めて観る野鳥「ベニマシコ」、少し遠く、残念でした。(上大島キャンプ場、相模川付近)、ピンボケですが、又の機会に、
ベニマシコ」;
冬鳥として本州以南へ渡り、越冬する。越冬期は、丘陵や山麓の林縁や草原、河原などで生活する(10-4月)。♂は全体的に紅赤色を帯び、目先の色は濃い。夏羽は赤みが強くなる。頬から喉、額の上から後頭部にかけて白い。 また、背羽に黒褐色の斑があり、縦縞に見える。♀は全体的に明るい胡桃色で、頭部、背、喉から胸、脇腹の羽毛に黒褐色の斑があり、全体に縞模様があるように見える。和名の「ベニ」(紅)はその名の通り体色が赤いため。 「マシコ」は猿子と書き、猿のことで、猿のように顔が赤いため付けられた。この「マシコ」は赤い顔をしているアトリ科の鳥につけられている。(出典元:ネット情報)

以上
コメント;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルリビタキ、

2017-01-06 | 自然・野鳥(ルリビタキ)
おはよう、
今日(170104)は、ぶらり散歩しに、「道保川公園」まで出掛けて来ました。今年、初撮の鳥見は、「ルリビタキ」です。薄暗い場所であり、上手く撮れていなかった。

順不同でします。
枝止まり、水浴び、苔の石止まりなど多彩な写真撮影ができました。
枝止まり

2

3

4

5

6

水浴び

2

3

4

集合写真

2

水浴びの瞬間

飛翔の瞬間

以上
コメント;


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今季初撮り鳥見 ルリビタキ(瑠璃鶲)

2016-12-08 | 自然・野鳥(ルリビタキ)
おはよう、
今日(161206)は、「道保川公園」をぶらり散歩に出掛けて来ました。紅葉も終わりです。これからは、冬鳥の探鳥と、ぶらり散歩をして、体調維持をしてゆきたい。(これから寒くなりますので、特に注意、寒さ対策もしっかりと、)
今日は「ルリビタキ」を観ることが出来た。

ルリビタキ」:
体側面はオレンジ色の羽毛で覆われ、腹面の羽毛は白い。尾羽の羽毛は青い。「青い尾」が特徴。
♂の成鳥は頭部から上面にかけての青い羽毛で覆われる。幼鳥や♀の成鳥は上面の羽毛は緑褐色。♂の幼鳥は♀の成鳥に比べて翼が青みがかり、体側面や尾羽の色味が強い。


ルリビタキ」、絶妙なシャッターチャンスであった。これからさらに鮮やかな色になる。(ブルーに)

少し明るく補正しました。


シジュウカラ」、動きが速くなかなか撮れない。

コゲラ」、ドラミング、捕餌に忙しくなかなか撮れない。


公園の水鳥の池の紅葉(大分葉が落ちてしまっている)


公園内の散策路、遊歩道の紅葉状況、少し紅葉も残っている。


公園内の「メタセコイアの木」はレンガ色に染まり、鮮やかな景色が目に入り込んでくる。


公園内にまだ残っている「モミジの木」


以上
コメント;


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルリビタキ 特集

2016-09-01 | 自然・野鳥(ルリビタキ)
----------------------------------------------------------
➡ 再投稿 
  偶然にも相模原北公園、道保川公園などで出会ったルリビタキ     撮影2016-01-31,2016-02-16


----------------------------------------------------------
「野鳥撮影(ルリビタキ)」の在庫写真整理をしました。投稿は順不同でします。ぶらり散歩途中で、「ルリビタキに出会ったタイミング」の撮影である。公園等では、色が同化するので撮影技術が必要である。飛翔、飛び込みなどの動きの激しい鳥姿を撮れるように、待機して撮影をしたい。(それなりの辛抱・我慢が要求される)。これからの時季は、冬鳥飛来シーズンであり、色鮮やかな姿をまた期待してぶらり散歩に精を出したい。上手く撮れていませんがご了承。(悠遊元気人のひと言)

ルリビタキ」:
体側面はオレンジ色の羽毛で覆われ、腹面の羽毛は白い。尾羽の羽毛は青い。オスの成鳥は頭部から上面にかけての青い羽毛で覆われる。幼鳥や♀の成鳥は上面の羽毛は緑褐色。♂の幼鳥は♀の成鳥に比べて翼が青みがかり、体側面や尾羽の色味が強い。森林に生息する。群れは形成せず、単独で生活する。食性は雑食で、昆虫類、節足動物、果実などを食べる。地表や樹上を移動しながら獲物を捕食する。(出典元:ネット情報)

春先の梅の花とのコラボ


2



♀ルリビタキの姿

2


3 逆光で綺麗な色彩が出ていない。

4


以上
コメント;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加