対極論

正論・異論・極論…様々な角度から考察する思考実験ブログ

大極論60号 ガソプーミンス? でんでんアベ?

2017-01-30 16:24:29 | 時事・思考実験
正論・異論・極論…様々な角度から考察する思考実験ブログ
【でんでん】民進党・大西議員「でんでん虫、虫、安倍ソーリ♪」★8(ニュース速報+・大西議員ツイート)


【話題】有田芳生「「でんでん」ではなく「うんうん」といえばよかったのだ。でんでん。」(東アジア+・有田議員ツイート)

【概要】
施政方針演説で安倍総理が「云々」という文面を「でんでん」と読み間違え、ネットで話題になり、民主党大西議員が揶揄している。
ネットでは安倍総理の学歴の成城大学卒という学歴を揶揄する反応もある。


【お題】
一国の総理がこのような漢字の読み間違えをするのもどうかと思うが、どうであろうか?

【極論】
A:
まぁ漢字すら読めない奴が総理をやっているのも恥ずかしいから、総辞職が国民の世論だわな。

B:
だな、これを口実にしてでも解散総選挙をやって民進党を潰して欲しいわ。

C:
ってかさぁ、総理の学歴で攻撃しているヤツって何なの?
東大に東工大のエリート様が二代続けて総理をやったミンス様はその結果どんだけ無様を晒したってゆーw
ルーピーにガンガンスだぜ?w

D:
ふと、学歴って総理に必須なのか?
田中角栄は小学校卒だが戦後稀代の宰相だったぜ?

C:
必要ないとは言わないが、不要だとは言わない。やはり最低限の社会的知識は有った方が良いしね。

B:
だけどさぁ、民主主義って市民から代表を選ぶシステムだろ?
つまり凡人が凡人を選ぶ政治。 民進党とそのシンパって市民感覚とか市民目線とか言う割に、学歴とかで人を誹謗中傷したりしてすごくエリート意識が強いよね。

A:
庶民派市民派目線で見る事と議員自体が凡人である事は関係ない。
優秀な議員が市民目線で社会を市民と共に導けば良いのだ。

低学歴の漢字も読めない奴が首相をやっていて恥ずかしい日本。でんでん。

B:
エリートが議員をやり導くべきと言いながら二世議員を批判する民進党とシンパ。
政治にエリート思想を持ち込むならば、学歴エリートよりも職業的政治家エリートの方がまだマシだわな。
どちらにせよ、科挙的思想を民主主義政治に持ち込んで欲しくないわな。

C:
よくわからないが、なぜ学歴エリートよりも職業政治家エリートの方がマシなんだい?
職業的政治家の世襲って結局は貴族や特権階級になるんじゃないかな?


B:
学歴エリートばかりよりはマシって思っただけの話。
職業的政治家を家業でやるなら、幼少期から政治に頭を突っ込んだ本物のプロがやるわけだしな。
世襲的政治家エリートは庶民感覚と乖離すると考えられるが、もし有権者のニーズに合わなくなればそうした彼らは落選し排除されるだけの話。有権者の感覚を掴むのも職業的政治家の才覚の一つだしね。
有権者は出自やバックボーンで選ぶ訳じゃない、可能性と結果で選ぶもの、
その選ぶ指標に出自や学歴があってもそれは有権者個人の問題、だが批判が為の批判のネタ探しでようやく探してきたネタがこの程度で舞い上がっている野党とマスコミはお寒い話だな…っと。

A:
バカじゃんw
職業的政治家の世襲を容認とか、貴族制でも復活させる気ですか?
庶民・市民の代表が議員になるのが民主主義国家というもので、世襲なんて階級社会そのものですよ!
ただでも格差社会と言われ、親の所得が子の学歴に直結する格差の世襲化=階級化が危惧されている現代、それでも学歴というまだ機会の平等の余地があるシステムを愚弄し、政治家選択を学歴的な選択よりもコネ・世襲を優先する方がマシだと!どこの前近代社会ですか?

B:
どの職業にも「プロフェッショナル」は必要。
政治も同じで、政治を学ぶ学校が皆無な以上、徒弟制的に政治家の秘書として学び盗むか家業としてノウハウを相続するしかない以上、世襲的なエリートもありだろうね。
大学機関では政治学という学問は学べても政治スキルが得られる訳ではないしね。

まぁ少なくとも、議員・為政者の学歴を嗤いながら、庶民派目線とか喚いている民進党の議員は異常者だよ。
たぶん選民意識で議員をやってるんだろうね。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大極論 59号 障害者の価値? | トップ | 大極論61号 ヒトラーは何故... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。