LOTUS BLUE DIARY

インテリアとリビングと手作りのお話

和室とイベントとディスプレー

2017-05-15 13:04:19 | ショップ・ロータスブルー
昭和40年築の家に住んでいます。

築年数52年となる典型的昭和中期の店舗付き住宅です。

1階の8畳の土間を店舗に、その真上の2階の8畳の和室をギャラリーとして、年に数回イベントを催しています。

もともと仏間だったこの和室、京壁といい型板ガラスといい、常識で考えたらギャラリーにするのには不似合いな部屋です。

壁に棚板を設置することができないので、ワイヤー四本でブランコのような状態に分厚い板をぶら下げています。

それと、りんご箱に板を乗っけただけ。



角材を切ったものに板を渡してさらに棚の段を作ります。



古い箪笥の抽斗のみがいくつかありました。



スリットを入れた板を組んで升を作ります。



塗装して抽斗にはめ込めば、マグカップの飾り棚の完成。



家具ではなく、箱と板を縦横無尽に積んで、なんと1000個以上の器をこの和室に陳列することができました。



過去の展示のうちでも最高のボリュームです。



解体中の蔵から、古い角材をいただきました。



カットして、帽子を展示するのに使います。

蔵からは、炬燵の網と倉掛(踏み台)も頂きました。



倉掛は即作業に、網はディスプレーに即日役立ちます。



洋服の展示の時は鉄筋の棒とジュートの紐を使います。



同じ壁は、次の展示ではこうなります。



チラ見いたします。

次の展示「LOTUS BLUE の こけしまつり」のディスプレーが進行中です。



この部屋に最もふさわしい、昭和中期の空間を再現したようなディスプレー。

準備は着々と進んでいます。





『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「自然素材を身に纏う 春・... | トップ | LOTUS BLUEのこけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL