sigh.

日常あれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

椿山課長の七日間

2006-11-11 21:13:02 | 映画・ドラマ
劇場公開は来週からなんですが、Yahoo!のオンライン試写会に当りました☆
という訳で一足お先に見てみました。本日2本目の映画。

椿山課長の七日間

原作は以前このブログでも記事に取上げた浅田次郎さんの同名小説。
主演は西田敏行さん、伊東美咲さん、成宮寛貴さんといった面々。他には、ただ今ドラマ「14才の母」で熱演中の志田未来さん、朝ドラでおなじみの国村隼さん(国は旧字体です)余貴美子さんといった豪華なキャストです。

あらすじやなんかは公式で見て頂くとして、ここではやっぱり感想のみ。

上映時間は118分ですから、二時間を切る訳です。その時間で、あの原作が纏まるのかな?という不安があったのですが、上手に切ったり貼ったりしてまとめてあったんじゃないかな。と思います。冒頭の辺りとか、若干バタバタしてる感が無くもないのですが、削る所は大胆に削って、残す所はしっかり残して、きれいにまとめてくれてたんじゃないかな。と。

もうひとつの不安は、伊東美咲さんのお芝居だったのですが(ファンの方スイマセン)周りのキャストに助けられていたのか、思ったより全然大丈夫でした。←大丈夫ってなんだ。頑張ってらしたと思います。
といっても、本作でおぉ!と思ったのは、余貴美子さんです。マンションでのシーンとか、屋上のシーンとか。一番ぐっときた。それと、和久井映見さん。和久井さんの役どころは非現実感が必要な役所でしたが、もの凄く似合ってらした!自分が其処へ行ったときに迎えてほしいです。是非(笑)
それに、子役の2人。志田未来さんと、須賀健太くん。2人とも有名子役ですが、流石ですね。画面に子役2人でも安心して見ていられる不思議(わぁ)

あんまりお話を話すとネタバレになるから言えないんだけど、どう言ったらいいかな…。
原作のお話を、切ったり貼ったりちょっと変更したりしてあるのですが、特に最後のシーン。私は、この変更は嬉しかった。映画を見ながら、あのシーンになるのかな…と思うと切なくなっていたのですが、最後がああいうシーンになっていて、私は嬉しかったし、この映画をみてよかった!と、思えました。うん。ラストシーンは、私は、原作よりこの映画の方が好きです。

ちょっと粗いかな?と思うところはあるんだけど、最後に「良かった」と思ってほっと出来たから、いい事にしましょうっ
最後に、すごく温かい気持になれる映画だと思います。
自分が死んでしまったら…と、その後の事をちょっとでも考えた事のある人にお勧め。
そんなに悪い映画じゃないと思うよ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TANNKA 短歌 | トップ | 山茶花 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(^-^)/ドモ (あんぱんち)
2006-11-20 00:28:01
屋上のシーンは、ヤバイです!反則です!

須賀健太と志田未来・・・上手すぎる!!!
そこらの大根役者より、何倍もスゴイ!!!
この2人の演技だけでも見る価値はある。

伊東美咲の演技にはやられましたねぇ。
泣いた自分が「負けた」って感じです(爆)
こんばんわです! (Kazumi@管理人)
2006-11-20 22:27:08
>あんぱんち さん。

屋上のシーン!確かに!アレは反則ですよね~(笑)

そうなんですよ!子役の2人が本当に凄くて!
仰るように、この2人の演技を見に行くのだけでも充分価値はありそうでしたよね。2人とも将来が楽しみです♪(ちょっと心配でもあるんだけど(笑))

ん~…「負けた」って感じですかぁ~…私も見事に負けちゃいましたっ☆←ダメじゃんっ
私的には、伊東美咲さんを見直せた映画でもありました。負けたし(笑)
TBさせていただきまいした。 (タウム)
2007-11-10 14:29:50
作品全体としては、イマイチという感想でしすが後半は泣きまくりでした。
TBありがとうございましたvv (Kazumi@管理人)
2007-11-11 22:26:09
>タウム さん。

