へたな釣り爺の雑記帳                 

一人でも多く助かってほしいから
地震で瓦が落ちたら即高台へ避難。
津波はすぐきます。家族の命が一番。

暑気払いはビールで健康になり隊なぁ。

2017-08-10 | 日記
 毎日暑い日が続きますなぁ。

 外出する際も、また家にいる際にも熱中症対策が必要となりますので、

 皆様くれぐれもお気を付けください。

 そんな暑い夏にも「楽しみ」はあります。

 職場で暑気払いをする方も多いのではないでしょうか。

  ビールを飲む「口実」にしている方もいるかもしれませんが、

  昔ながらの暑気払いで夏を乗り切ろうと言う方も多いことでしょう。
 
    「暑気払い」と広辞苑で引くと、

  「暑さをはらいのけるために、何らかの方法で講ずること。」とありました。

  エアコンも扇風機もない時代の暑気払い方法は、

  身体を冷やす食べ物や飲み物で夏の暑気を払うことでした。

   それが、いつの頃からか暑い時期の「飲み会」を

    暑気払いと言うことが多いですなぁ。


   そこで暑気払いに、

    おすすめの体を冷やす食べ物・飲み物を。

   まずは麦類・素麺・冷麦などは、

     夏の風物詩と言えるほどの食べ物。

     麦と言えば忘れてはいけないのが、

       そう、「ビール」です。

    ビールも立派な暑気払いの飲み物です。

    これは私の意見ではなくて本当にそうなのです。

    ただ飲過ぎはよくありませんが。

     水分補給も必要ですが、

    体内の余分な水分を取り除くことも重要とのこと。

   大豆や黒豆などの豆類には、その作用があるので、

      暑気払いに食べたいものといえます。

     さらに夏と言えば、

     辛いもの、キムチやカレーなども食べたくなります。

    また、冬のイメージで意外と思われるかもしれないけど、

    甘酒は江戸時代には暑気払いに呑まれていた実績があります。

  当時は暑い夏の栄養ドリンクのような役目を果たしていたようです。

    今では炊飯器とお粥と米麹があれば、自宅でも作れますので、

   夏バテ気味の時には是非、自家製甘酒を作ってみてはいかがなものか。

   暑い時期にはどうしても、冷たいものばかり食べてしまいますが、

      冷やし過ぎも身体にはよくありません。

     夏場はシャワーで済ませがちになりますが、

       ゆっくり湯船に浸かる時間を作ったり、

     熱いお茶を飲んだりして上手くバランスを取って

       夏を乗り切ろうではありませんか。

     夏の暑い日には花火が似合う季節になりました。

    にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 南相馬情報へにほんブログ村
  ⇒南相馬市への応援を、ぽちっと一つお願いします。
『ささやき』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相馬野馬追・質実剛健、相馬... | トップ | 八月七日は立秋でした。 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事