新山の記憶(百名山 二百名山 三百名山)パート2

 ブログを新しくしました。旧山の記憶も見れます。http://blog.goo.ne.jp/yukio-12

 礼文島と利尻島 花紀行(4)

2017年06月16日 | 日記

       

        5月28日 利尻へ

 この日はゆっくり。テントをたたみ港へ向かう。利尻の鴛泊港は利尻登山のキャンプ地に近いし稚内港への便もいい。それに何回か来たところなので心易い。

                                  

                  鴛泊港 利尻岳にまだ残雪が。 利尻岳の手前の山がポン山だ。

             

 鴛泊港から自転車をこいでキャンプ地まで。結構きついが頑張る。2年前にテントを張った同じ場所に今回も張る。トイレが近くて良いのだ。管理所で手続きを済ませる。ここは、色々なキャンプ道具を貸してくれる。七輪やジンギスカン鍋、それに炭等をそろえる。これで、夕食の準備の道具は揃った。                  

 桜が咲いていた。近くに温泉もあるし。買い物は、少し離れるが自転車があるので大助かりです。写真の後ろに利尻岳が見えるが、何だかマッターホルンを思い出す。緩やかな芝の斜面は冬期にはスキー場となる。

             

  5月29日

   ポン山へ行く。利尻岳への道を進み、3合目あたりから道を別れる。途中、千島笹の中を行くが、この笹のタケノコをこの地ではネマガリダケと呼ぶ。

                                  ポン山分かれ            

                  

                               大ポン山から見る利尻富士

           

 

          ネマガリダケ                                木の間から見るペシ岬

                 

          ツバメオモト群落                          花        

                                    

                                     リシリヒナゲシ  向こうにペシ岬

                                

  まさかリシリヒナゲシに出会えるとは思っても見なかった。感激しました。大体この花は、7月頃からと思っていたので・・・。レブンウスユキソウと花期は同じ頃のはずだが?道路脇のゴロゴロした土地に咲いている。おもしろいことにこの花は、他の植物の生えていない場所を選んで咲いているようです。

  帰りにペシ岬に登る。この岬の登り口に喫茶店があり、ここの経営者は東京から移り住んでいる写真家だと、2年前に来たとき聞いた。確かもう14~5年になるはずだ。ところが、今この店は空き家になっていた。何故やめたのか知るよしもない。ペシ岬に登り、海を見ていると色々な思いが湧いてくるようだ。フェリーが港に入るときや、出る時の様子は詩的感情が湧いてくる。 

 明日は、稚内に帰りあさって小樽で大学時代の友と会うことになる。もう少し行きたいところもあるけど今回はこれで終わりにする。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 礼文島と利尻島 花紀行(そ... | トップ | 新山の記憶(百名山 二百名... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。