チョコハナな日々

ちょこっとした日常のさまざまなことに対する想いを書いていきます。

風見さんの体調

2016-11-20 | 風見 治さんとハンセン病問題
11月1日も2日も連絡がありませんでした。

あれ?いつもなら電話があるのに...

里帰りで長崎に戻ってきたのかどうか、連絡してみよう...

...と思いつつ、子どもの鼻かぜがうつったりあれこれとあって、

やっと先日電話してみました。

電話に出たのは、知らない女性。

「風見さんの携帯ですが、代わりますね」

女性は病院の看護師さん、そう、風見さんはまた入院していた。

この前は大腸の手術で、今度は眼がみえなくて検査入院中。

濃霧の中にいるような、周りが白く見え、自分の手がぼんやり見える、という。

原因は不明。

満身創痍の状態でかろうじて長崎へ戻ってきたので、連絡する余裕がなかったとか。

鹿児島へ帰ってから、また眼が見えなくなり園外の病院に入院した。

「見えないので自分からは電話ができない、退院したら連絡するから」

わたしもタイミングが悪いのか、前回と同様入院中に電話をかけてしまった。

また、濃霧から脱出できたらいですね、風見さん、連絡待っています...




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 障害を価値に変える.... | トップ | 講演会も終わり.. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

風見 治さんとハンセン病問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。