堂蓮記<北海道富良野成田山布部不動堂>

毎月の『御心言』と不定期の『祈願講釈』と徒然なるままの箴言・戯言・読書感想等・北の大地の坊主富良野生活記。

『世舞言・詩吟納会6〜10』より……#仏教 #世界平和非暴力非差別 #buddhism #furanonaritasan #japan #...

2016-12-20 13:58:07 | 日記
@28ban
『世舞言・詩吟納会6』納会では、自分が顔を出さ無い間に、観客としては顔を出すが体調が良くないのであまり発表会などで吟じて無い方も居たりと、御高齢の方々の体調の変化も察する事が出来る。詩吟は、【呼吸を整え、呼吸を鍛え、呼吸の健康長寿】出来るので、吟じられ無いのはかなり調子が悪いと。


@28ban
『世舞言・詩吟納会7』詩吟は足腰膝の調子が良く無くても習えるので、スポーツ武道やダンス舞踊や花道茶道書道絵画囲碁将棋や楽器や民謡カラオケや俳句短歌や演劇などの趣味習い事や読経写経座禅瞑想を一通り習って来た方々が、健康維持の為に七十歳ぐらいから習っても、良いのでは無いか?と、思う。


@28ban
『世舞言・詩吟納会8』何時も詩吟の発表会・大会・納会で思うのが、高齢で足腰膝の調子が良く無くても声はかなり大きい声が出ると言う事だ。「声って、余程肺や心臓や喉の調子が悪く無い限りや悩み困り事悲しい事で落ち込み沈んで無い限り、鍛えれば高齢でも大きな声が出るもんなんだな…。」と。


@28ban
『世舞言・詩吟納会9』老若男女不問で、元気の無い方や体調の良くない方や病気の方は声が小さく細く為り呼吸が浅く為る傾向が有るが、声の大小と呼吸の深浅は御高齢の方でも詩吟などで整え鍛え維持すると、かなり大きな張った声を腹から出せる様に成る。呼吸の維持は健康維持の一つでもある。#詩吟


@28ban
『世舞言・詩吟納会10』また、詩吟は吟じる持ち時間所要時間があまり長く無く短く、民謡やカラオケよりも短い場合が多く、バンドの様に何曲も遣る事も無く、発表会・大会・納会で独りで吟じるのも一曲の事が多く、歌詞も短いので割りと覚え易い。(覚える事も、記憶力維持に繋がる。)#詩吟
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『透句・懇切丁寧』より……#仏... | トップ | 『透句・各種共通点』より……#... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。