LOTUS BLUE DIARY

インテリアとリビングと手作りのお話

Desolation row

2012-05-28 15:42:56 | Weblog
最近、私が気に入っているBAR、"Desolation row"さんをご紹介します。

ブルーのドアと、BARのサインが目印です。



外壁のGalvanized ironのRusticさが、かっこいい。

お店の看板は、「あ、あったんだ。」というくらい目立たないのですが、
Shabbyないい味出してます。



"Desolation row"という店名は、同名のBob Dylanの曲の名から取ったのだそうです。

内装、外装ともに、オーナー自らが大工さんと二人がかりで施工されたのだとか。
分厚い天板のカウンターは、前のお店(和風の居酒屋さん)の名残だそうです。



カウンターと椅子の差丈が大きすぎるのをフォローするのに敷いているのだというクッションも、
手作りで素敵です。



こちらの年代物のベンチ、カサカサしたレンガの壁と妙に合ってます。
MilitaryなBlanketとの相性も抜群です。



Bob Dylanや、BEATLESのポスターがお店のそこここに。

こちらの奥のボックスのお部屋、居心地がよくつい長居してしまいます。



イージーチェアーにドッカと置かれた、キンキラの大名座布団。
こういうの、一体どこで見つけていらっしゃるんでしょう・・・。

お店では、LOTUS BLUEでお買い上げくださったレトロなグラスをお使いいただいてます。



今のところ、高山市内で最も多くLOTUS BLUEのグラスをお買い上げ下さったのが
"Desolation row"さんです。
(お使いいただき、ありがとうございます。)

あ、職業がら話がインテリア方向にばっか行ってますが、
こちらのお店のウリはMusicです。

一人で飲んでいてもなぜか退屈しないのは、オーナーが次々にかけてくださる音楽がいいからです。

ちなみに、この日はRollingstonesの"STICKY FINGER"と"LET IT BLEED"、
Neil Youngのライブレコードを聞かせていただきました。

ここちよい空間と、美味しいお酒、それからイカした音楽が
病みつきになってしまった、永井でございました。



"Desolation row"

place : 高山市朝日町30
time : pm8:00 ~am2:00  
tel : 090-8077-5966

   

『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Grande | トップ | 古椅子の張替え »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (木童工房IT担当K)
2012-06-10 14:26:23
先日はお世話になりました。
この記事のお店が噂のバーなんですね!
取材希望 (ながい)
2012-06-10 22:33:30
おもしろいお店を見つけたら、
取材させてもらい、ルポルタージュの記事を
書かせてもらっています。
御社のショップもぜひ取材させてください。
ありがとうございますm(_ _)m (木童工房IT担当K)
2012-06-10 22:57:38
ぜひいらしてくださいませ。
またお店にお邪魔したいと思いますのでよろしくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL