gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-12-13 16:39:18 | 日記
藤堂省
藤堂 省(とうどう さとる、1947年10月30日 - )は、日本の医学者。北海道大学名誉教授。専門は、外科学、移植外科、特に臓器移植に関する研究。
略歴[編集]
鹿児島県国分市出身。福岡県立福岡高等学校、九州大学医学部卒業。学位は医学博士(九州大学、1991年)。
九州大学医学部助手を経てアメリカ合衆国ピッツバーグ大学医学部に移籍しフェロー/准教授/教授を歴任。1997年に北海道大学大学院医学研究科外科治療学講座消化器外科・一般外科分野教授[1]。2011年3月に北海道大学を定年退職。同年4月北海道大学大学院医学研究科移植外科学講座特任教授。2013年より聖マリア学院大学大学院看護学研究科教授・聖マリア病院研究所所長に就任[2]。
1997年6月には国会の臓器移植特別委員会の公聴会に公述人として出席し「米国では13年間に脳死患者からの臓器摘出を300例から400例行い、実際に肝臓移植の手術を1994年まで1,000症例を経験した」と述べた。1999年2月に行われた国内初の脳死移植で肝臓摘出チームの中心となり、心臓、腎臓、角膜などのチームを統率した。
移植医としての手腕について、「神の手を持つ」と称されたこともある[3]。
一方で、北海道大学による「名義貸し事件」(地方病院で勤務したように見せ掛け、報酬を受け取る大学ぐるみの不正事件)では、数千万円に及ぶ顧問料を受け取ったと報じられた[4][5][6]。
脚注[編集]
[ヘルプ]
^ 消化器外科I - 北海道大学病院。同ページに「1997年、藤堂教授着任後、肝移植が開始されました」の記述あり。
^ St'mary's - 聖マリア病院・聖マリアヘルスケアセンター広報誌
^ 読売年鑑2000 巻頭企画「21世紀キーパーソン」
^ 読売新聞2003年9月24日
^ 多くの教員 顧問契約/北大医学部顧問料問題 2003年8月26日 - MYTOWN北海道 asahi.com
^ 北大第1外科藤堂教授、医師派遣で圧力 奈井江町に好待遇要求拒否され中止宣告 医師派遣をめぐって、北大側が「圧力」をかけたとされる、空知管内の奈井江町立国保病院 2003/08/27掲載 ‐ フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
カテゴリ: 日本の医学者日本の外科医北海道大学の教員ピッツバーグ大学の教員九州大学出身の人物鹿児島県出身の人物1947年生存命人物
案内メニュー
ログインしていませんトーク投稿記録アカウント作成ログインページノート閲覧編集履歴表示検索

Wikipedia内を検索
表示
メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ
印刷/書き出し
ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン
ツール
リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用
言語
リンクを追加
最終更新 2016年11月9日 (水) 00:51 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。