小さな庭の小さな幸せ・・・チャッピーのバラ庭より

小さな庭でバラと遊びながら、日々の風景や花の美しさに 小さな幸せを見つめています。オールドローズとリーフ類が、メインの庭

四季咲きのような オールドローズ・・・「ジェイムズ・ヴィッチ」

2017-11-12 08:31:19 | オールドローズ

 

花数は、春 ↑ ほどではないものの

四季咲きと言っても良いぐらい よく返り咲くモスローズの
「ジェイムズ・ヴィッチ」の 花が

 

 


秋らしい? イヤ 立冬が過ぎたので、もう初冬らしいかな?
 一段と深みある花色で 咲いてきました ↑↓

 

 

うどん粉病に弱く 耐病性はイマイチですが・・・

オールドローズらしい?強香に
綺麗なボタンアイの花形

枝や 蕾の、腺毛のモス感?までも 何となく愛しくて
お気に入りの オールドローズです

 

 

秋の初めの頃の花は ↓
少し ピンク色が勝っているような花色でしたよ

 

コメント

大好きなオールドローズの秋花・・・「Champneys' Pink Cluster 」

2017-11-08 06:47:42 | オールドローズ

有名なオールドローズ
「ブラッシュ・ノワゼット」の母種? ご先祖?に当たるバラ

「Champneys' Pink Cluster」


(シャンプニーズ・ピンク・クラスター。 チャンプニーズと表記される事も)

 

 

「ノワゼット」と同様に 良く返り咲いてくれますが・・・


秋の 
春より 花数が少なく よりピンク色が濃く出ている秋花が
とてもマイ好みです♪

 

 

青空をバックに
色付いてきた 少し細長いローズヒップと一緒に
風に揺らぐ様も可愛くて 「このバラが やはり一番好みだわ」って
いつも つぶやいてしまいますよ( ´艸`)

 

 

春より かなり上の方で咲いているので
2階からも 写してみましたが 

 

 

やはり
下から 眺めるの方が良い バラですねぇ~

 

 

そして そして
このバラの名前は、チャイナ・ローズと ロサ・モスカータとの雑種の総称で
同名で複数の個体があるとの事!

同じ名前でも 少しずつ違うって事は・・・
より “私だけのバラ” って思えますねぇ~ オンリーワンの可愛さかも(^^♪

 

コメント

ペルシャ時代の古都の名を持つオールドローズ・・・イスパハン

2017-06-30 08:24:27 | オールドローズ

古き時代(ペルシャ)の 古都の名前を持つ
オールドローズの 「イスパハン(D)」

 

 

花持ちの良さ 香り
そして何より オールドローズ好きの方々の高評価に惹かれて

初トライしてみました

 

 

 残念ながら 「期待の割には・・・」が
偽らざる 素直な感想でしたよ。

 

(ただ 書籍で見た花と 微妙に違っています。
蕾の萼片も 違っています!
この子もホームセンターっ子なので、品種名ミスなのかも?)

 

 

デモ デモ 本当に 癖のない
「名わき役のバラ!」とも 強く感じましたよ

 

 

↑ 完全に 風景に溶け込んでいますね

 

そして、トゲがあまりなくて 
葉に触ると 手にオールドローズ香が残る所も、かなりの高好感度アップ♪


初めの期待とは 少し違ってしまいましたが
シッカリ 来年もこの位置で 育ててゆく事にしました!

コメント

もう一度会いたかったオールドローズは、「セルシアナ(D)」でした!

2017-06-12 08:36:55 | オールドローズ

庭を造り始めた頃(2000数年の頃)

ホームセンターで、日陰の庭には ピッタリかな?と
アルバローズ(A)を 何品種か購入しました。

 

 

 

日が当たる所まで伸びるのに 何年もかかったので
5年目?にして、やっと やっと咲き出した花に 大 大感動!

そして 個人的には
オールドローズの中では ピカイチの美しさと思ったくらいです

 

 

ところが
ホームセンターからのタブには「セレスティアル(A)」と書かれていた
とてもお気に入りだった このバラは
 4~5年前に、カミキリ虫被害で あっけなく枯れてしまいました。

 

デ 2度目は 
気合を入れて バラの専門店(バラの家)から 苗を購入してみると

ナント 咲いた花が違うのです!!!

 

そこで、以前から かなり
 「セレスティアル(A)」ではなくて「セルシアナ(D)」では?と 疑っていたので
葉色が、アルバローズらしくなかったし
品種名のタグが 間違っている事は、時々あるし・・・

再度
 同じバラの専門店から「セルシアナ(D)」を 購入

 

 

購入2年目にして やっと咲いた花は
間違いなく 「もう一度会いたい!」と 強く願っていた花でした♪
(バラは 新苗から育てる事がほとんどなので、開花まで年数がかかっています)

 

 

咲き始めのピンク色から だんだん薄い色へ ほぼ白へと
移り変わって行く その様子が、とてもとても美しい 情感のあるバラです

 

 

下手な写真力では
やっと出会えた このバラ本来の美しさが 伝えられないのが、とても残念( ;∀;)

 

コメント

昨年の感動以上に 素敵だったバラ・・・紫燕飛舞(ズーイェンフェウー)

2017-05-29 08:00:00 | オールドローズ

昨年 とある病院の前で咲いていて
バラ友様たちと大感動したバラ 「紫燕飛舞(ズーイェンフェウー)」

たまたま 昨冬
ホームセンターで超安価で 売られていたので
懲りずに 育ててみましたよ

 

 

紫を含んだ濃桃色の中輪で 甘さのない強い良香🎶

予想以上の美しさでした!

 

 

ブルー系の小輪の花々とのコラボも マイ好み🎵

 

 

日本には中国から導入されて チャイナローズとされてきたが
ブルボンローズの「ウジェーヌ・E・マルリ」ではないか?と言われている
謎めいたバラ

アメリカでは 「マギー」と呼ばれているらしいですが
漢字のイメージ、紫燕が飛び舞い踊るが まさにピッタリと感じるバラでした!

 

 

うどん粉病に弱いようなので 心配ですが(日当たり・風通し共に悪いのでね)
長き年月を生き延びてきた その生命力に期待しましょう

コメント