「釣った魚に餌はやらない」散財日記

本、ゲーム、CD、DVD等の購入日記。雑食ですがBLと少女漫画が中心傾向。感想はネタバレまじりが多く、たまに長めです。

いちご100%最終回(ネタばれあり)

2005年08月02日 23時38分46秒 | 
昨日買っといてもらったはずのお買い物
・WJ '2005 35号

出張先からこんばんは。出先でWJを購入すると荷物になるので、姉に買っておいてもらってます。(←買わないという選択肢はないのか)お金も渡したし、買ってくれてると信じてるよ、姉…!(買ってくれてるかどうかは別として。←オイ)

卒業式から4年後、東城の直林賞受賞でひさしぶりに会う映像研究部の面々。真中は世界中を放浪し、東城の小説を映画化する場合のロケハン→その映像からの映画で受賞し角倉の事務所入り。これからも東城の小説を映画化することが目標だ。

ここまで読んで「やっぱり最後は東城かー」と思った。

その後、誰かと待ち合わせの真中。再会の会話ののち、真中が言ったのは「白紙に戻した関係だけど、もう一度つきあってくれますか?」で、真中が選んだのは西野でエンド。

…えー!?
私は「つかさちゃん…!」な人間ですが、最後の3ページはつかさちゃんじゃなく東城ですげ替えできそうに見えたりします。(そりゃさっき東城と再会してたんだから、流れ的にはどうかと思いますが)

いちご最終回に備えて、先日から既刊コミックスとWJを読み返してたのですが、東城とうまくいくとしか思えませんでした…。(特に第1回)確かにつかさちゃんの方が美味しいエピソード多かった(デートとか)けど、それもこれもラストで東城が真中とうまくいくことでチャラになるんだろうと思ってたのに西野エンド。…東城かわいそうだ…最後には報われるんだと思ってたよ…。たしかに先入観を捨てれば最近の流れから言えば西野エンドはアリでした。いちご第1巻のことを忘れさえすれば…。

いちご最終回で思い出したのは「気まぐれオレンジロード」と「天然素材でいこう。」です。(この先「気まぐれオレンジロード」・「天然素材でいこう。」ネタばれあり)

「気まぐれオレンジロード」は両天秤だった主人公がまどかを選んだことを、ひかるちゃんが本誌最終回では1コマで納得してたのでびっくりしました。コミックスではひかるちゃんが傷ついて納得するまでがかなり描き足されてたので、コミックスでは読者の私も納得できたことを思い出します。いちごもコミックスで終盤いなくなってた天地とかのフォローしてくれたらいいなーと思います。

「天然素材でいこう。」は最後のあたりで主人公の彼氏が、主人公とは別の幼なじみの女の子が気にかかって仕方なくなり主人公と別れますが、主人公への気持ちは恋ではなく人間として憧れだったと元彼氏が言ってたのが思い出すだにムカつきます。いやあんた、心変わりはそれはそれで仕方ないかと思うけど、2人の間のことをなかったことにしたいだけなんじゃないの?罪悪感減らすための言い訳?本当に恋じゃなかったのかよと思いました。
真中も同様。
つかさちゃんに2度目の別れを持ちかけた時、気になるのは小説>東城と言ってたけど、あんた初恋は東城だったじゃん…。だからつき合ってる間もつかさちゃんに集中してなかったよね…!

最近のいちごはたしかにつかさちゃん寄りだったと思いますが、もし全2巻で完結だったら中学卒業までで東城エンドだったんだろうなーと思います。長く続いた最終回の方が妙に打ち切り臭がするのってどうだろう…。

振り返ってみると、真中が好きなのは東城だけどつき合ったのはつかさちゃんだけだった。東城=夢、西野=恋なんだったら都合いいですね、真中だからね…!私が男だったら、多分もっと東城のこと好きだったと思います。だから真中の気持ちもわからないわけじゃないけどさー、でもさー。

彼女なのにつかさちゃんをないがしろにしてた印象しかありませんが、真中が買ったプレゼントはほとんどつかさちゃんへの物でしたねそのプレゼントの一つがいちごパンツだったのは、今思うと最終回を暗喩してたのかもしれません。(←たぶん違う)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 購入ヤバイ | トップ | コルダ攻略本購入 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。