ニクふらふら日記

ふらふらしたニクの日記です

1800円+税 と、夢の話他

2017-05-17 09:43:01 | 携帯より
まずは形から入るタイプです。
頑張るどー!
以下、思うままに書いた文ですので、どうにも時間を潰す術がないお方、ご覧頂ければと思います。だってホントにしょうもない(書き終えた後に言うので、間違いない)



○夢の話

昨日見た夢の中で、「まだ出勤日が残っていたから出社しなくては!」という夢を見ました。
数日前にも「まだ出勤日が残っていた!」という夢をみており、昨日の夢の中で「この状況と同じ夢を見たんですよ!」と先輩と後輩に言っていました。
これは夢だなぁという自覚がなく、夢の中で現実に感じたことの話をするというのが妙な感じでした。
現実に(起きている時に)あった出来事を踏まえた夢、というのはもちろん見るんですけど、それとは何だか違うような。
夢を、「これは夢だ」と頭が醒めた感じで見るのとも違うし、夢の中で感じる「輪郭が曖昧になっているような」感情(夢の中で驚いたりしても、現実で驚く時より鮮明さに欠けるように感じます)とも違う…うーん。

夢だと認識できていないから、夢の世界を見る目はくもっているはず(と私は思っている)のに、「こんな夢を見た」という現実で考えたそのままの事を夢の中で口走ったというのが妙&妙。
子供の時に、空を飛ぶ夢(大体途中で落ちる。飛ぶ手段はタケ○プターか、スーパー○リオ3のマントでぷわぷわするやつ)とか、怪獣や恐竜が現れる夢を何度も見たけれども、その時にはどう感じていたのか、さっぱり、思い出せない。
「こんな見たな」と、起きた時に感じたのは覚えているけど、夢の中で「こんな夢見たことあるな」と思いながら、思っている時点では夢の中にいる自覚がない、というのはあったかなぁ。
先輩も後輩も、今の家に居るわけがないのに、そこには何も疑問を感じていなかった(=目がくもりにくもっていた)という部分との、ギャップがなんか
きしょ!!
と思い、つらつら書きました。未知の感覚は、いつでも人をゾワゾワさせるなぁ…というオチ(おちているのか)

○テレビ
先日、N○Kの番組で「これは再放送すべき!」という番組を見たのですが、昨日から今日に日付が変わる頃にすぐさま再放送されていました。
気付いたのが1時手前で、一時間番組だったため、嬉しやら悔しいやら。(だって録画したかった)
オンデマンドで見れるかもだけど、お金がかかるからな…
書きながら「その程度の情熱か!」と、もうひとりのぼく(懐かしい)からつっこみが入ります。文を書いてる時あるある(にく版)
N○Kさん、もーう一回!もーう、一回!!
本当に素敵でした。こんな人生に憧れる、という…「二人の神様」


朝からかじりつきすぎました。
ぼちぼち頑張ろう
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文房具店にて | トップ | ああー »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。