小さな庭の小さな幸せ・・・チャッピーのバラ庭より

小さな庭でバラと遊びながら、日々の風景や花の美しさに 小さな幸せを見つめています。オールドローズとリーフ類が、メインの庭

初冬の庭風景

2010-11-30 19:42:26 | ガーデニング
 天気予報では晴れでも、寒い曇り空の日が多くなってきました。そのような天気だからこその美しさが出ている庭の風景・・・まずは、玄関の横 
      
 以前つくったリングのハンギングも、植物たちが落ち着き風景としてなじんできました。
      

 ほとんどアップされたことのない、ガレージの横。もうすぐ処分しなければならない秋のハンギングが、最後のイイお味。
      

 昨日は、かなり大きくなっている「ファンタンラトゥール」の誘引を来春を夢みて 2~3時間かけてしました。(年か?かなり疲労)  葉を落し枝だけになったバラも凜として素敵ですが、(上の写真のような)寒さの中で滲み出た花やリーフの美しさは温暖な地の幸せかな。 

吉谷桂子さんの講演会・・京阪園芸にて

2010-11-27 20:11:05 | ガーデニング
 幸運にも、今年も京阪園芸での「吉谷桂子先生の講演会」に参加出来る事に(厳選な抽選をクリアー?)。 で、ルンルンで紅葉で美しい山道を越え(かなり遠い)行ってきました。
     
 このところ吉谷さんのブログで何度か紹介されていた、ベリーサンダーソン社のファブリックでつくられた素敵なエプロンを身に纏われての寄せ植え講習。       写真はさっぱりですが・・・
さすが 吉谷マジック!
       

 昨年もガーデニングの貴重なお話を拝聴していたのに・・・その割には素敵になっていない我が家の庭を深~く反省。でも、ため息が出るほど素晴らしいイギリスの庭の写真と、吉谷先生のガーデニングへの熱い思いに、再びやる気満々にしていただきました!   

バラ友さんご紹介の素敵なお店めぐり

2010-11-25 22:13:00 | お出かけ

 まずまずのお出かけ日和。以前から楽しみにしていた、バラ友さんご紹介のお店めぐりデー♪
 お庭が素敵な「ガーデン わこう」でのランチから スタート。
      
 紅葉が見頃のお庭を拝見しながら、創作韓国料理をいただきました。辛いもの苦手の私も、美味しくいただけるお味でした。
      
 いただいたビビンバ定食とデザート。
      
 お部屋のしつらえも食器もステキでしたが、ガーデニング好きの私にはさりげなく置かれた鉢に心惹かれました。
      

 その後、手作り感ただよう木工屋さんに 初体験の骨董屋さん。それぞれのお店でお茶をいただき、どっぷりと楽しみ外は暮れてきたのに・・・折角ここまできたのだからと、創作食器のお店まで覗いてきました。創作食器のお店では、90歳を超えられている女性が造られたステンドグラスのランプに大感動!
 どのお店もあまりにステキで楽しく、2軒目のお店から写真を撮る事をすっかり忘れてしまいました。帰宅後あわてて、唯一私の懐事情で購入可能だった(あまりにリーズナブルで申し訳ないないようなお値段)手作りの木工(カッテングボード ナイフ スプーン)をパチリ。
      
 今注目のステキな自宅ショップ廻りに誘って下さったバラ友さん、本当に楽しい眼福の一日をありがとう♪


「ツワブキ」の花が美しい季節です!

2010-11-23 20:01:01 | ガーデニング

 木枯らし吹く寒い「勤労感謝の日」。あまりの寒さに、まだ11月なのにつるバラの誘引を始めてしまいました。(当地では12月~1月が誘引の適期) アーチやフェンスの移動や設置と、かなり重労働も頑張りました。その来春へのバラ仕事の横で、「ツワブキ」の花が静かに でも凜と美しく咲いていました。
      
 日陰のスペースがほとんどの我が家の庭では、大活躍のカラーリーフです。緑色だけのツワブキが一般的ですが、白の斑入り(上の写真)や星の入る品種(下の写真)もあります。
      
 黄色の星模様と、さすがキク科だなと思う花の黄色があいまって なかなかの美しさ!この花を見ると初冬だなぁ~と、この花の横で落ち葉を掃いたり 落ち葉焚きをしていた子ども時代を思い出します。

 こちらは、鉢植えだからか(栽培が下手だからかも)花が咲かない?ツワブキ。
      
 なかなか個性的でカッコイイ系の葉で、花は咲かないけれどお気に入り。


初冬のバラ「粉粧楼」とクリスマスローズ

2010-11-22 14:23:20 | バラ
 今日は久しぶりの雨。この雨の後気温が一段と下がるらしい・・・。初冬の厳しい気温の中、バラが一段と美しさを輝かせています。段々開花までの時間が延び、多くの蕾が最後まで開花できるか気がかりとなってきました。

 バラを始めた頃からのお気に入りのオールドローズの「粉粧楼」。このバラは、この秋の花を見るためだけに育てているといっても良いぐらいです。
     
 横顔も素敵です。中国の古い時代の楚々とした宮廷女官の横顔のような美しさ!(チャイナローズ)
     
 今年は夏?剪定を遅らせたけれど、それでも今シーズン最後の開花が早く この美しさが見られぬまま終わるのではと心配でした。見られて本当に良かった! 雨 高温 寒さ 多肥と苦手の多いバラですが、それらを忘れさせる美しさと香り。

< クリスマスローズ >
 近頃、バラの鉢の土替えで多忙。(植え替えもだけれど、バラの古土がたくさん出るのでフルイにかけたり、リサイクルできるよう処理したりで。)  バラのリサイクル用土で何を植え替えようかな?と庭をキョロキョロ・・・あっ!もうクリスマスローズの芽が出かけている!
     
 急いで、古い葉をすべてカットしました。そして有機質の固形肥量もプレゼント。たったこれだけの一手間で、冬枯れの寂しい庭を彩ってくれる良い子。 まだ、何もしないままで放置されている方は 是非 古葉のカットと肥料を!