桃とかなへび

いらっしゃいませ。

食べる

2017年01月02日 | 或る口福
毎日毎日なにかしら食べていますが、年末年始の食はちょいと贅沢になります。

お休みに入った12月29日、実家から「カボスぶり」の半身が届いた。
前日朝に目の前で捌いたものを真空パックして、氷とともに箱詰めされ即宅配へ。

届いたら即オープン、氷はほとんどとけてない。
ぶりも新鮮、脂がのって、美味しそう。
三徳包丁と料理バサミを駆使して捌く。まずはブロック分け。出刃は持ってないので無理はしない。大きめのアラのまま、吸い物でもぶり大根でも作ってしまう。盛り付ける時に骨を外せばいい。

29日の晩ご飯は刺身。トロの部分も初日にいただく。
とっておきの村尾を開けて、ロックで。
ぶりも焼酎も、たまらん美味しいす。

30日は酢飯にしてぶりをのせる。これまた美味しい。京都の兄さんが毎年送って下さる千枚漬けも届いて至福。750mlの村尾は、惜しみつつ飲んだものの二日でおしまい。

元日のお雑煮にもぶりを入れました。博多風?
はじめての試みながら、臭みもなくパサパサもせずこれまたいけます。
おせちは日本料理屋さんのを買いました。藤沢のお気に入りのお店。一人分ずつの販売で3人分。
美味しいし楽だし、ありがたいす。

あれこれ飽食、三が日過ぎたらコロっとヘルシー路線に変更します。
とはいえ、美味しいものを飲み食いするのは楽しいものでございます。
ごめんなさいとありがとうの「いただきます」ですね。
「ごちそうさまでした」

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年 | トップ | MUZAジルベスターコンサート2016 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。