小さな庭の小さな幸せ・・・チャッピーのバラ庭より

小さな庭でバラと遊びながら、日々の風景や花の美しさに 小さな幸せを見つめています。オールドローズとリーフ類が、メインの庭

心打つ 野生種のバラ・・・「ツクシイバラ」

2017-10-05 08:23:13 | 野生種(species)

このところ
たまりに 溜まった、庭掃除と写真の整理励んでいます

 

すると
あら! こんな所に こんな写真がと
出てきたのが・・・

 

 

春の 門扉周りと「ツクシイバラ」の写真

 

 

不思議と心打つ 美しさのバラです♪

 

 

「好きだけれど、一般受けしないバラだから・・・」と
ついつい後回しに なっていたのですねぇ~

 

 

一季咲きの花なので
今は、可愛いローズヒップが たくさんなっています

このローズヒップの見頃は もう少し先ですね

コメント

今夏頑張ってくれた花々の2・・・ハマナス系のバラたち

2016-09-10 08:14:53 | 野生種(species)

今夏

「今朝も 咲いている!」と
日々 すがすがしい気分にしてくれたハマナス系のバラたち♪

 

 

ところが
あまりの暑さに 写真を撮りに庭へ出る事すらおっくうになり

後数日で咲くかな?と油断していると

すでに
ピークの美しさが 終わってばかり・・・

 

 

ハマナス系のバラたちは 耐暑性が低そうなので
比較的 夏涼しい所に植えているのですが

それでも とても楽しみにしている
ハマナス系のバラたちの 大きなローズヒップが

秋まで持たずに 全て落ちてしまいました(涙) 

例年は、晩秋まで かなり残っていただけに
今夏の猛暑の厳しさを ヒシヒシと感じますねぇ~

 

そして 今年から
”地域 我が家に合った庭造り”を目指そうと
「秋のローズヒップが美しい庭」を、テーマにしているのですが・・・
今夏の猛暑は 予想以上の伏兵?で~す

コメント

愛しの野生種のバラ・・・「ツクシイバラ」

2015-10-10 08:00:00 | 野生種(species)

野生種のバラの魅力に
ハマるきっかけとなったバラです(^^♪

 

一季咲きですが・・・花付きも良く
モダンローズ(現在のバラ)にはない 情感たっぷりの美しい花姿です。

日本のノイバラ(ロサ・ムルティフローラ)より
甘くやさしい香り♪


門扉脇の 我が家の一等地に置いていますが
 豪華な花でないためにか?
道行く方々の 注目度が低いのが残念ですねぇ~

 

そして 秋には
小さいけれど 赤くてキレイなローズヒップが鈴なり!

 

「スタンダード仕立てのバラを作る時の 土台にでもどうぞ」と
10年以上昔に 20歳前後?(息子たちと同じぐらい?)の男性から戴いた思い出のバラ

「バラを、一生の仕事として行きたい」と
熱く思いを語っていたその人は 「夢をかなえたかな?」と
このバラの花を見ると いつも思い出してしまいます。

 

野生種のバラを好きになってからは
繊毛や托葉なども 注意してシゲシゲと観察していますが・・・

ツクシイバラは交雑種も多いようですし
この個体はトゲなしですので 純粋なツクシイバラではないだろうと思っています。

ツクシイバラのトゲのない選抜種?

コメント

愛しのSpecies(野生種のバラ)その2・・・ロサ・グラウカ

2015-06-28 08:00:00 | 野生種(species)

花だけでなく 葉を観賞するバラとして、重宝されるバラ
「ロサ・グラウカ」

実生(種から育てた)の苗として
バラ友さんのA様からいただいてから 3年目にして今春初開花しました!

そして 今では
可愛いローズヒップも 6個ばかり(^^♪

とても ツヤツヤして、味のある色目ですね?

このバラは、大変暑さに弱く
関東地方以西の平地では 栽培しにくいと言われています。

以前見た 大津イングリッシュガーデンでも 
青息吐息で なんとか生きている感じだったので・・・

無事ここまで成長し(まだ 50センチ以下ですが)
花も見られて
ローズヒップも鑑賞できて とても嬉しい!

小さな花ですが アップにしてみると
桜のような花色に 梅のようなしべですねぇ~

 

我が家では一番涼しくて ベストだろうと思える所で
とても大切に育てていますが・・・

この6個のローズヒップの これからも含め
今後の展開に 興味シンシン!

コメント

愛しの野生種のバラ・・・「シロハマナス」&「スノーペイブメント」

2015-06-25 08:00:00 | 野生種(species)

日頃は忘れているけれど・・・
この季節 特に梅雨の頃

そのシャープで強い甘い香りと 清々しい花姿で
とても幸せな気分にしてくれる ハマナスとハマナス系のバラ!

このシロハマナスは、実生(種から育てた)で
思い出もタップリ

その上 耐病性はとても良好なのだけれど
耐暑性が 低くそうなので・・・
(自生地が、北海道や東北の海岸部)

仕方なく・・・その耐暑性に配慮して
ほとんど人目につかない 夏涼しい日陰に?植えています。

5月の 「2階からの和のバラ庭」の写真だと・・・
 中央のコーネリアの横 マキの木の下です。

 

この場所では 当然のことながら
花は南を向いて咲くために 通路側からはほとんど見れません。

デ 花瓶で楽しんでいます

一重の白花・・・シロハマナス

奥の薄いピンクの花・・・「スノー・ペイブメント」 ハマナスの交配種

シロハマナスは1日花ですが・・・
室内でも蕾が 次々と開花して、部屋をハマナスの素晴らしい香りで満たしてくれます♪

 

年齢を重ねて バラのメンテナンスが苦しくなったら
「庭中をハマナス系のバラだけにするのも 素敵で楽しいかも?」って思うほどの 
お気に入りのバラ (^^♪

 

コメント