日本の食育を世界へ

食卓から広がる可能性を伝えたい

疑乳さん  集中しながら 飲んでみて

2017年01月04日 21時00分45秒 | 食育×子供

牛乳のことを聞かれ

学校で廃止になったと勘違いされている人もいて

私もそう思っていたし・・・

でも、その時のブログの最後に書いたのですが

 

>4ヶ月間牛乳を停止していた時期があり

>牛乳を外したことで、カルシウム不足が心配されていたけど

>それは 他のメニューで補えた

>でも、変わりになる食材が少なくて献立が難しい

>ここがポイントだと思っています。

 

そう やっぱりポイントだと思っています。

つまりね

カルシウムのために牛乳じゃなくても良かった

でも、牛乳以外だと献立が難しかった

ということでしょう。

 

疑乳(いいのか悪いのか疑っている)さん

のために

体によいのか悪いのか というと

それは人それぞれ と言うしか無いのです。

 

疑乳さんの場合は

体に不調は出ていないから

どうしてよいのか分からないのだとは

思うのですが・・・

 

牛乳で体に不調を起こす人は

その多くが牛乳中に入っている

「カゼイン」のアレルギーだと

言われています。

このカゼイン、母乳にだって少しは入っています

でも、牛のお乳はだいたいがカゼイン

(なぜ牛の物を人が飲まなくてはいけないの論は

 ここから来たのでしょうね

 でも、私青虫じゃなくてもサラダを食べるし

 鯨じゃないけど魚を食べるんだな)

このカゼインは加熱しようがチーズになろうが

構造が変わるものではないので

気をつけてください。

 

このカゼインは粘性で体の中に

ベタベタくっつくイメージ

牛乳を飲んだ後に

喉のあとに何かまとわりつく感じがある人

呼吸が苦しくなったりする人は要注意

ゴホゴホになる人もいる模様です。

 

ベタベタを体が異物と思えば

消化も大変だし(お腹がゴロゴロする方)

アレルギーも出てくるわけです。 

 

だから、自分の体の声をしっかり

聞いてみてください。

 

喉の感覚、お腹の感覚に注意して

飲んでみてください。

 

そして「乳」という漢字がついていても

「乳化剤」「乳酸菌」「乳酸カルシウム」は

牛乳と関係ありませんから安心してください。

「全粉乳」「脱脂粉乳」「練乳」「乳酸菌飲料」

「はっ酵乳」は気をつけてください。

牛乳アレルギーの方はNGです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あんこ餅  その呼び方は ... | トップ | 習わしは  大事にしてる ... »
最近の画像もっと見る

食育×子供」カテゴリの最新記事