爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

16-12-07 二十四節気大雪

2016年12月07日 | 季節の移ろい

冷え込みは強くても平地への積雪はなかった。
しかし峠筋には久々の積雪が見られる二十四節気大雪である。
陽射しがあっても気温の上昇はなく、大きく成長した霜柱は終日融けることはなかった。

冬至を2週間後に控え、当地域における日の入り時刻は16:11で底を打った。
この後は僅かずつながら日没時刻が伸びてゆく季節の中の一つの節目である。
去年も少なかったが、今年はさらに雪の少ない師走である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 16-12-06 吹き荒ぶ寒風 | トップ | 16-12-08 新雪5センチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

季節の移ろい」カテゴリの最新記事