小さな庭の小さな幸せ・・・チャッピーのバラ庭より

小さな庭でバラと遊びながら、日々の風景や花の美しさに 小さな幸せを見つめています。オールドローズとリーフ類が、メインの庭

大感動のイギリス旅行の2・・・1日目(ヨークの2つの高名な庭&オープンガーデン)

2017-07-11 08:42:31 | イギリス旅行

今回の「吉谷先生と訪ねる英国の美しい庭」巡りの旅は
余りにも 
どこも どこも どこも 素晴らしすぎて・・・

どのように
 記憶に留めておくべきか?・・・悩んでいます
(もう 色々と忘れています…アブナイです)

 

 デ
個人的に スーパーサプライズだった
「キフツゲート ガーデン」だけは、前回書いたので・・・

これからは、日付の順 訪れた順で 綴って行くことにしました

 

 

スタートは
「Scammpston Walled Garden」から

 

 

「ニューペレニアルのお庭」との事で、色々と解説していただきましたが・・・

詳しくは 吉谷先生のブログをご覧下さいね

 

 

2番目は
長らく チャリティのオープンガーデンを続けてこられていたのが
今期で 終了される 「Hillbark Open garden」のお庭

訪問日が、まさにその最終日でした!

 

入って すぐに
一番心惹かれた この巨大な鉢植えは

 

火事で焼けた 国会議事堂の一部を
ワイヤーで留めて 鉢として使用されているとの事!

 

 

いたる所 ワァ!と思う演出に
スケールの違う情熱に 強く心動かされました

 

 

この巨大なモニュメント?のコニファーの、仕立て方も
図も書いて 親切に解説していただけました(^^♪

 

 

3番目は
「York Gate Garden」

スペンサー 一族が 庭を造られ
現在は「ペレニアル」?団体トラストに維持されているお庭との事

 

カラリーフ好きとしては
とても気に入ったお庭です・・・

 

 

ナント! この美しい斑入り葉は ↓
「栗の木」との事
いつか 日本で販売されたら、飛びつきそうです( ´艸`)

 

 

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 大感動のイギリス旅行・・・... | トップ | 大感動のイギリス旅行の3・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む