男子厨房に入る

近頃のシニアは元気がいいのです。まだまだ体力のある間はと動き回っていろいろと感じた事を書き綴っています。

アメリカでバイクの規制

2005-04-30 | Weblog
アメリカのように広大なところをオートバイで走るとせかせかした日本よりずいぶんとストレス発散になって本当に羨ましい限りです。ところがこちらでもバイカーに対する規制が掛けられていて、その規制解除を求めるバイク愛好家の,連盟によって活動がされています。やはりバイクは少数派なのでしょうか…
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

行方不明者

2005-04-30 | Weblog
当地アメリカでは行方不明になる人が多くいろんな媒体、場所を通じてその捜索が行われています。高速の休憩所、大型トラックの後ろ、スーパーの広告、ダイレクトメール、パック牛乳のパックなどなど、です。もう?10年も探し続けているのは普通です。まさかこれも拉致ではないでしょうが、とにかく一日に8000人という信じられない数です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青空

2005-04-29 | Weblog
好きな色を写真に!意外と近くにあって綺麗なのが青空です。でも、青空を青空のまま写し撮るのって結構難しいのですよ。どうしても露出オーバーになって白っぽくなったり、灰色になってしまいます。それが綺麗なブルーに撮れた時はうれしいですよ。すんだ青空です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

周りが困る

2005-04-29 | Weblog
今日、会社での出来事です。自分の受け持つ工程がどうもうまく行かなくて前日に不良を流出させてしまった従業員が、その工程がうまくいかないのを大声を出して喚きちらすのです。その喚き方が並ではなく周りの従業員が恐怖を感じるくらいの凄さです。ラインから外して今日は家でおとなしくするように言いつけて、一件落着でした。ぶつぶつ独り言で呟かれるのも気持ち悪いですが、大声で喚くのも困り者です。本人にすればそれで不満を吐き出して気は楽になるのかもしれませんが、回りは困ったものです。何か他に良い方法を考えなければならないです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

べりーの花

2005-04-28 | Weblog
アメリカに居て春先の時期は何故か桜に似た花を探してしまいます。ワシントンではポトマック川周辺でソメイヨシノがあでやかな姿を披露してくれています。でも、当地は田舎で桜に似た花びらを捜し我慢しています。クランベリーの花がどうも桜に似た花をつけるようです。咲き方も桜に似て枝全体にまとわり付く咲き方でよく似ています。似た花を探すというのも望郷の念のなせる技でしょう。見つけるとなんとなくほっとしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパージャンボ機登場

2005-04-28 | Weblog
世界最大の旅客機,エアバスA380が4月27日にフランスで処女(テスト)飛行を行いました。旅客555名を乗せる大量輸送旅客機の出現です。運行開始は2006年だそうですが、凄い飛行機の出現です。EUの技術力を結集したとのことですが、日本からもタイヤのブリジストンや富士重工業、三菱重工なども参画しており世界の技術の集大成と言ってもいいのではないでしょうか。エンジンはロールスロイス社製4機で自動車3500台に相当する推力を持っているそうです。内部はまさに飛ぶ高級サロンといった感じですね。いつかは乗って見たいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工事現場は罰金2倍

2005-04-28 | Weblog
こちらアメリカでも道路の工事は多く在ります。そこでの驚きは減速指示と共に「工事現場での巣ピード違反は罰金2倍」の掲示です。そうでなくても高い罰金が2倍になるのですから驚きと共に、思わずブレーキを踏みますよ。それがもしも工事関係者に怪我をさせたとか、死なせたとかですともう、この世には出てこれない終身刑でしょうね。スピード違反の取締りが多いアメリカですから、要注意です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカでも

2005-04-26 | Weblog
◆JR福知山線脱線衝突事故◆アメリカのテレビニュースでも、日本の列車事故最悪との報道がされています。いろんな過去の指導記録のある運転手だったようで、議論が今後も続きそうです。不運とは言えお亡くなられた方のご冥福をお祈りするだけです。脱線し、建物に突っ込み周囲を巻き込むとは日本の土地事情がいろんな意味で事故の犠牲者を多くしているようです。アメリカのように列車の線路の周りはひろいあきちだったとしてら事情は違っていたことでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一寸した休息

