日本の食育を世界へ

食卓から広がる可能性を伝えたい

食事って 楽しいものだよ 笑顔でね

2016年09月15日 17時09分44秒 | 食育×子供

当たり前のように一人で食べられるはずなのに

なぜか食べようとしない子がいるとき

食事を終えなくてはいけない時間が迫っていると

「はやくたべなさーーーい!

怒り爆発

この怒りの勢いで食べやがれぃっ

 

と なってしまうものですよね

え? そんな凶暴な人はいない?

失礼しました・・・

 

でも もしいらっしゃるとして

いや、いなくても、食べたがらない子の対処として

 

ピーピー キーキー怒って

嫌な空気を作るのが一番ナンセンス

 

一度 食べたくない気持ちを受け止めて

甘やかしてみる 作戦をお試しください

なぜなら、食べることをしないのは

体調が優れないことによるもの

かも知れないからです

 

なんだか 言葉ではうまく伝えられないのだけど

どうにもこうにも体の具合が悪くて

いつも通りにパクパクいかない

そんな時 おかあさんに爆発されたら

悲しくなりますよね

 

なので、一旦 抱っこタイムにするも良し

「じゃあ 食べさせてあげようか?」

と 本当に食べられないのかを 確認してみてください

 

もし、食べさせてあげると食べるようだったら

ニコニコと食べさせてあげてください

あとは自分で食べられるかな?

と、箸をバトンタッチしてください

 

想像以上に子どもの頭の中は

色々なことを感じ、考えているもの

力任せに食べさせることだけは

何とぞ、何とぞぉぉぉぉぉぉお

 

食べることがトラウマになるような

そんな思いが芽生えたら悲しいなと思い

お伝えしました。 

そんな思いが芽生えた代表として

お伝えしました

 

(あまりにも食べるのが遅すぎて
 先生に毎度キレられていた経験アリ
 お昼の時間が恐怖でした) 

 

 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気まづいな いつ気づくか... | トップ | ゴメンなさい ゆばパンな... »
最近の画像もっと見る

食育×子供」カテゴリの最新記事