堂蓮記<北海道富良野成田山布部不動堂>

毎月の『御心言』と不定期の『祈願講釈』と徒然なるままの箴言・戯言・読書感想等・北の大地の坊主富良野生活記。

〈各々方々の呟き〉より……#仏教 #世界平和非暴力非差別 #buddhism #furanonaritasan #japan #ANTISEC...

2017-06-16 11:24:40 | 日記
@28ban
『世参言』世界史を省観ると、ナチスとは既存体制打破叫び心掴み、ヒトラーと言う文化人をカリスマレジェンド役にして熱狂心酔させたライブ企画団体で、日々常日頃から「ハイルヒトラー」と言うコーラス唱える小さいライブが在り其処彼処で行われ、ニュルンベルク党大会は最大の野外ライブと言えるか。(音楽・演劇・芸術・服飾・文学・スポーツ競技・其の他全て文化に当て嵌まる。)


『世参言』世界史を省観ると、ナチスとはヒトラーと言うカリスマスピリチュアルカウンセラーを信奉信愛するスピリチュアルワークショップで、ヒトラーと言うカリスマコンサルタントを信頼信用する自己啓発セミナーで、ヒトラーと言う生き神様を信奉信心する宗教・信仰・祈りの文化だったと言えるか…。


『世参言』ナチスの「ジークハイル!(勝利万歳)⇔ハイルヒトラー!(ヒトラー万歳)」を、よりスピリチュアル的表現だと「感謝幸福万歳!ヒトラー万歳!」、より自己啓発的表現だと「成功勝利万歳!ヒトラー万歳!」、より宗教的表現だと「崇敬感謝万歳!ヒトラー万歳!」と、置き換えられるか。

『世参言』世界史を省観ると、ナチスのニュルンベルク党大会とはヒトラーと言うカリスマスピリチュアルカウンセラーのスピリチュアルワークショップーで、ヒトラーと言うカリスマコンサルタントの自己啓発セミナー講演会で、ヒトラーと言う生き神様預言者を信心する宗教の祭儀大法要だったと言えるか。


『世参言』世界史を省観ると、ナチスとは「ゲルマン民族アーリア人ドイツに拠る世界のアセンション!」と言うスピリチュアル系で、「千年帝国成功自己実現!ゲルマニア建設!」と言う自己啓発系で、「ジークハイル!ハイルヒトラー!」と言うマントラ唱える宗教・信仰・祈りの文化だったと言えるか…。


☆是は、宗教信仰思想哲学主義運動文化・経済経営軍事科学医療教育福祉環境のカルトに、置き換え当て嵌め比較対照出来る。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〈【世界人権宣言第十二条】... | トップ | 『透句・一括離観』より……#仏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。