雑記、日記、などのブログ

日々の出来事、不満、怒りなど

この前の話 鳥羽水族館

2017-03-13 09:15:15 | Weblog
 3月7日火曜日に電車で鳥羽水族館へ行ってきた。朝7時半くらいの電車に乗って名古屋駅で名鉄から近鉄に乗り換え特急券は高かったが賢島行きの電車に乗った。途中で長島スパーランドの一番大きいジェットコースターが見えた。すごくでかい。四日市の所ではお山のてっぺんが雲に隠れて見えなかった。電車の旅行は楽しいと思った。(近鉄に乗るのは初)五十鈴川で乗り換えて鳥羽駅に到着した。それまでに多くの駅員さんに質問してようやくたどり着けた。駅を降りるとすぐそこに鳥羽水族館が見えた。入場料を払い入館すると横に広い構造になっていることがわかった。まずはセイウチショーをみた。セイウチさんは演技がとても上手でビールの栓を抜く音の真似をする時は本物みたいだった。水族館の職員さんとのコンビネーションがすばらしい、後でセイウチさんの背中に触る体験をしたぷにぷにとした感触。そして口がくさい。次は近海の魚達が大きな水槽にいっぱいいる所→遠洋の魚がいるとっても大きな水槽→南海の綺麗な色をした魚の水槽、カクレクマノミのニモの友達ドリーの友達もいた。次はスナメリやイルカ、ジュゴン、とってもかわいいと思った。→アシカショーを見たとてもかわいかった。器用なやつでボールやプラスチックのバットをくるくると鼻先をつかい回すのがすごい、俺は大きな拍手をした。昼食を食べに食堂へ行った。チャーハンを頼んだが炊飯器からチャーハンが出てきてびっくりした。味は中の下まあこんなもんだと思い食べた。なんだか出口が見つからなくなり3周くらいしてようやく脱出できた。帰りにお土産コーナーに居たジュゴンのぬいぐるみに癒されて購入してしまった。
 次は隣の建物へ移動「ミキモト真珠館」どうやらここは真珠の養殖が盛んらしい、入場料を払い中へ入り展示物をみた。今は世界のかんむりを展示しているようだ。真珠、宝石、冠はとても綺麗で見とれてしまう。 次は遊覧船に乗ってイルカ島へ行ってきた。移動中はひどく揺れるので吐きそうになったが耐えた。イルカ島は山と神社があるだけで何も無いと水族館で客が言っていたが一応リフトで山を登ってみた。景色は抜群にいい、小さな島がいくつもありすばらしい風景だった。リフトはベルトが無くとても怖い、てっぺんは広場がありそこでアシカショーを見た。何度みてもアシカはかわいかった。再びリフトで降りる時には上りの倍以上の恐怖を感じた。遊覧船でさっき乗った所に戻る。気持ち悪い吐きそうだ・・・。だがそこはこらえた。船から降りたがまだ頭がゆらゆらする感じがあった。ちょっとお腹が空いたので鳥羽駅の入り口横にあるたいやき屋さんでたいやき(あんこ)を食べて帰宅した。晩ご飯が間に合わなかったので帰りに牛丼並盛を名鉄名古屋で食べた。とても足が疲れた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酒はうまいがほどほどに | トップ | 針捨てボックスが満タンだ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。