そうですね。凄くいい作品!というのじゃないんですけれどもね(笑)どこかほっとさせてくれる、温かい作品だったと記憶しております。私は好きですよ♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
椿山課長の七日間 試写感想 (D.D.のたわごと)
今回も「かってに配役」が重要キャラでズバリ! 公開1週間前に行われたネット試写を観ましたが,よかったですよ~。
映画:椿山課長の七日間 試写会 (駒吉の日記)
椿山課長の七日間 試写会@有楽町朝日ホール 「こわいことになりますよ」 原作 は想像以上にハートウォーミングな作品。映画は設定がちょーっと変わってて、ストーリーからはややはしょってました。中陰役所(あの世)がお役所仕事なところをちょっと見た ...
椿山課長の七日間 (ネタバレ映画館)
 がに股歩きの伊東美咲。はたして『転校生』のように体を触りまくるのか?!
「椿山課長の七日間」 (しんのすけの イッツマイライフ)
もちろん楽しくもあり、 ホロリと涙もする作品には違いないのですが、 なんのなんの、 最後には不思議なくらいにステキな気分になれました。
映画「椿山課長の七日間」 (いもロックフェスティバル)
映画『椿山課長の七日間』を試写会で観た。
『椿山課長の七日間』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『椿山課長の七日間』鑑賞レビュー! 浅田次朗による 笑いと涙の感動作がついに映画化! 朝日新聞夕刊連載中から大反響を呼んだ 浅田次郎による笑いと涙満載の感動作 『椿山課長の七日間』待望の映画化! 『子ぎっねヘレン』で日本中に 感動 ...
最後の愛情。『椿山課長の七日間』 (水曜日のシネマ日記)
突然亡くなってしまったサラリーマンが、初七日までの間、人間界に戻り、別人の姿で過ごす物語です。
椿山課長の七日間 (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2006年11月18日 配給:松竹 監督:河野圭太 出演:西田敏行,伊東美咲,成宮寛貴 鑑賞日:2006年11月11日(Yahoo!BBオンライン試写会) 自宅PC(座席数1) 【ストーリー】 脳溢血のため突然死した椿山課長。やり ...
【劇場鑑賞128】椿山課長の七日間 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
突然死した中年男が、 絶世の美女になって 三日間だけ この世によみがえった。 ひとめあなたに、 会いに生きたい。
椿山課長の七日間(映画館) (ひるめし。)
ひとめあなたに、会いに生きたい。
椿山課長の七日間 (勝弘ブログ)
http://www.tsubakiyama.jp/ここは、殺人や事故で不慮の死をとげた魂が訪れる、『怨みの門』。わたしは、門番のイズコ。あなたは死んで、魂だけの存在になりました。あなたはここで、三つのうち一つの行き先を選んで、この門
椿山課長の7日間 (CinemA*s Cafe)
公式サイト 海猫の映画を観たときに、私を驚愕させた演技の持ち主、伊東美咲主演ということでかなりの不安を抱えての鑑賞となったのだけど、西田敏行という名俳優がいるのでどうにかなった。 しかも、伊東美咲演じる
7日間だけのこの世  映画 「椿山課長の七日間」 (本読め 東雲(しののめ) 読書の日々)
映画 「椿山課長の七日間」 突然死んだ中年男が、天国への途中で、あまりに突然の死がかわいそうだからって、七日間だけ、この世に戻ることを許される。 しかし、この世に戻った...
『椿山課長の七日間』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ椿山課長(西田敏行)は、勤務先のデパートで脳溢血のために突然死してしまう。しかし、現世に未練を残し死んでも死にきれない椿山は3日間だけ現世に戻ることを許してもらう。あの世からこの世に舞い戻った椿山は、生前の姿とは似ても似つかない絶世の美女(伊東...