小さな庭の小さな幸せ・・・チャッピーのバラ庭より

小さな庭でバラと遊びながら、日々の風景や花の美しさに 小さな幸せを見つめています。オールドローズとリーフ類が、メインの庭

7月の、急いでした庭仕事

2017-07-22 08:27:53 | バラの作業

8日間のイギリス旅行と その前後2~3日
計 約2週間ばかり、庭をお留守にしていると・・・

水だけは
 夫が シッカリと与えてくれたので(感謝しておりま~す)
庭は ワサワサとジャングル状態に!

 

 

とりあえず
野生児のように逞しく咲いている花々を カットして
花瓶に活けた後 ↑
(それなりに バラの2番花が咲いていたようです)

 

 

大急ぎで
カミキリムシ対策グッズを セットしました

今年は 外来種のカミキリ虫が猛威を振るっている所もあるようです!

 

 

カミキリムシ対策グッズと言っても
中身は 防虫剤(パラゾール)ですが・・・

グッズの下のみ(気化した時の比重が 空気より重いので)は
それなりの効果を 感じていますよ

 

 

そして
カシワバアジサイも 色付く季節となっていたので
(我が家では 真夏との判断基準です)

 

鉢植えの バラたちには


「ハイポネック微粉」で 微量栄養素を補い
「ミリオン(ケイ酸塩白土)」で根のケアをしておきましたよ
(根腐れ防止と 発根促進)

コメント

ランブラーローズの 初夏のメンテナンス(強剪定)

2017-06-28 08:21:57 | バラの作業

開花は、年1回だけれど(返り咲きも有り)


たくさ~んのお花を咲かせてくれて ローメンテナンスで
素晴らしい庭風景を作ってくれる 愛すべきバラ

ランブラーローズの仲間たち♪

 

 

先日

ランブラーローズの1つ 「アルベリック・バルビエ」↑ を
来春も このスペースで楽しむために

思い切った 強剪定をしましたよ!
(例年 花後~7月半ば頃にしています)

 

剪定前(ビフォー) ↓

 

アフターの様子 ↓

 

 

スゴイ量の 剪定ゴミが出ましたが
これで ランブラーローズ1本分

 

 

ランブラーローズの仲間たちは
一度咲いた枝には 来春開花しない事が多いので・・・

毎年
この時期に、驚かれるぐらいの 強剪定をしています。

 

このタイミングに 思い切ってカットしておくと
コンパクトにもなるし 害虫(イラガなど)の発生も抑えられるので

一石二鳥で おススメですね

 

 

 

コメント

花ガラ摘みと 遅咲きのバラ「ノヴァーリス」「アイヴァンホー」

2017-06-02 08:08:44 | バラの作業

心躍る バラのハイシーズンも終わり
5月28日には
早や かなりのバラの、花ガラ摘みや切り戻しを スタートしました!

 

ピーク時には
空が見えないほど咲いていた「スノーグース」も ↓ 

 

 

バンバン 花ガラを摘み
空が 明るく見えるレベルまで、切り戻しましたよ

↓ アフター

 

下の写真などは
地面に落とした 花ガラは、すごい量なのに
どこを切ったの?ですねぇ~

 

 

早め 早めに、こまめに花ガラ摘みをしておくと
2番花も より早く咲いてきますね!

↓ 我が家では 早咲き品種の
「チャンプニーズ・ピンク・クラスター」の2番花も開花

 

 

 

そして 庭では、5月下旬頃から
遅咲きのバラたちが、「やっと 出番ね!」と咲き出してきました 

「アイヴァンホー」に

 

 「ノヴァーリス」

 

どちらのバラも
お庭遊びのお客様に 見ていただく事がほとんどないので
アップしておきますね

 

 

コメント

今頑張っている、日陰の庭のバラ仕事の2・・・芽かき&蕾のピンチ&色々

2017-04-27 08:12:26 | バラの作業

もうすぐ5月の頃に なると


バラも、新芽がモリモリで
向こうが 全く見えないぐらいに茂ってきます!

 

 

日当たり 風通し抜群の環境ならば
そのままでも 大丈夫なのですが・・・

日陰の庭では、病気のモト!

 


せっせと芽かき(不要な枝葉取り)を、していますよ

 

 

↑ は
今回、つるバラ「スノーグース」1本から 取り除いた量です

 

バラ友さんでも
 
この取り方? この思い切り?に ビックリされる方がありますが

 これぐらい 取り除くと

風通しも 日当たりも良くなりますし
バラに絡めていたクレマチスの花も 良く見えるようになりましたよ ↓

 

 

そして 芽かきと同時に
蕾を かなり取っています(蕾のピンチ 蕾の25~30%ぐらいかな?)

四季咲き性のあるバラ(良く咲くタイプ)では
バラが、より元気で より長く楽しめると感じていますよ

 

 

そして そして

日陰のシェードガーデン部分でも
昨春のように咲かすために、色々と 頑張っていますよ

 

 

シェードガーデン奥のバラ「雪あかり」を

蕾が上がってから、水汲みの乙女像周りへ 誘引のし直しをして
(日陰では 蕾がつかないのでね)


ピンクのラインで囲んでいる所へは
日当たりで育てている鉢植えの中から、”マイ今年のバラ”を選んで お連れしま~す( ´艸`) 

コメント

今頑張っている、日陰の庭のバラ仕事

2017-04-22 08:56:04 | バラの作業

3月が寒くて
桜の開花は 遅れましたが

 

バラは、早や蕾が割れて 色が出てきたものもあって
5月の開花状況に 今からハラハラしていま~す

今年も 超早咲きなのかしら?

 

 

我が家での 一番早咲き種の「レミチャン」は
まだ 良いのですが・・・

 

 

お気に入りの オールドローズ「ルイーズ・オディエ」には
「まだまだ咲かないでね~! ゆっくりでね~!」と 側を通る度に お願いしています(笑)

 

 

デ そのような状況に
日陰庭のバラ対策を 慌ててスタート!

 

早朝は それなりに日が当たっているのですが

朝の10時には 日陰になってしまうスペースです。

 

 

初めてトライする品種は
蕾が上がるまで プラ鉢で日当たりの比較的良い所で お育て

 

 

その後 プラ鉢のままで、誘引し直しています

 

 

今回 初トライのバラは
オールドローズ ダマスクの「イスパハン」

 

厳しい日陰スペースなので
当然 一季咲き

一応 「日陰にも耐える品種」とされていますが
どこにも 「日陰でも 開花」とは書いてないのが、いつもなが 変に感心してしまいます

 

 

「花持ちよく 約1か月近く咲き続ける」との言葉に 惹かれたのですが
(我が家のバラは ほとんどが香り命で 花持ちが悪いのでね)

ほとんどトゲがないのと 葉色がキレイがうれしい♪

 

 

 

コメント