桃とかなへび

いらっしゃいませ。

雨あがりの小岩に

2017年06月30日 | ライブ・ギター
空いた電車でウトウトして、目覚めれば錦糸町。
知らぬ間にギュウギュウの車両を、新小岩の乗換で抜け出した。



土屋祐介 バースデーライブ
2017年6月28日(水) 19:30~ 小岩Back In Time


鐘の響/ペナン・ブーコ
ラグリマ~アデリータ/タレガ
アルハンブラの思い出/タレガ
前奏曲11番/タレガ
アラビア風奇想曲/タレガ
愛のロマンス(禁じられた遊び)
11月の或る日/ブローウェル
Midnight Wind/土屋祐介

Signe/ エリック・クラプトン
ニュー・シネマ・パラダイスより
テーマ曲 ・ 愛のテーマ/モリコーネ
カバティーナ 「ディアハンター」より
アンダルーサ5番/グラナドス
Yesterday/The Beatles
Here Comes the sun/The Beatles
前奏曲3番 /ヴィラ=ロボス
五木の子守歌/編曲:土屋祐介
イパネマの娘/ジョビン
晩鐘/土屋祐介


タンゴ・アンスカイ/ローラン・ディアンス



いつものように、鐘の響。
オープニングの鐘の響より気持ちが明るくなる曲を聞けることはあまりないかも。
だからつまんないと思うほど、ギターの音も人の気持ちも単純ではないわけで、
今日も何かを期待して聞きはじめる。

おなじみタレガシリーズ。
ずっと前に一度聞いた演奏に1分もかからない 前奏曲11番は、タレガの曲だったのか。
短く美しい、この曲に続けてどんな音楽を聴いたら素敵だろうと考える。ギターに限らなくていいと思うな。

アラビア風奇想曲、スペイン語?原題を紹介されてましたが、なんか美味しそうな感じでした。

「カプリチオ アラーベ」でした〜 (≧∀≦)

この曲に限らずでしたが、今回の演奏は全体的に、官能を少し控えて、清涼感をプラスしました、みたいに聞こえました。個人的な感想なので、言葉通りだと思わないで下さいね。

Midnight Wind 中間部、ほんの少しいつもと弾き方を変えただけで、印象変わりますね。

土屋さん、足下のスイッチでピックアップのオンオフを操作されてました。
しかし実は前半の終盤から、後半のニューシネマパラダイスまで、オンオフが逆転していました。
調弦でオン♪ 曲でミュート。

意図したものと逆になってしまったわけですが、
土屋さんが弾くので生音でも充分聞こえるのです。
ニューシネマパラダイスなど、素朴さがかえってノスタルジックな感じでよかった。
ちょっと得した感じ。

よかったけど、ちゃんとピックアップを通したカバティーナとアンダルーサ、さらにグッとよかった。
今日になってもアンダルーサが頭の中ぐるぐる〜

ビートルズ辺りで、病み上がりの身体と脳が明らかに疲れてきた。
あー、もう全開で聞けない。
申し訳なくも、省エネモードになりました。
前奏曲3番なんて、ちゃんとした頭で聞きたかったなあ。
それでも、ギターの音は心地よかったです。

タンゴアンスカイも、若干爽やかに聞こえました。気のせいですか?笑

赤いちゃんちゃんこまであと2年ですか。
58歳、おめでとうございます。
これからガラリと違うレパートリーも、期待しております。
久しぶりの小岩、和やかで楽しかったです。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベビーカーに乗って | トップ | 千葉のきょんきょん »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。