男子厨房に入る

近頃のシニアは元気がいいのです。まだまだ体力のある間はと動き回っていろいろと感じた事を書き綴っています。

F-1舞台裏(4)

2004-09-30 | Weblog
F-1マニアの人はご存知だと思いますが、「パドッククラブ」凄いですね。ピットの裏の特設のテントで歓談、喫食、そして普通の人が観戦できないS字の上りをコーナーの内側で観戦できるのです。こちらのお値段凡そ??十万円相当で、スポンサーの皆様が大半のようです。トヨタの張社長と周りの皆様もこちらから出入りしています。ところでこちらの皆様の使われるトイレは仮設のトイレのようですが、手洗いはお湯がでる手洗いとのことです。付近の工事業者の方からの話ですから確かでしょう。「あそこにいる人は水道で手を洗わないぞ、お湯で洗うんだぞ」と言っていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

F-1舞台裏(3)

2004-09-30 | Weblog
上海でのレースも終わりいよいよ鈴鹿にやってきます。佐藤琢磨選手も上海での6位入賞から一気に鈴鹿での初の表彰台を目指して期待が高まります。私の方の仕事もこの土曜日からいよいよ開始です。ということは、車はまだ到着していないようですが、裏方のスタッフはもう到着して活動を開始しているということです。サーキットにお客さんが集まるのは金曜日からですが、その1週間も前から裏方は動いているのです。私のまずの仕事はコース測量のスタッフとのやり取りでしょうか。これからしばらくホットなF-1裏情報をお届けしますので、お楽しみに!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙気分2200万円?

2004-09-29 | Weblog
イギリスのバージングループが宇宙気分を味わえる航空機を使って3分間の無重力を2200万円で売り出すようです。よほどの資産家が体験の為に出費するのでしょうか。一般ピープルの私にとっては高値の花です。無重力体験ならスキューバーダイビングでも可能ですし、なにもそんな高いお金を払わなくてもいいと思います。自由な飛行体験ならパラグライダーでも出来ますし。話題つくりの好きな会長さんが考えた新商品かもしれませんが、この先本当に採算ベースで運行するのか注意したものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お守り刺青

2004-09-28 | Weblog
タイ南部では今年の一月以来多くの暴動で約330人近くの警官や兵士が犠牲になっています。そこでただ今流行しているのが首や背中に「お守り模様刺青」です。ナラティワット郡での攻撃でその刺青をした兵士が無傷であったのがきっかけで、若い人達の間でブレークし、刺青を入れてもらうために行列ができているそうです。日本的にはちょっと怖い人達が刺青を入れるのはわかりますが、兵士や警官がいれるとは。でも、最近、日本でもまったく怖くない人も腕などに入れているのを見かけますから、そんなに珍しがることまないのかも。この模様、やがては日本にも入って来てブレークするのかもしれませんよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一生勉強

2004-09-27 | Weblog
ノンフィクション作家の澤地久枝さん(74歳)がイギリスのスタンフォード大学で留学されたとの事を聞きました。タイトルの言葉をまさに実践されています。でも、特別に外国に留学しなくても勉強はどこででも出来ます。日常の生活態度からも「一生勉強」は実践できます。とにかく脳への吸収力を意識して生活すればいろんな場面で勉強はできると私は信じています。それは、余裕があれば海外での留学もしたいですが、それが出来なくても勉強の意識を維持したいものです。仕事を通じての勉強もそのひとつではないでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイク乗り気をつけて

2004-09-26 | Weblog
今朝ほど国道一号線の下りを走っていましたら、早朝のまだ開店前のガソリンスタンドでバイクを停めコンクリートの上で寝袋を頭から被って寝ている、バイカーを見ました。よほど疲れていたのでそんなところで寝ているのか、もともとそんな予定であったのか。私もバイクは好きで、ツーリングもしますが、泊がけのツーリングは無理をしない日程と時間で宿泊も早め早めで、翌日に疲れを残さないように心がけています。コンクリートの地べたでごろ寝、それも国道脇の騒音がある場所です。疲れが取れない状態翌日の走行は危険が増します。安全運転で目的地まで無事に走行できる事を祈りつつ、地べたごろ寝のライダーを見て驚いた次第です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンマです。

2004-09-25 | Weblog
秋はサンマの季節、だからお笑いもサンマでしょう。あの絶妙の受けとオーバーアクション。バラエチーショウでのゲストとのやり取り、台本は為しであれだけの笑いをとるのは大したものです。でも、彼って落語はやれるのでしょうか?一度高座での彼の落語を聞いてみたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節も終わり

2004-09-25 | Weblog
昨夜の大雨で濡れた羽を乾かすかのように大きな蛾がアスファルトの上に横たわっていました。そばに落ちた枯葉とよくにた色と模様、それに何か動物の目を想像させるような黒い丸い模様。でも、蛾の季節も終わりを告げるような気温です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Eメールが郵便を食った