2005-04-24 | Weblog
留年について。一浪2浪が普通の感覚になってきているのですから、留年なんのそので頑張って欲しいです。一般社会だってそれに似た例は出てきますよ。例えば、関連会社への出向、病気による休職などなどです。長い人生は山あり谷ありです。順調万帆なんてそんなには長く続かないことの方が多いです。スポーツ選手のスランプだって同じではないでしょうか。そんな苦労をした人のほうが味のある人格形成をされているのではないでしょうか。へこたれず、くやまずやって要るうちに脱出が出来ると私は思いますが…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカのガソリン代が過去最高

2005-04-21 | Weblog
原油価格の高騰でアメリカでもガソリンの価格が上昇しています。ただ今1ガロン当たり2.1$(\61/リットル)です。日本の量にあわすとまだまだ安いですが、これが以前は\37/リットルだったのですから、過去がいかに安くて現在高騰(64%アップ)したか解ると思います。従って燃費の良い日本系の自動車メーカーの車が売れるのです。人間が乗るだけならそんなに馬力も容量も要らないのです。通勤はかなり燃費の良い車を選択しているようです。しかし彼らはいろんなモノを引っ張るのが好きなのです。ボート、キャンピングカー、馬、などなど。これらを牽引しようとするとやはり大容量の馬力のある車が必要のようです。この分野にも日系自動車メーカーが出ており米系メーカーの販売はこのところ振るいません。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカのパトカー

2005-04-21 | Weblog
日本では公用のパトカーがスパーやハンバーガーに停まっていたらとたんに新聞記事になって大騒動でしょう。昼食時にファーストフードの駐車場には必ずと言ってほどパトカーが駐車されています。おおらかなのか、市民の為に働いているのだから、それくらい良しとするのか。どうも後者のような気がします。お店にしてもそうやって警察が堂々と来てくれると犯罪者が来にくくて防犯にもなると考えているのでしょう。とにかく、警察にしろ消防署員、その他の公務員的職業の方、皆さん制服でよく店に出入りしてるのを見かけます。これも国民性の違いでしょうか?
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ジェンダー先進国アメリカ

2005-04-20 | Weblog
仕事の上でのジェンダー。職場における男女差はほとんど見られないアメリカです。とにかくいろんな所で男女差なく働いています。最近の日本でもそのあたりは目覚しいです。でも、日本がアメリカと違うのは日本では家庭を持つとほとんどが専業主婦になるのですが、こちらは家庭を持っていても会社で働いている人の方が多いということです。日本の女性も社会における女性の地位を男性に依存しないような姿勢に変化していかないと、本当の男女機会均等は実現できないでしょう。レディーファーストという言葉があるのですが、職場で重いものを運ぶときに男性が女性に手を貸したりしても、好ましくないとしてまったく手を貸さない。そしてそれを当たり前として女性が自分だけでそれをこなしています。日本の女性にそれが職場で出来るでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供もサングラス

2005-04-20 | Weblog
ここのところ好天が続いているアメリカでは待ちかねたように戸外に皆出て行っています。お陰でYMCAは空き状態です。芝刈りやBBQ、キャンプでアウトドアーを楽しんでいます。そんな場所の近くからは時折サングラスを掛けた子供が飛び出してきます。日本ではあまり見かけないサングラスの子供はまるで映画かテレビの子役のようです。そのサングラス姿がまた似合っているのですよ。顔のつくりがサングラスにピッタリあっています。もちろん子供用のサングラスが販売されているのです。日本人の黒い目は日光に強く、そのほかの色の目は光に弱いというのがうなずけます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週は約168億円

2005-04-19 | Weblog
日本の宝くじに似たロタリーというのがこちらにはあります。こちらは毎週抽選です。当選者が居ない場合は翌週に金額は持ち越されます。それがつもりつもって今週の一等当選額は日本円で約168億円となっています。テレビでも宣伝されていて「メガロット」と言いふらしています。私はそのくじを買ったことがないのですが、8桁の数字の並びを当てるのや、二桁などいろんな組み合わせたあるようです。こちらでもこのたかるくじに当たると大部分が仕事を辞めて人生を楽しもうとする人が多いようです。さぁて、私も今週くらい買ってみるかな。運試しですよ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

七面鳥が受難

2005-04-19 | Weblog
4月16日より春の七面鳥の狩猟が解禁となりました。最初の二日間は青少年だけの狩猟日で、3日目からは一般の大人に開放され、5月15日まで狩猟可能となります。この間およそ20000匹の七面鳥が狩猟されるようです。でもそれなりに自然保護も考え、いろんな策を講じているようです。アメリカ人に言わせると野生の七面鳥はうまいとのこと、捕ってきたらご馳走してくれると言っていましたので、期待して待っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加