2004-09-24 | Weblog
インターネットの普及が紙媒体での郵便を減少させているよです。アメリカでは2003年の202.2ビリオンの郵便量が、2017年には181.7ビリオン(11%減少)の予測が出ています。日本でも郵政事業の民営化が取りざたされていますが、どうやらITが手紙を食っているのは世界共通です。そこでアメリカが考えたのは個人の写真を切手にするサービスです。可愛い赤ちゃんの写真や、女性のヘアースタイルの、変える前変えた後の姿(写真)を切手のシートにしてくれるようです。お値段は1800円くらいですから、そんなに高くありません。インターネットで写真を送れば遣ってくれるそうですので、ぜひお試し下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変わったアメリカ(その5)

2004-09-22 | Weblog
共産圏の国ならいざ知らず、自由主義先鋒のアメリカで空港の写真を撮影しただけで、警察に連絡が行き質問を受けるようになったのです。その空港も地方の空港です。それまでに周りの人が神経質になっているという証拠でしょうか。これでは警察の仕事量も増えていることでしょう。なにか「怪しいと思えば隣の人も怪しい」的にエスカレートしているようです。これがイスラム系の人だとかだともっと神経質なことになるのでしょうね。エアーショーなんかの時はどうするのでしょうか。早くイラク戦争が収集し、派兵の方が無事帰国してしばらくすれば、多少は沈静化するおでしょうが、家族、親戚、友人知人が彼の地でがんばっているという今は無理も無い話しなのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変わったアメリカ(その4)

2004-09-21 | Weblog
以前のアメリカならパスポートなんか持たずに街中の観光やショッピングに出かけられたのですが、テロ以降はID(身分証明書)なしでは難しい状況になりそうです。今回も警察に止められIDの提出を求められました。アメリカの運転免許証があればそれで用が足りるのでしょうが、それがない日本人はパスポートだけです。神経質になったアメリカでは警察権力は絶大です、彼らの捜査で不審なことがあると、かなりつらい経験を覚悟しなければだめのようです。それもこれもテロという見えない、そして一般の人の中に潜って活動する敵との戦いの一部であるからでしょう。私たちも自分の身の回りをそんな怪しい目で見つめることも必要なのかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変わったアメリカ(その3)

2004-09-20 | Weblog
アメリカでネットに接続してみようとノートPCを大事に持ち込み荷物にしていったのが、何故か精査の対象になり別のところで念入りに検査されました。その検査台は被検査者は手を触れてはだめ。何か粘着テープのようなものでPCを入れているバッグ全体からなにやらサンプルを採っているようでした。そしてそれをすぐに脇の検査器で判定をしているようでした。爆発物の検査でもしていたのでしょうか?入国時の経験から、出国時には預け入れ荷物に変更したのですが、こんどはこの荷物が引っかかりました。ということは、PCは必ず怪しい荷物になるようです。アメリカでは結構PCを飛行場とか機内でつかって仕事をしているのを見かけるのですが、これでは飛行機にはご法度のPCです。みなさんどうしているのでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風が身体を通り抜けた

2004-09-19 | Weblog
エンジンのスロー回転が不調で修理に預けておいた愛車CBR600が復調しました。その修理確認をかねて湯の山、鈴鹿スカイラインへと繰り出したのですが、あいにく先般の台風で途中で通行止めでした。それではと湯の山温泉街の上り道を終点まで上がってきました。スロー回転は復調で安定した、そしてスムーズな回転が帰ってきました。これでまた秋のツーリングの楽しみが増えたってものです。下り坂を思いっきり走ったら、初秋の風が身体を通り抜けて行きキンモチイイーーーでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真は口ほどにモノを言うか?

2004-09-19 | Weblog
ホームページへの写真の添付はいろいろ迷いますね。ページが重たくなりますし。私の友人はかなりの僻地に住んでいて、いわるる「デジタルデバイド」で、まだ音声モデムで「ピーピーギャーギャー」でネットに出ています。そんな彼からの文句がいつも、「お前のところのページはなかなか見れへん」です。そんなことを聞かされるとついつい写真を考えてしまう、私です。その逆の体験ですが、先日アメリカの友人を訪ねた折に自分のホームページを見たのですが、彼の家はケーブル回線でのネット接続で、私の重たいページも地球の反対側であっという間にご登場でした。このパラドックス、どう考えていいのか?????
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脳の活性化だ!

2004-09-19 | Weblog
定年だろうが、敬老だろうが、何か前向きに挑戦する心が無くなれば、老化の一途でしょう。「ああ、もう、ここまで」と思わないのが一番です。ただいまの所、私はそんなやりたいテーマが一杯で、幸せです。時間がいくらあっても足りませんです。じっと家におられないのです。新しい刺激を常に脳にインプットしましょう。使っても使っても使い切れない脳なのです。さて、今日はまた大空にブレークするかな!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加